記念日に思い出を作りたい方は必見ピントルのシャンパン専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング
ノンアルコール
おすすめシャンパン
プレゼントに人気のシャンパンおすすめランキング
プレゼント向け
おすすめシャンパン
甘口の美味しいシャンパンおすすめランキング
甘口
おすすめシャンパン
安くて美味しいシャンパンおすすめランキング
安くて美味しい
おすすめシャンパン
初心者向け!飲みやすいシャンパンおすすめランキング
初心者向け
おすすめシャンパン

シャンパンとスパークリングワインの違い

シャンパンとスパークリングワインの違い

泡の出るワインをシャンパンと呼んでいたり、スパークリングワインのことをシャンパンと呼んでいたりしていませんか?シャンパンとスパークリングワインの違いについて知っている人は意外と少なく、間違っているケースは非常に多いです。

シャンパンもスパークリングワインもしっかりと定義があります。勘違いされやすいですが違いは意外と簡単なのでいい機会なので覚えてしまいましょう。ここでは『シャンパンとスパークリングワインの違い』について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?

スパークリングワインとは発泡性ワインの総称です。つまりシャンパンはスパークリングワインの一種ということになります。

スパークリングワインの製造方法には大きく分けて3種類あります。

  • シャンパン方式
  • シャルマ方式
  • 炭酸ガス注入方式

シャンパン方式とは瓶の中で酵母の二次発酵を行う方法です。ワインを製造する場合、ワインに含まれているブドウ糖が発酵作用によってアルコールと炭酸ガスに分解されてアルコール発酵を起こしますが、シャンパン方式は通常通り醸造したワインを瓶の中に入れ糖分と酵母を加えて密閉し、瓶の中で二度目の発酵をさせて作る方法です。他の2つの方法に比べて細やかな泡立ちが特徴となっています。

シャルマ方式は密閉したタンクの中で発酵させた後に、ガスが抜けないように濾過機を通して瓶に詰める方法です。炭酸ガス注入方式は名前の通り人工的に炭酸ガスを閉じ込めたものになります。

スパークリングワインはこのような製法によって作られるわけですね。

ではシャンパン方式で作ったらシャンパンなのか?というとそういうわけではありません。もちろんシャンパンを名乗るにはシャンパン方式でスパークリングワインを作る必要があるのですが、その他にもシャンパン名乗るには条件があるので以下で解説していきます。

シャンパンとは?

スパークリングワインをシャンパンと名乗るには条件があり、法律でしっかりと決められています。

  • フランス・シャンパーニュ地方で生産されていること。
  • 特定の地域・品種の葡萄のみを使用したもの。
  • シャンパン方式で作られたもの。
  • アルコール度数が11%以上であること。
  • 瓶内二次発酵を行った上で15ヶ月以上熟成したもの。

この条件を満たすことでシャンパンを名乗ることができます。シャンパン方式で作ればシャンパンを名乗っていい訳でないことがわかります。条件も厳しく手間がかかるのでスパークリングワインに比べてシャンパンは価格が高くなっています。

葡萄についてはシャンパーニュ地方のアルデンヌ地域圏のものに限定されており、使われる葡萄の品種はピノ・ノワール、ピノ・ムニエという黒葡萄とシャルドネという白葡萄が使われる場合はほとんどです。

この条件が前提となるのでシャンパーニュ地方以外のところで作られるものはすべてスパークリングワインとなりシャンパンを名乗ることはできません。では製法や生産場所や使っている葡萄をチェックしないと判別できないのかというとそうではありません。

シャンパンとスパークリングワインを簡単に判別する方法はラベルを見ることです。シャンパンの場合はラベルに必ず『Champagne』と表記しなければいけない決まりがあります。なのでどっちかわからなかったらラベルをチェックしてみましょう。『Champagne』がなければシャンパンではないことがわかります。

シャンパンには味やグレード、生産者の形態などによって様々な種類があるので詳しくは以下のリンクをチェックしてみてください。

>>シャンパンの種類について詳しくはコチラ

シャンパンのアルコール度数とカロリー

シャンパンのアルコール度数は11%以上あります。これはシャンパンを名乗るための条件で決められているからですね。ちなみにあくまで目安ですがビールだと4~6%、日本酒で15~16%、ワインで10~15%となっています。シャンパンは飲みやすいお酒の種類ですが意外とアルコール度数が高めであることがわかりますね。

