美味しいはちみつがきっと見つかる!
ピントルのはちみつ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
安心で美味しい!人気の国産はちみつおすすめランキング
おすすめ
国産はちみつ
健康に抜群!人気のマヌカはちみつおすすめランキング
おすすめ
マヌカはちみつ
マヌカはちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
マヌカはちみつ
特徴や食べ方
アカシア花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
アカシア花
特徴や食べ方
レンゲ花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
レンゲ花
特徴や食べ方

おすすめのマヌカはちみつと美味しい食べ方や特徴

おすすめのマヌカはちみつと食べ方や特徴

スーパーなどでも売られていて目にすることの多いはちみつですが、実はたくさんの種類があるのをご存知でしょうか。どの花から採取された蜜なのかによって色や味が異なるだけでなく、含まれる栄養素も変わるので健康のために食べるならきちんと選ぶ必要があります。

そんな健康に気を使う方の間で注目されているのがマヌカはちみつ(マヌカハニー)です。栄養価が高く、殺菌作用にも優れたマヌカはちみつ(マヌカハニー)ですが、種類がいくつかあるため選ぶのに悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこちらではおすすめのマヌカはちみつ(マヌカハニー)とおいしい食べ方や特徴をご紹介していきます。

スポンサーリンク

マヌカはちみつ(マヌカハニー)とは?

マヌカはちみつ(マヌカハニー)とは?

マヌカはフトモモ科の常緑低木で、ニュージーランドにのみ自生しています。マヌカというのはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」という意味を持ち、マオリの人々は古くからマヌカを病気の治療や健康のために生活に取り入れてきました。

ニュージーランドは日本と同様に縦に長い国なので花の咲く時期は地域によって差があり、11月から1月ころまで各地域で順次満開になります。このマヌカの花を蜜源としたはちみつのことを、マヌカはちみつ(マヌカハニー)と言います。

マヌカはちみつの特徴

マヌカはちみつは独特の味わいや風味があり、日本で一般的なレンゲやアカシアのはちみつと比べるとややクセがあるので初めて食べる方は食べにくいと感じるかもしれません。

まったりとした濃厚な甘みの中に少し薬のような風味が感じられ、香りにも花の甘さとハーブのような爽やかさが含まれています。見た目は色が濃く粘度も高めで、生キャラメルのような質感となっています。後味はさっぱりとしていますが、種類によっては薬のような味が少し残ります。

独特のクセのある味わいが特徴的なはちみつですが種類によってはクセが少なく食べやすいものもあるので、選ぶ際は効果や効能だけでなく味のことも考えることをおすすめします。

>>マヌカはちみつおすすめランキングはコチラ

UMFとMGOについて

マヌカはちみつにはその効果を数値で示した2つの基準「UMF」と「MGO」があります。この2つの数値の見方を知ると商品も選びやすくなるので、しっかりと覚えておきましょう。

まずはUMFについてですが、UMFとはUnique Manuka Factorの頭文字を取って名づけられています。日本語に訳すと意味は「マヌカ独自の要素」となり、他のはちみつには含まれていないマヌカはちみつの持つ独自の抗菌活性成分を数値化したものです。

昔は抗菌活性成分が何に由来するのかがわからなかったため、消毒薬のフェノールの殺菌力と比較して数値化されました。わかりやすいよう具体例をあげますと、UMF20+は20パーセントのフェノール溶液と同じ殺菌作用があるということになり、数値が高いほど殺菌力が強いということになります。

ちなみに病院で殺菌に使用されるフェノール溶液の濃度は2パーセントから5パーセント程度ですので、数値からもマヌカはちみつの持つ殺菌力の高さがわかります。

続いてMGOについてです。MGOとはメチルグリオキサールという成分の含有量を数値化したものです。1キログラムのマヌカはちみつ中に何ミリグラムのメチルグリオキサールを含むかが示されています。

マヌカはちみつの抗菌活性成分はこのメチルグリオキサールに由来するということが2008年に判明しました。MGOの数値が高いほど多くのメチルグリオキサールを含んでおり、殺菌効果が高いということになります。

UMFとMGOではMGOの方が検査結果の誤差が少なく、マヌカはちみつの持つ効果を正確に示してくれます。なおMGOはニュージーランドのManuka Health社が採用している規格で同社の登録商標となり、日本では株式会社TCNの登録商標となっています。

