美味しいはちみつがきっと見つかる!
ピントルのはちみつ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
安心で美味しい!人気の国産はちみつおすすめランキング
おすすめ
国産はちみつ
健康に抜群!人気のマヌカはちみつおすすめランキング
おすすめ
マヌカはちみつ
マヌカはちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
マヌカはちみつ
特徴や食べ方
アカシア花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
アカシア花
特徴や食べ方
レンゲ花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
レンゲ花
特徴や食べ方

ほんとに天然?上手なはちみつの選び方とポイント

はちみつの選び方と注意点

免疫力向上、栄養満点、さらには薬効が高い種類も多いはちみつ。体に良いはちみつを手に入れたくてスーパーや専門店などに行った時、きっと商品名に「天然」や「純粋」と書かれたはちみつが並んでいるのを見ることでしょう。

それを見て「どれが美味しいはちみつ?」「どれが本物?」と思った方も多いのではないでしょうか。

今回は、「天然はちみつ」と「純粋はちみつ」の違いや、それを踏まえたうえでそれぞれのおいしいはちみつの選び方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

これって本当に天然・純粋はちみつ?

パッケージに「天然」「純粋」と書かれたはちみつは多く、どのはちみつが良いのか判断に迷うことは少なくないのではないでしょうか。

ここでは、「天然はちみつ」「純粋はちみつ」それぞれがどのようなはちみつのことを言うのかをご説明いたします。

天然はちみつ

天然はちみつは、ミツバチが花の蜜から作ったはちみつそのままのものを採取し、不純物をろ過して取り除いたものをいいます。ろ過工程以外には人の手が加わっていないので、はちみつ本来の風味が楽しめ、そして高い栄養を摂取することができます。

しかし、加工していないという性質上、食中毒などを起こしうる細菌や微生物も中に含まれた状態になっています。そのため、はちみつを与えないことが無難ですが、天然はちみつについては、1歳未満の乳幼児には決して与えてはいけません

純粋はちみつ

天然はちみつと違って、純粋はちみつは少し複雑です。「全国はちみつ公正取引協議会」の『はちみつ類の表示に関する公正競争規約』では、「純粋」と表示できるはちみつについて以下のように定めています。

  • 精製蜂蜜を使用せず、かつ、添加物を一切加えない物

(「精製蜂蜜」とは加熱濃縮後、色を調整したはちみつのことを言います。)

しかしこの規定だけでは、これに該当しない加工はちみつは「純粋」と表示できてしまうケースがあるため、注意が必要です。例えば、加熱濃縮したはちみつがこれに該当します。

自然に作られたはちみつは、ミツバチが集めてきたはちみつを、羽を使うなどして水分を飛ばし、糖度を高めて完熟状態(糖度約78度以上)にしていきます。ミツバチの働きによって程よく水分が抜け、濃厚な甘さのはちみつが仕上がるというわけです。また、糖度が高いはちみつは悪い菌の繁殖を抑える効果もあるため、添加物を加えなくても長期保存が可能です。

一方、完熟状態になっていないはちみつを採った場合、水分が多く糖度も高くありません。そのため、熱を加えて濃縮させることで強制的に糖度を高めるのです。この手順で作られたはちみつは「純粋」の基準をクリアしているので、「純粋はちみつ」の名で販売することができてしまいます。日本のスーパーなどでは、この加熱処理した「純粋はちみつ」が多く販売されています。

なお、糖度が低いはちみつ(糖度77度以下)は、体に悪い菌が繁殖する絶好の場所になってしまうため、加工しなければ長期保存ができません。そのため、手の加わっていないものよりは栄養価の面で劣る可能性はありますが、加工されたはちみつすべてが悪いものではないということを知っておいてください。

上手な天然・純粋はちみつの選び方

前の見出しの中で、「天然はちみつ」「純粋はちみつ」の違いについてご紹介いたしました。

ここからは、それを踏まえたうえで、上手な天然・純粋はちみつの選び方についてまとめます。より効果が高いはちみつを試してみたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。

原産地名や原料名、採蜜花名をチェックする

まさに賢い消費者の基本、「ラベルを読む」ですね。

前出の基準から、表示に「精製はちみつ(蜂蜜)」や、「異性加糖」「加糖はちみつ(蜂蜜)」などの添加物の記載があれば、純粋はちみつではありません

また、安いはちみつ(数百円程度のもの)は初めから天然ものではないと考えておいたほうが無難です(はちみつ風味の甘味料ですね)。

他にも、商品パッケージに公正取引マークがついていれば、規格をクリアしている可能性が高いことを示しています。先述の「全国はちみつ公正取引協議会」は業界内の一団体であるため、加入義務はありませんが、会員であり、かつ純粋はちみつの基準をクリアしていれば、このマークを使うことができます。しかし、その検査の基準は厳格ではないため、完全には信頼しないほうが良いでしょう。

養蜂場・養蜂家がはっきりとわかるはちみつを選ぶ

どこで、誰が採ったはちみつなのかがわかるだけでも安心度は増しますよね。

場所や顔が見える商品であれば、信頼につながるだけでなく、生産者側にとっても粗悪品は出せないというプレッシャーがかかってくるので、問題のないはちみつだと思っても良いでしょう。

結晶化しないはちみつは避ける

「結晶化」とは、温度が低いときにはちみつが固まって白っぽくなる現象のことを指します。一般的なはちみつは結晶化するのが当たり前で、そうなっても品質に問題はありません

ですので、結晶化しないものは怪しんだほうが良いでしょう。しかし、本物のはちみつであっても種類ごと、もしくは季節によって結晶化するまでの時間は異なってくるため、結晶化しないからといってすぐに偽物だと決めつけてしまわないよう注意が必要です。

透明度が高いはちみつは避ける

ミツバチが作ったままの本来のはちみつであれば、多少なりとも花粉は含まれており、濁っているものです。そのため、光にかざした時に向こう側がきれいに透き通って見えるはちみつ、もしくは理由もなく中が見えない瓶に入っているものは、水あめなどなどの混ぜ物をしている可能性が高いです。

色の話でいうと、「純粋はちみつ」の中の加熱濃縮したはちみつは、本来のはちみつよりも黒っぽい焦げた色をしているのが特徴です。香りも、花の香りが薄いもしくはしないどころか、少々焦げ臭い感じになっているため、ここからも見分けることができます。

しかし、ソバはちみつやクリはちみつなど元から黒褐色ものもありますので、すべての黒っぽいはちみつが加熱処理を施されたものではないことは知っておいてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
安心で美味しい!人気の国産はちみつおすすめランキング
おすすめ
国産はちみつ
健康に抜群!人気のマヌカはちみつおすすめランキング
おすすめ
マヌカはちみつ
マヌカはちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
マヌカはちみつ
特徴や食べ方
アカシア花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
アカシア花
特徴や食べ方
レンゲ花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
レンゲ花
特徴や食べ方