歴史や種類、人気のランキングまで
ピントルのビール専門ページ

絶対飲んでおきたい!おすすめビールはコレ!
おすすめの人気ドイツビールドイツビール
人気なのはコレ!
おすすめの人気ベルギービールベルギービール
おすすめはコレ!
1度は飲みたい人気の地ビール絶対飲みたい
人気の地ビール
苦くて飲めない人におすすめな飲みやすいビール苦味の少ない
おすすめビール
今注目されている人気のプレミアムビール本当に美味しい
プレミアムビール
スポンサーリンク

上手に保存すればビールはもっと美味しく飲める!

上手に保存すればもっと美味しく飲める!

疲れた時や、一汗かいたあとに飲むビールは格別です。ところが、保存してあったビールを飲んでみたら味が違った。こんな経験はありませんか?それはもしかするとビールの保存方法に問題があったのかもしれません。

ビールの保存方法に困るのは何もビール好きの人とは限りません。贈り物などで貰って飲みきれないビールの保存場所に困っている人もいるでしょう。

ここでは、ビールの保存方法や美味しく飲める保存期間などについて解説していきます。

スポンサーリンク

ビールの基本的な保存方法

ビールの基本的な保存方法

基本的にビールは開封しない限り腐ってしまうことはないとされています。しかし避けておくべき保存場所や保存環境があることも頭に入れておかないと、しばらく保存したビールを飲んだ時に、何かおかしいと感じることがあるかもしれません。

まずは、保存しておいたビールを最低限美味しいと感じるための、基本的なビールの保存方法や保存場所、保存温度などについておさえておきましょう。

直射日光を避ける

まずはビールの保存場所における基本とも言えるのが、直射日光を避けるという点です。ビールは日光に強いとは言えず、直射日光を浴びると風味や香りが変化してしまいます。特に瓶ビールに関しては注意が必要となるでしょう。

高温・低温の場所を避ける

ビールの保存には適温が存在します。つまり高温すぎても低温すぎても良くないということになります。およそ10℃から13℃程度が適温であると覚えておきましょう。夏場では18℃程度までは大丈夫でしょう。

高温の場所に長く保存したビールは変色する恐れがあります。また、温度が低ければ問題ないと勘違いしてしまいがちですが、低温すぎても同じように品質の劣化や変色がおきるので注意しましょう。

塩分や油分の近くには保存しない

缶ビールを塩や醤油の近くに保存していた場合、稀にアルミ缶が腐食して穴があくことがあります。中身が漏れて飲めなくなるだけでなく、周囲を汚してしまうことにもなるので注意が必要です。

また瓶ビールに関しては漬物、または灯油の近くに保存しておくと、臭いがビールに移ってしまうこともあります。ビールが本来もつ香りも大きく変化することとなるので近くに保存するのは避けましょう。

衝撃を与えないよう保存する

常に動かさなければならないような場所に保管するのは避けましょう。そのたびに衝撃が加われば、開けた時に吹きこぼれたり気が抜けやすくなってしまいます。

また瓶ビールに関しては小さな傷でも割れるきっかけとなってしまうので、衝撃を与えることがないように保存することを心がけましょう。

ビールを美味しく飲むための保存方法

ビールを美味しく飲むための保存方法

上記の基本的な部分を踏まえたうえで、開封時にビールが美味しく飲める保存方法についてまとめておきましょう。

まずは、直射日光をさけて涼しい場所に保管するようにします。もしも直射日光を避けられない場所なのであれば、紙に包むか箱に入れて保管すると良いでしょう。

温度に関しては、先述した通り10℃から13℃、夏場は18℃までが一つの目安となりますが、できれば温度が一定に保たれる場所がおすすめです。冷蔵庫から何度も出したり入れたりは品質を損なう恐れがあります。

スポンサーリンク

美味しく飲めるビールの保存期間

美味しく飲めるビールの保存期間

すでに述べたとおりですが、開封したり容器に破損がない限り、基本的にビールは腐敗したりはしません。しかしいくら腐敗しないといっても味に変化が出てきてしまうのも事実でしょう。

どの程度の保存期間であればビールを美味しく飲むことができるかについては、目安はあるもののビールの銘柄によって異なります。それらの点について解説していきます。

一般的なビールが美味しく飲める保存期間

通常販売されている定番と言うべきビールは、まず賞味期限が一つの目安となるでしょう。国内のメーカーに関しては製造から9ヵ月がその期間とされています。

賞味期限はメーカーが9ヵ月内であれば品質を保証しているという期間のことですが、その期間内であっても多少の品質変化はあると言えるでしょう。

賞味期限を過ぎたビールに関しては、腐って飲めないということはないでしょうが、本来そのビールが持つ香りや美味しさはすでに失われていると感じる方が多くなります。

アルコール度数の高いビールは熟成する!?

ビールの保存期間について解説する上でアルコール度数による違いを述べなくてはなりません。基本的にビールは熟成を楽しむ飲み物というイメージはないかもしれませんが、アルコール度数の高いビールに関しては長期間保存による熟成を楽しむことができます。

これは長期間保存しても味が変化しないことを意味するものではなく、味の変化を楽しむことができるということです。どれくらいの期間保管したビールが美味しいのかというのは、個人の好みによって変わってくるので、同じビールを違う時期に開けて楽しむのが良いでしょう。

ではどれくらいのアルコール度数のビールから熟成を楽しめるかという問題ですが、7%が一つの基準となるでしょう。アルコール度数が高いほど熟成による味の変化を楽しむことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
絶対飲んでおきたい!おすすめビールはコレ!
おすすめの人気ドイツビールドイツビール
人気なのはコレ!
おすすめの人気ベルギービールベルギービール
おすすめはコレ!
1度は飲みたい人気の地ビール絶対飲みたい
人気の地ビール
苦くて飲めない人におすすめな飲みやすいビール苦味の少ない
おすすめビール
今注目されている人気のプレミアムビール本当に美味しい
プレミアムビール