売れ筋シリアルを一挙大公開!
ピントルのシリアル専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
ひと工夫!牛乳をかける以外のシリアルの食べ方
ちょっと工夫!
シリアルの食べ方
効果的にシリアルダイエットを行う正しい方法
シリアルダイエット
正しい方法
シリアルのレシピ
美味しい
シリアルのレシピ
味で選ぶ!美味しいシリアルまとめ
味で選ぶ
美味しいシリアル
自分に合ったシリアルの上手な選び方
自分に合った
シリアルの選び方

朝食シリアルは健康的な食事なの?

朝食シリアルは健康的な食事なの?

栄養が豊富で手軽に食べられるシリアルは、製菓中で朝食の定番メニューとなっています。シリアルは健康に良いという話はよく聞きますが本当に健康に良いのでしょうか。シリアルの健康面のメリットとデメリットについてご説明します。

スポンサーリンク

シリアルの健康面でのメリット

シリアルの健康面でのメリット

シリアルは調理の手間がかからず、手軽に食べれる点から朝食として日本でも定着しています。穀物を加工して作られるシリアルはエネルギーとなる炭水化物もちろん、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれていることから健康食として高い人気を誇ります。

シリアルはその栄養価の高さから、子供や乳児の離乳食としても人気の高い食品です。妊娠中の妊婦の栄養補給にもおすすめであり、ミネラルの補給源として病院食でも使われています。

シリアルは栄養食として生まれた食品

そもそもシリアルは、病気の療養者の食事として開発されたものです。19世紀末にアメリカのJ.H.ケロッグ博士とそも弟のW.K.ケロッグ氏によってシリアルは開発されました。

J.H.ケロッグ博士は当時バトルクリークで保養所の所長をしており、療養者用の食事として穀物を使用した栄養価の優れた食品の研究をしていました。その研究の過程で偶然完成したのが、小麦を練って焼き上げたフレーク状のシリアルです。

このシリアルは豊富な栄養を含んでおり、味も美味しいと患者たちから好評を博し、これがきっかけで博士は今では世界的なシリアルメーカーとなったケロッグを設立しました。

>>ケロッグについて詳しくはコチラ

シリアルは栄養が豊富

このような経緯で療養食として開発されたシリアルは、豊富な栄養と手軽に食べられる利便性から、朝食として世界的に普及し、今では朝食の定番となりました。

シリアルにも多くの種類がありますが、共通しているのはとうもろこしや小麦、燕麦(オーツ麦)、玄米などの穀物を焼き上げて作られている点です。主食離れが問題視されて久しい現在、穀物由来の食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んだシリアルは、栄養が豊富で食生活の改善に役立つ食品として注目されています。

>>シリアルの栄養について

シリアルの健康面での不安要素

シリアルの健康面での不安要素

シリアルが栄養豊富で健康食として優れているのは前述した通りです。シリアル発祥の地であるアメリカのスーパーには、シリアルの定番コーンフレークを始め、あらゆる種類のシリアルが所狭しと数百種類以上陳列されています。

アメリカでも近年健康志向の高まりを受けて、ヘルシーな朝食のイメージが強いシリアルが人気を博している一方で、シリアルに対して健康面で懸念されていることが何点かあります。その健康面での懸念事項についてご説明します。

砂糖が添加されたシリアルが多い

シリアルの問題視されている点として、最初に挙げられるのが「砂糖」です。シリアルは食べやすさや美味しさという点を追求するあまり、砂糖や甘味料によって甘く味付けされたシリアルが非常に多いです。

もちろん、オートミールやミューズリーなど基本的には砂糖を添加していないシリアルも多くありますが、コーンフレークやグラノーラはほとんどが砂糖によって甘く味付けされています。

>>シリアルの種類について

甘い味付けは子供も好みやすいという点からも、各メーカーは甘いシリアルを多数展開しています。ほどほどの量であれば砂糖などの甘味料も問題ありませんが、中には大量の砂糖が使われているシリアルもありますので、健康面を考えるのであれば、砂糖が添加されていないシリアルを選んだ方が無難です。

甘いシリアルを食べたい場合は、自分ではちみつなどの体に良い甘味料をかけるなどして調節した方が健康には良いです。

シリアルは合成ビタミン?

シリアルには豊富なビタミンやミネラルが含まれているのは前述した通りです。しかし、シリアルのほとんどを占めるドライシリアルは押し出し成型という製法で作られるので、穀物のビタミンやたんぱく質などの天然の栄養素が壊れると言われています。

また、多くのシリアルに添加されているビタミンは、合成ビタミンと言われる人為的に合成したビタミンです。合成ビタミンは天然のビタミンを模して人工的に合成したビタミンのことであり、サプリメントや清涼飲料によく使用されています。

合成ビタミンは天然ビタミンよりも安価な点がメリットですが、天然ビタミンと比較すると体内での吸収率や同時に摂取できる栄養素が劣ると言われています。しかし、具体的にどのビタミンがどれくらい吸収率が異なるかは、はっきりとは分かっていませんので杞憂となる可能性もあります。

遺伝子組み換えは要注意!?

遺伝子組み換え食品のリスクが近年叫ばれています。シリアルの主原料であるとうもろこしや小麦は遺伝子組み換えの生産量が多く、シリアルにも使われているケースが少なくありません。

遺伝子組み換え食品のリスクに関しては研究が進められていますが、どのような影響が人体に出るかははっきりとは分かっていません。マウスを使った実験では腫瘍が出来るなど悪影響が出ることが判明しており、危険ではないかと懸念されています。

日本では遺伝子組み換え食品は、表示義務がありますがアメリカにはありませんので、アメリカでは遺伝子組み換えのシリアルに対して危機感を持った人が少なくありません。

日本でシリアルを購入するときは「遺伝子組み換えではない」の表記をご確認ください。また、海外のシリアルを購入する際は、「オーガニック」と記載されていれば遺伝子組み換え食品が使われていませんので、ラベルのチェックをおすすめします。

>>おすすめのオーガニックシリアルまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
ひと工夫!牛乳をかける以外のシリアルの食べ方
ちょっと工夫!
シリアルの食べ方
効果的にシリアルダイエットを行う正しい方法
シリアルダイエット
正しい方法
シリアルのレシピ
美味しい
シリアルのレシピ
味で選ぶ!美味しいシリアルまとめ
味で選ぶ
美味しいシリアル
自分に合ったシリアルの上手な選び方
自分に合った
シリアルの選び方