もう一点、シャンパンのカロリーはどうなのか。一覧で比較しやすいようにしてみました。お酒によって1杯の量に多少違いはありますが、シャンパンはカロリーが低い部類に入ります。
[pc]

お酒 カロリー
シャンパン(グラス1杯) 80kcal
生ビール(中ジョッキ) 200kcal
サワー 140kcal
日本酒(コップ1杯) 200kcal
焼酎(コップ1杯) 250kcal
ワイン(120ml) 100kcal
ウイスキー(ダブル1杯) 150kcal
ウーロンハイ(コップ1杯) 90kcal

[/pc][nopc]

お酒 カロリー
シャンパン(グラス1杯) 80kcal
生ビール(中ジョッキ) 200kcal
サワー 140kcal
日本酒(コップ1杯) 200kcal
焼酎(コップ1杯) 250kcal
ワイン(120ml) 100kcal
ウイスキー(ダブル1杯) 150kcal
ウーロンハイ(コップ1杯) 90kcal

[/nopc]

スパークリングワインの呼称

スパークリングワインの呼称

それぞれの国によってスパークリングワインには呼び名があります。スパークリングワインの種類によっても名前が様々あるので紹介していきます。

フランスでのスパークリングワインの呼び方

シャンパーニュ(Champagne)

特定の製法・原料をもってシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインのこと。味や香り、泡のきめ細かさが特徴となっています。シャンパンという呼び名を使っていいのはコレだけです。

ヴァン・ムスー(Vin Mousseux)

シャンパンも含めたスパークリングワインの総称です。ヴァン・エフェルヴェサン(Vin effervescent)とも呼びます。

クレマン(Cremant)

シャンパーニュ地方以外の地域で、シャンパンと同じ製法で作られたスパークリングワインをクレマンと呼びます。シャンパーニュ地方で作られていないのでシャンパンと名乗れないわけですね。名前としては「Crémant de (産地)」という表記になります。

ペティヤン(Pétillant)

弱発泡性ワインのことで、フランス語で「ぱちぱちはねる」という意味の呼称です。

スペインでのスパークリングワインの呼び方

エスプモーソ(Esupumoso)

スパークリングワインの総称をエスプモーソと呼びます。

カヴァ(Cava)

シャンパンと同等の製法を用いたスパークリングワインをカヴァと呼びます。シャンパーニュ地方ではないのでシャンパンとは呼ばれませんが、シャンパンと同じくらい長い歴史をもっているスパークリングワインです。

ドイツでのスパークリングワインの呼び方

シャウムヴァイン(Schaumwein)

ドイツでのスパークリングワインの総称をシャウムヴァインと呼びます。

ゼクト(Sekt)

アルコール度数と炭酸ガスの気圧が一定以上となっており、シャンパンと同じ製法で作られているスパークリングワインです。

イタリアでのスパークリングワインの呼び方

スプマンテ(Spumante)

イタリア語で「発泡性の」という意味で、各国のスパークリングワインを指してスプマンテと呼ばれます。ちなみに日本では「イタリアのスパークリングワイン」をスプマンテを呼んでいます。

フリッザンテ(Frizzante)

微発泡や半発泡のスパークリングワインをフリッザンテと呼びます。

ランブルスコ(Lambrusco)

天然弱発泡性のスパークリングワインのことで赤・白・ロゼが作られており、甘口や辛口など様々な種類が存在します。ランブルスコとは葡萄の品種の一群を指した総称であり、それらの葡萄を使ったワインもランブルスコと呼ばれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング
ノンアルコール
おすすめシャンパン
プレゼントに人気のシャンパンおすすめランキング
プレゼント向け
おすすめシャンパン
甘口の美味しいシャンパンおすすめランキング
甘口
おすすめシャンパン
安くて美味しいシャンパンおすすめランキング
安くて美味しい
おすすめシャンパン
初心者向け!飲みやすいシャンパンおすすめランキング
初心者向け
おすすめシャンパン