危険性から上手な活用法まで!ピントルの人工甘味料専門ページ

おすすめの記事はコチラ
人工甘味料の種類と危険性
人工甘味料
種類と危険性
人工甘味料の危険性と副作用
人工甘味料
危険と副作用
血糖値を上げない人工甘味料
血糖値
上げない甘味料
人工甘味料の選び方
糖尿病対策
選び方
人工甘味料のおすすめランキング
おすすめ
人工甘味料

糖尿病・糖質制限必見!血糖値を上げない人工甘味料

血糖値を上げない人工甘味料

糖尿病や糖質制限をしている方も摂取できる人工甘味料についてリサーチしてみました。人工甘味料は血糖値をあげない甘み成分という事で、糖尿病などの糖質を制限している方にも注目されてきました。

ですが、今は人工甘味料の一部は血糖値をあげてしまうという声も。そこで本当に血糖値をあげない人工甘味料はどれなのか調査してみることにしました。

血糖値があがらない成分を紹介し、砂糖と比較したときの甘さ、また血糖値をあげないメカニズムをあわせて紹介していきます。

スポンサーリンク

血糖値が上がる仕組みとは?

そもそも血糖値があがるって何?

そもそも血糖値があがる仕組みをまず覚えておきましょう。まず血糖値をあげるといわれている糖質は大まかにくくると、炭水化物に入ります。

炭水化物は食物繊維・多糖類(でんぷん・オリゴ糖など)・二糖類(砂糖・麦芽糖・乳糖など)・単糖類(ブドウ糖・果糖など)と細かく分かれています。このうち食物繊維は、他の成分と違い体内に消化吸収されないため血糖値をあげないとされています。

血糖値があがるというと一般的に甘いものを摂取することであがるイメージがありますね。もちろん糖分をとれば血糖値は上がってしまいますが、甘いものを摂らなくても血糖値があがってしまうこともあるのです。

たとえばカフェイン摂取後、喫煙後、睡眠不足、ストレス、ステロイド剤の摂取など、様々な原因があります。ですから食事にだけ気をつけていれば良いということではないので、その点を頭の隅に置いといてくださいね。

血糖値があがらない人工甘味料とは?

血糖値があがらない人工甘味料とは?

人工甘味料は甘みがあるものの、糖質などとは違い血糖値があがらないとされてきました。それは人工甘味料が体内に入っても糖質と判断されず、摂取した次の日には体から全部排出されるという結果があったからです。

しかしその一方では世界的に有名な学術雑誌ネイチャーや公的な機関に所属する科学者たちが、人工甘味料も血糖値をあげてしまう可能性があると提唱しています。

>>ネイチャーが発表!人工甘味料の糖尿病リスク

正確には血糖値があがるものと上がらないものがあるというのが、現状の正しい答えのようです。

それぞれの情報や意見が拡散していますから、本当に人工甘味料を摂取して大丈夫なのかと不安を持っている方も少なくないはず。そこで今回は、血糖値があがらない人工甘味料はどれなのか調べました。

血糖値をあげないメカニズムと、砂糖と比較したときの甘さ、またその成分のオススメ商品を紹介していきます。

ただし個人差がありますので、糖尿病の方は主治医と相談してから摂取するようにしてくださいね。

>>人工甘味料の種類と危険性についてはコチラ

アスパルテーム

現在の価格はコチラ

アスパルテームはカロリーゼロの成分で、先ほど説明したように体に糖質として判断されないため、摂取しても体の外へ排出されます。つまり血糖値があがることはありません。アスパルテームの製造方法の特許は味の素が持っているため、人工甘味料の中でも人気があり、甘さはショ糖の200倍ほどです。

オススメの商品はやはり味の素から出ているパルスイート。今まで使っていた砂糖の量の3分の1を目安に使用すると、同じ甘さをを感じられます。特許をもっている味の素監修の製品なので、かなり人気商品です。

>>アスパルテームについて詳しくはコチラ

スクラロース

FDA(米国食品医薬品局)にも認定されているスクラロース。もちろんカロリーゼロの人工甘味料で、上記と同じく体内に消化吸収されないため血糖値をあげません。甘みがショ糖の600倍ほどとされており、スプーン一杯でもしっかりとした甘みを出してくれます。

日本ではスクラロースは一般の方向けに販売が行われていません。ですので、食品を購入する際に甘味料がスクラロースのものを選ぶという形でのみとなります。

>>スクラロースについて詳しくはコチラ

エリスリトール

現在の価格はコチラ

エリストールはショ糖の70%程度の甘みで糖アルコールの中で唯一カロリーがゼロな成分です。

人工甘味料の1種である糖アルコールは、自然の甘みから手を加えてつくりだす成分のため甘みが弱いのにも関わらず高カロリーだったり、低カロリーはあってもなかなかゼロカロリーのものが無かったりという特徴があります。

その中でも血糖値をあげないのがエリスリトールの魅力でもあります。

エリスリトールは他の成分と違い体内に90%吸収されてしまいます。しかし代謝が行われないまま尿として排出するので、血糖値に関係する事が無いのです。自然からとれる甘みを活かした成分なので、糖質制限を行っている方にも実は一番人気のある成分なんですよ。

オススメのエリスリトールはベストセラー1位にも選ばれたことのあるLOHAStyleのエリスリトール1kgです。世界一品質管理が厳しいとされるリーディングカンパニーと契約をしているので、質の良いエリスリトールが手に入ります。

>>エリスリトールについて詳しくはコチラ

アセスルファムカリウム

現在の価格はコチラ

添加物の安全性を評価する「JECFA」による安全評価をクリアしている成分です。JECFAは、世界保健機関と食糧農業機関とが設けているのでかなりの信頼性があります。

ショ糖と比べると200倍ほどの甘みで、もちろんカロリーはゼロです。他の合成甘味料と同じ仕組みですが、体内に吸収されずに排出されるため、血糖値上昇には関係が無いとされています。

オススメの商品は栗本薬品工業株式会社から販売されているアセスルファムカリウムです。もともとそんなに種類が発売されていない成分ではありますので、取り扱っている会社が少ないですが、薬品を扱っている会社なので信頼感がもてます。

>>アセスルファムカリウムについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
人工甘味料の種類と危険性
人工甘味料
種類と危険性
人工甘味料の危険性と副作用
人工甘味料
危険と副作用
血糖値を上げない人工甘味料
血糖値
上げない甘味料
人工甘味料の選び方
糖尿病対策
選び方
人工甘味料のおすすめランキング
おすすめ
人工甘味料