美味しい入れ方からおすすめの種類まで
ピントルの緑茶(日本茶)専門ページ

本当に美味しい緑茶のおすすめ茶葉ランキング

緑茶のおすすめ茶葉ランキング

茶葉の栽培方法や使っている部分、加工方法などなど数多くの条件によって様々な種類が存在する緑茶。もちろん種類によって持っている特徴にも違いがある為、きっと自分の好みの緑茶を見つけることはできるでしょう。

しかし数が多すぎてどの緑茶を選んだらいいかわからない人も多いはず。ここではそんな人の為に本当に美味しいおすすめの茶葉ランキングを用意しました。

普段飲みしやすいリーズナブルな緑茶から、ちょっと高価な旨みのある緑茶まで幅広くランキングにしてあるので、ぜひ自分の好みの緑茶を見つけてみてください。

スポンサーリンク

美味しい緑茶の茶葉とは?

美味しい緑茶の茶葉はどれ?

緑茶には多くの種類があり、数えきれないほどの商品があります。その中から1番美味しい緑茶はどれなのかを決めるのは、人それぞれ好みがありますしほぼ不可能でしょう。

しかし基本的のどの緑茶でも美味しいとされている共通のポイントは「旨み・甘みの強さ」です。

緑茶の味は大まかに

  • 渋み成分であるカテキン
  • 苦み成分であるカフェイン
  • 旨み成分であるテアニン

で成り立っています。この旨み成分のテアニンが緑茶の美味しさにとって最も重要といっても過言ではありません。しかし渋みや苦みが悪いポイントとなっているわけではなく、緑茶の渋みや苦みを楽しんで愛飲している人もいます。

中には低温のお湯で入れた玉露のように渋みが少なく旨みをしっかりと楽しめる緑茶もありますが、渋みがありつつも旨みを感じることができる緑茶も優れているといえます。たしかに、玉露=まろやかで美味しい、というイメージはありますが、玉露以外にも旨みなどをしっかりと楽しむことができる緑茶は数多く存在します。

>>緑茶の種類について詳しくはコチラ

ちなみに緑茶は旨みや香り以外にも健康を目的として緑茶を楽しんでいる人もいます。緑茶に含まれるカテキンは免疫力の向上や生活習慣病の予防などにも効果があり、虫歯や口臭の防止など身近な対策もすることができる優れたお茶です。体を気遣いつつ美味しい緑茶を飲めたら一石二鳥ですよね。

以下では渋みや苦みの有無に関わらず、甘さ・旨みを楽しむことができ、緑茶ならではの渋みや風味を楽しむことができる緑茶のランキングになっているので、ぜひ美味しい緑茶選びの参考にしてみてください。

おすすめの美味しい茶葉ランキング:TOP10

おすすめの美味しい茶葉ランキング

第1位:鹿児島茶 あさつゆ

現在の価格はコチラ

濃い緑色の水色が特徴の緑茶であり、渋みが少なくまろやかな甘みを楽しめる天然玉露とも称されている緑茶が「鹿児島茶 あさつゆ」です。摘み取る数日前から遮光しているかぶせ茶であり、旨み成分であるテアニンの比率が高くなっているのが甘み・旨みの理由です。

熱いお湯でささっと入れてもまろやかな味わいを楽しめますし、70度程度の低めの温度でゆっくり抽出すれば、天然玉露といわれるほどの甘みを楽しめる緑茶です。比較的リーズナブルな価格で購入できる総合的に優れている点を評価し、おすすめランキング第1位としました。

>>玉露とは?種類や美味しい入れ方

第2位:八女玉露

現在の価格はコチラ

緑茶で非常に高い知名度を誇る八女茶。全国的に知られている福岡県産の緑茶であり、その中でも特に評価が高い玉露をおすすめランキング第2位としました。福岡の八女では茶の芽の数を少なくすることによって栄養を十分に行き渡らせるように栽培しており、稲わらで20日間程度遮光することによって旨み成分の比率を高めています

八女の玉露は全国茶品評会で、11年連続で農林水産大臣賞を受賞するほどの品質を誇っています。渋みや苦みが少ないので飲みやすく、濃厚な旨みと甘みを楽しむことができる優れた緑茶なので、ぜひ一度は飲んでいただきたい逸品です。

>>玉露とは?種類や美味しい入れ方

第3位:上玉露 かぶせ玄米茶

現在の価格はコチラ

品質の高い京都産の宇治玉露と国産の玄米をブレンドした緑茶が「上玉露 かぶせ玄米茶」です。玉露のまろやかな口当たりと旨みに加えて、玄米茶独特の香ばしい香りも楽しむことができる至高の逸品です。