2つの数値を対応させると以下のようになります。

  • 「MGO100+」は「UMF10+」
  • 「MGO400+」は「UMF15+からUMF20+」
  • 「MGO500+」は「UMF25+」

UMFとMGOを参考にマヌカはちみつを選ぶ際のポイントですが、必ずしも高ければいいというわけではありません。特に初めてマヌカはちみつを購入する際はUMF10+相当のものを選ぶのがおすすめです。

その理由としてはマヌカはちみつの独特の風味が挙げられます。数値が高いほどクセが強くなる傾向があり価格も高くなっていくため、まずは低めの数値から試して食べやすい方法を探しながらマヌカはちみつに慣れていくといいでしょう。

以下に求める効果とUMF、MGOの数値をまとめておくので選ぶ際の参考にしてください。

  • 健康維持には「UMF10+、MGO100+」
  • 胃腸の調子が悪い、風邪予防、虫歯対策など体調不良の改善には「UMF15+、MGO250+」
  • 喉の痛み、口内炎、ケガなどすぐにケアしたい場合には「UMF20+、MGO400+」

UMFとMGOの数値以外の面からも、マヌカはちみつを選ぶ際のポイントについてご説明させていただきます。市場に出回っているたくさんのマヌカはちみつの中には、他のはちみつとブレンドされたマヌカはちみつも販売されています。

そういった製品と混同しないよう注意し、品質の良いものを選ぶにはUMFの認定マークがあるものを選ぶのがおすすめです。このマークはニュージーランドハチミツ協会(UMFHA)が品質と製造過程を認めた証で、信頼のできる製品となります。

さらにきちんとした品質管理をしている会社が製造するものはロットナンバーが記載されているので、ロットナンバーの有無も確認しながら選ぶといいでしょう。

マヌカはちみつの効果・効能

マヌカはちみつの効果・効能

マヌカはちみつは栄養価の高さと殺菌作用から、様々な効果が期待できます。簡単にまとめますと

  • ピロリ菌や大腸菌の除菌
  • 便秘、下痢を改善し、お腹の調子を整える整腸作用
  • 喉の痛みや鼻づまりの改善
  • 免疫力を高め風邪やインフルエンザの予防
  • ニキビなどの肌荒れの改善とシミ、シワの予防
  • 口内炎と口臭の改善
  • 虫歯、歯周病の予防
  • 抗菌作用による火傷や切り傷などの傷口に対する消毒効果

上記のようになります。特に注目をあびているのがピロリ菌の除菌効果で、これはマヌカはちみつ中に含まれるメチルグリオキサールの殺菌作用によるものだと考えられています。

ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因になるとされており、50歳以上の日本人の7割から8割ほどが感染していると言われています。ヨーグルトもピロリ菌の除菌効果が期待できるので、マヌカはちみつをヨーグルトにかけて食べるのも効果的だとされています。

ニキビなど肌荒れを改善する効果に加え、便秘を改善し老廃物をすっきりと排出することが美肌へと繋がるので、健康的な美しい肌を求める女性にもマヌカはちみつはおすすめと言えます。

一方でこれはマヌカはちみつに限らずはちみつ全般に言えることですが、1歳未満の小さなお子さんはボツリヌス菌への耐性が不十分のためはちみつは厳禁とされています。小さなお子さんのいる家庭ではくれぐれも注意してください。

>>赤ちゃんがはちみつを食べられる時期と危険性について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

マヌカはちみつの美味しい食べ方

マヌカはちみつの美味しい食べ方

クセのある独特の味わいから食べにくさを感じる方もみえるマヌカはちみつですが、少し工夫することで食べやすくなります。そのまま食べるのが苦手な方は以下の食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

  • ヨーグルトに混ぜる
  • トーストに塗る
  • チーズにかける
  • ホットミルク、ホット豆乳に生姜と一緒に入れて飲む

粘度が高く甘みも濃厚なので、酸味のあるヨーグルトや塩気のあるチーズなどはマヌカはちみつとの相性がいいです。トーストの場合には好みのパンを使用してもらって構いませんが、ライ麦パンのような少し酸味のあるパンに塗るのもおすすめです。

風邪のひきはじめや喉の痛みを感じるとき、また寒い日などにはホットミルクか温めた豆乳に生姜とマヌカはちみつを入れると、体の中から温めてくれます。豆乳の場合はマヌカはちみつを加えることで、甘みのない無調整豆乳もそのままより飲みやすくなります。

