種類ごとの健康・美容効果からオススメの食べ方までピントルのドライフルーツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ドライフルーツのおすすめランキング
おすすめ
ランキング
無添加ドライフルーツのおすすめランキング
無添加
おすすめ
ドライフルーツミックスのおすすめランキング
ドライフルーツ
ミックス
ドライフルーツダイエットの方法と効果
ドライフルーツ
ダイエット
ドライフルーツの作り方
ドライフルーツ
作り方

ダイエットにもおすすめ!レーズンの効果・効能

レーズンの効果・効能

ブドウのドライフルーツであるレーズンにスポットをあててみました。どのような効果があるのか、どうしてその効果をもたらせてくれるのかという点に注目し、レーズンの魅力に迫っていきます。

どんな悩みを持つ人にオススメで、食べるタイミングはいつがベストなのかも調べています。最後にはどの食材と相性が良いのかなどもチェックし効果的な食べ合わせも紹介していきますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

レーズンとは?

レーズンの効果効能とは?

ブドウを乾燥させたドライフルーツレーズンは、日本の気候では中々栽培が難しいためほとんどのレーズンはアメリカ産のものが使用されています。

ブドウ1キロからできるレーズンは200gとわずかで貴重な食品と言えます。栄養素が豊富なため、自然界のサプリメントともいわれ健康食としても注目を浴びています。

レーズンの効果とは?

レーズンは甘みをもっていますがコレステロールがゼロという事で、ダイエット食品としても大人気。そんな栄養価の高いレーズンを効果ごとにまとめてみましたので、自分の気になる効果を是非チェックしてみて下さいね。

便秘改善のサポートとダイエット効果

レーズンには食物繊維が豊富に含まれています。他のドライフルーツにも引けを取らないほど多く含んでおり便秘改善の強い味方となってくれます。

食物繊維には水に溶ける性質の水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があるのですが、レーズンはどちらも兼ねそろえています。

それぞれの特徴や改善しやすい便秘の種類がちがいますから、2つの力を合わせることでどんな便秘でも解消する事ができるといっても過言ではありません。大勢の人が食物繊維の効果を実感していますから、便秘や腸内トラブルでお悩みの方にオススメのドライフルーツです。

>>ドライフルーツダイエットの方法と効果

疲労回復効果

レーズンに含まれる酒石酸という成分が疲労回復に効果があるといわれています。クエン酸と似たような働きをする成分で、酸素物質をエネルギーに変えていくことで回復力をあげ疲労を軽減してくれます。

免疫力を上げる力も持っている成分なので、弱っていても病気にかかりにくくしてくれる効果も期待できます。

貧血や鉄欠乏症を予防

レーズンはドライフルーツの中で鉄分が豊富といわれるプルーンの約2倍も含んでいます。ですから貧血や鉄欠乏症などにも効果が期待できます。最近は仕事が忙しく食事をとれない男性にも貧血の症状がでているケースも多く、手軽に取れるレーズンはとても重宝されます。

貧血をおこしてからでは中々すぐには回復しないので、日ごろからこまめに鉄分を補給することをオススメします。

脳を活性化

レーズンにはブドウ糖が豊富に含まれています。糖といえば太るというイメージが付きがちですが、ブドウ糖はエネルギーとして消費されやすく、脳を働かせる唯一のエネルギー源なので摂取する方が良い成分。

もちろん摂取しすぎは逆効果になることもありますから、注意は必要ですが、疲労で頭の回転が悪くなった時や脳が起きていないなと感じる時などにとてもオススメです。

スポンサーリンク

レーズンの効果的な食べ方

レーズンの効果的な食べ方

健康を支えるたくさんの栄養素を持つレーズンをより効果的に摂取するなら、朝に食べる事です。さきほどの効果のところでも少し触れましたが、レーズンには脳を活性化させる力があります。

ですから1日の始まりでもある朝にレーズンを摂ることでスッキリした頭で仕事や学業に取り組むことができます。また食物繊維が豊富でもありますから、便秘の悩みも解消しやすくなります。老廃物を体に溜め込まないためにも朝たべるのがオススメです。

>>レーズンの作り方

レーズンの1日摂取量

レーズンは1日あたり84g摂取するのが良いと米国栄養大学の討論会で発表されています。大体100gあたり300キロカロリーといわれていますので、そんなにカロリーが高いというイメージではありませんね。

10gが約20粒ですから1日160粒は食べて大丈夫という計算になります。レーズンはコレステロールがゼロという大きな魅力がありますので、他のドライフルーツよりも気軽にたべられるドライフルーツといえるかもしれませんね。

>>レーズンのカロリーについて

レーズンと相性の良い食べ合わせ

レーズンと相性の良い食べ合わせ

一緒に食べることでレーズンの魅力をもっと引き出せる食べ合わせを紹介していきます。

リンゴとヨーグルトとレーズンで便秘も頭もスッキリ

レーズンに含まれるとても優秀な酒石酸という成分は実はリンゴにも含まれています。リンゴとレーズンを一緒に食べるだけで効果アップなので、朝から頭をフル回転させたい時などにとてもオススメです。

またヨーグルトと一緒に食べることで腸内環境を整えることができ、便秘の改善へつなげられます。やる気を出させてくれるエナジー朝食です。

オレンジとレーズンで鉄分補給

レーズンが持っている鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率があがり効果がアップします。ですからビタミンを多く含む柑橘系の食材と一緒にとるのがオススメ。

レタスにグレープフルーツやオレンジを和えて、そこにレーズンをいれればフルーツサラダの出来上がりですので忙しい朝でも簡単に作れますし、夜のうちに作り置きしておくことも可能ですよ。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ドライフルーツのおすすめランキング
おすすめ
ランキング
無添加ドライフルーツのおすすめランキング
無添加
おすすめ
ドライフルーツミックスのおすすめランキング
ドライフルーツ
ミックス
ドライフルーツダイエットの方法と効果
ドライフルーツ
ダイエット
ドライフルーツの作り方
ドライフルーツ
作り方