旨みと香りをしっかり楽しみつつもコストパフォーマンスに非常に優れている緑茶です。普段飲みにも向いている商品なのでぜひチェックしてみてください。

>>玉露とは?種類や美味しい入れ方

第4位:掛川深蒸参拝茶

現在の価格はコチラ

普通の煎茶よりも長い時間蒸した深蒸しの茶に出物である茎がブレンドされている緑茶が「掛川深蒸参拝茶」です。長く蒸すことによって苦み成分が少なくなっており、逆に甘みとコクが増しているのが特徴です。

緑茶ならではの渋みや苦みはあるものの、旨みがたっぷりある茎を混ぜているのが魅力のひとつでしょう。水色も鮮やかな緑色で美しく、リーズナブルな価格で購入できる優れた緑茶としておすすめランキング第4位としました。

>>煎茶とは?種類や美味しい入れ方

第5位:献上加賀棒茶

現在の価格はコチラ

茶葉の茎の部分を使用したほうじ茶であり、ほんのりしたやわらかい甘み、ほうじ茶独特の香ばしい香り、透明感のある琥珀色の水色が特徴なのが「献上加賀棒茶」です。

茶葉だけでは味わえない透明感のあるすっきりとした味わいが特徴であり、いつものほうじ茶とは違った味わいを楽しむことができます。優れた緑茶ですが出物なので比較的リーズナブルに手に入れることができるのも魅力となっている緑茶です。

>>ほうじ茶とは?種類や美味しい入れ方

第6位:鹿児島茶 さえみどり

現在の価格はコチラ

お茶で非常に有名な品種である「やぶきた」とランキング第1位になっている「あさつゆ」を掛け合わせてできたのが「さえみどり」です。やわらかい味わいと美しい水色が特徴の緑茶であり、甘みとコクと旨みを感じつつ、しっかりとした渋みによってバランスに優れた緑茶になっています。

コストパフォーマンスも悪くない緑茶なので普段飲みも十分することができます。ちなみに明るく冴えた緑色の水色が名前の由来です。

>>煎茶とは?種類や美味しい入れ方

第7位:有機熟成三年番茶

現在の価格はコチラ

有機栽培のチャノキを枝のまま切り、茎や葉に分けて乾燥させ、じっくり熟成させた後、焙じて旨みを引き出した緑茶が「有機熟成三年番茶」です。熟成させることによって深い味わいと香りを持った緑茶に仕上げることができます。

寝かせている分、カフェインが少なくおなかに優しい緑茶になっておるので、赤ちゃんや年配の人、妊婦でも安心して美味しく飲むことができる緑茶となっています。

>>番茶とは?種類や美味しい入れ方

第8位:掛川深蒸し茶

現在の価格はコチラ

普通の煎茶に比べて茶葉を蒸す時間を長くすることによって、渋みをやわらげまろやかな口当たりになっている緑茶が「掛川深蒸し茶」です。

香りがやや弱い緑茶ではありあすが、濃く深い味わいを楽しむことができる優れた緑茶として、お茶の品評会でも多くの賞を受賞している緑茶です。

>>煎茶とは?種類や美味しい入れ方

第9位:玉露雁ヶ音

現在の価格はコチラ

玉露の茎を集めた緑茶である雁ヶ音。出物なので同じレベルの茶葉ではリーズナブルな扱いになっていますが、玉露の茎なので甘みと旨みに優れている緑茶として根強い人気のある商品です。

ただでさえ甘みと旨みの強い玉露の茎なので、甘みと旨みだけでなく茎茶独特のさっぱりとした口当たりも特徴となっています。

>>玉露とは?種類や美味しい入れ方

第10位:山下壽一の玉露

現在の価格はコチラ

自宅で最高の茶葉を楽しみたい人や目上の人へのギフトとしてぜひおすすめしたいのが「山下壽一の玉露」です。京都の名工である山下印の茶葉であり、茶葉の中でも最高級とされる玉露を使用しています。

抜群のまろやかな甘みと旨みを持っている緑茶であり、ぜひ入れる時のお湯の温度には注意したいところ。価格は高価ではありますが、最高級の玉露なので自分のご褒美や、緑茶好きの人へのプレゼント用にぜひ選択肢に入れておきたい逸品です。

>>玉露とは?種類や美味しい入れ方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
緑茶の種類
煎茶?抹茶?
緑茶の種類
美味しい緑茶の入れ方
緑茶
入れ方
水出し緑茶の入れ方
水出し緑茶
作り方
緑茶ミルの種類と選び方
緑茶ミル
選び方
粉末緑茶のおすすめランキング
粉末緑茶
ランキング