おすすめのマヌカはちみつ:厳選5種

おすすめのマヌカはちみつ:厳選5種

それではおすすめのマヌカはちみつ厳選5種をご紹介していきましょう。

製品の品質や効果も重要ですが、毎日の習慣として続けていく上ではコストも気にしなければなりません。そういった面も考慮して総合的に判断し今回はおすすめの商品を選ばせていただきました。購入の際は無理なく自分の生活に取り入れられる製品を選んでください。

>>はちみつの種類と特徴について詳しくはコチラ

Wild Cape / マヌカハニー UMF10+

現在の価格はコチラ

UMF10+ですがMGOに換算すると250+に相当する高品質の製品です。UMFHA認定のロゴマークが表示された信頼性の高いマヌカはちみつです。ニュージーランドの北島北西部にあるイーストケープに構えた養蜂場で採蜜されたはちみつが使用されています。

採蜜からボトルの充填までの工程が自社で一貫して行われており、充填工場では全て手作業で行うほど品質管理が徹底されています。国際的な衛生管理システムである「HACCP」を導入することで、衛生的で安全な製品が製造されています。

ワイルドケープのマヌカはちみつは独特のクセが少なく食べやすいため、初めてマヌカはちみつを食べるという方におすすめです。

Kiwi Manuka / マヌカハニー UMF5+

現在の価格はコチラ

UMF5+のこちらのマヌカはちみつはMGOに換算すると100+に相当する製品です。UMFHAのロゴマークが表示された認定品で、厳しい規格基準をクリアした商品です。

トレーサビリティーシステムを審査する独自規格のマヌカオリジン認証を取得し、養蜂から収穫までの情報がしっかりとチェックされています。倫理基準も設けられており、非道徳的な行為や不正を禁止し蜂や巣箱の安全が守られています。

UMF値が5+の低活性のマヌカはちみつで、独特の薬のような風味も僅かに感じる程度のとても食べやすい製品です。UMF10+で食べ方を工夫しても食べづらいという方には、こちらをおすすめします。

ゴールデンフィールド / マヌカハニー UMF15+

現在の価格はコチラ

MGOに換算すると250+に相当するマヌカはちみつで、UMFHA認証のロゴマークが表示されている製品です。衛生管理手法としてHACCPを取り入れ、採取から製造工程まで農薬と抗生物質が入らないよう生産管理されています。

天然のはちみつの結晶化する性質を応用したクリーム製法で作られており、濃厚ながらもなめらかであつかいやすいマヌカはちみつです。胃の不快感や喉の乾燥などに効果が期待でき、若々しい元気な毎日を送りたい方におすすめの製品です。

マヌカヘルス / マヌカハニー MGO400+

現在の価格はコチラ

UMFに換算すると20+相当の抗菌活性を有する製品です。マヌカはちみつのもつ栄養素を壊さないよう加熱処理をせず、低温ろ過製法で作られています。農薬や抗生物質も使用されていない安全な商品です。

メチルグリオキサールを多く含み殺菌作用が高く、喉の痛みの改善などに効果が期待できます。健康と美容を目的としながらコストパフォーマンスも気にする方におすすめです。

マヌカヘルス / マヌカハニー MGO550+

現在の価格はコチラ

UMF数値に換算すると25+に相当する高濃度のマヌカはちみつです。原産国のニュージーランドでもこの濃度のものは最高級とされている、貴重な製品です。先に紹介したMGO400+と同様に、農薬と抗生物質を使用していない安全にも配慮された商品です。

優れた殺菌作用で口内炎や喉の炎症、ピロリ菌の除菌に高い効果が期待できます。高濃度のためややクセが強く価格も高いため、体調が優れず普段のマヌカはちみつよりも効果の高いものを使いたいときなど、特別なケアをしたいときにはこちらがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
安心で美味しい!人気の国産はちみつおすすめランキング
おすすめ
国産はちみつ
健康に抜群!人気のマヌカはちみつおすすめランキング
おすすめ
マヌカはちみつ
マヌカはちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
マヌカはちみつ
特徴や食べ方
アカシア花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
アカシア花
特徴や食べ方
レンゲ花はちみつの特徴や美味しい食べ方を徹底解説
レンゲ花
特徴や食べ方