好みのジャムが見つかる!
ピントルのジャム専門ページ

目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方

ジャムの種類と選び方

ジャムと言えば、イチゴやブルーベリーなどの果物のジャムが定番です。最近はジャムの種類も増え、果物のジャムだけでなく野菜のジャムなど、少し変わったジャムもよく目にするようになりました。

様々な種類がある中からジャムを選ぼうとすると、悩んでしまう方もいるかと思います。悩んだときのためにジャムの種類ごとの特徴を知っておくと、自分の目的に合うジャムを選びやすくなります。

今回はジャムの種類と上手な選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

ジャムの種類

ジャムの種類

ジャムの種類は大きく分けると、以下の3つに分類できます。

原料となる果物や野菜の違いによって様々な種類のジャムが作られています。今回は種類ごとに、代表的なジャムをご紹介していきます。

>>おすすめのギフト用ジャムまとめはコチラ

果物のジャム

果物を使ったジャムはジャムの中でも定番です。様々な果物がジャム作りに使われていますが、果物のジャムの中でも代表的な種類をまとめてご紹介します。

  • イチゴ
  • りんご
  • みかん
  • レモン
  • ぶどう
  • あんず
  • いちじく
  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • ゆず
  • マーマレード
  • カシス
  • マンゴー
  • クランベリー

野菜のジャム

果物から作られるジャムが一般的ですが、ジャムは野菜からも作られています

特にルバーブは野菜としてそのまま食べるよりも、ジャムにして食べられることの多い野菜となっています。野菜から作られるジャムの種類を、以下にまとめてご紹介します。

  • ルバーブ
  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • トマト
  • 枝豆
  • にんじん
  • 野菜ミックス

ペースト系

ペースト系は果物や野菜に限らず、色々な食品を原料に作られています。パンやクラッカーなどに塗って食べられる、ペースト系の種類をまとめてご紹介します。

  • ミルクジャム
  • チョコスプレッド
  • ピーナッツバター
  • ごまペースト

食材別:ジャムの選び方

食材別:ジャムの選び方

様々な種類のジャムの中から選ぶ際には、それぞれのジャムの種類ごとの特徴も参考にするとより選びやすくなります。

食べ物には味の好みもありますから、特徴だけでなく原料の味のことも考え、自分の好みに合うジャムを選んでください。

>>ジャムの種類と特徴について詳しくはコチラ

果物のジャムの特徴

果物から作られたジャムは、豊かな甘みや酸味が感じられる甘酸っぱい味わいが特徴です。果物にはビタミンや食物繊維といった美容や健康によい成分が含まれており、果物のジャムからはビタミンや食物繊維を手軽に取ることができます。

ジャムの場合は果物のように洗ったり皮を剥くといった手間がないため、慌しい朝に果物の栄養を摂取したい方には果物のジャムがおすすめです。

野菜のジャムの特徴

野菜のジャムは生の野菜がもつ、土臭さなどがあまり感じられないため食べやすいことが特徴です。そのため野菜嫌いの方や、小さなお子さんでも食べやすく、野菜が苦手な方でもビタミンなどの野菜に含まれる栄養をとりやすくなっています。

野菜のジャムは野菜の優しい甘みが感じられる素朴な味わいのものもあれば、ルバーブジャムのような甘酸っぱい果物のジャムのような味わいのものもあります。生の野菜で食べるよりも食べやすいので、野菜嫌いのお子さんのいるご家庭におすすめです。

ペースト系の特徴

ミルクジャムやチョコスプレッドなどのペースト系は、果物や野菜が苦手な方でも食べやすい味わいが特徴です。練乳や生キャラメルのような風味が楽しめるミルクジャムや、チョコレート風味の甘い味わいが魅力のチョコスプレッドなど、パンやアイスクリームにかけてスイーツ感覚で食べることができます。

ペースト系は滑らかな仕上がりのため、水分の少なめなパンやクラッカーに塗ると食べやすさも与えてくれます。野菜や果物のジャム以外で、パンを食べやすくしてくれる食品を求めている方や、スイーツ感覚で食べられるジャムを探している方にはペースト系がおすすめです。

スポンサーリンク

目的別:ジャムの選び方

目的別:ジャムの選び方

ジャムを選ぶ際には好みだけでなく、目的も重要となります。ダイエットを目的とし、いつものジャムよりも砂糖が控えめのものが欲しいなど、自分の目的に合わせて購入するジャムを選んでいきましょう

ダイエッター向けジャム

まずはダイエットをしている、ダイエッター向けのジャムをご紹介していきます。

ダイエッター向けジャムは、砂糖不使用のジャムカロリーが低めのジャムなどがあります。ダイエット中に甘いものを食べたくなったときでも、砂糖不使用のジャムやカロリーの低いジャムなら、甘いものを食べてしまったという罪悪感が少なくなります。

ダイエット中は甘いものを我慢することも大事ですが、無理に我慢をすることで結局ダイエットが続かないことも多くなっています。ダイエッター向けのジャムを上手に取り入れ、無理なくダイエットを続けたい方におすすめです。

>>おすすめの砂糖不使用ジャムランキングはコチラ

信州須藤農園 / 100%フルーツ ストロベリー
現在の価格はコチラ

砂糖を使わずに作られたイチゴジャムです。砂糖の代わりに白ぶどうの濃縮果汁を加えることで、果物の自然な甘みが与えられています。砂糖不使用のジャムですが糖度も40度あり、砂糖を使った低糖度のジャムに近い糖度となっています。

イチゴの自然な風味と、果物由来のすっきりとした自然な甘みが楽しめる味わいが好評です。砂糖不使用のジャムということでダイエット中の方におすすめですし、ダイエットをしていない方でも、甘さ控えめの後味がすっきりとしたイチゴジャムを好む方にはおすすめのため、選ばせていただきました。

アオハタ / カロリーハーフ ブルーベリージャム
現在の価格はコチラ

ブルーベリージャムと比べてカロリーを約半分におさえた、カロリーハーフのブルーベリージャムです。糖度は44度となっており、砂糖の自然な甘さに近づけた仕上がりで、カロリーハーフでありながら甘いブルーベリージャムの味わいが楽しめます。

ブルーベリーの爽やかな風味もしっかりと感じられ、満足感のあるカロリーハーフジャムと評判です。ジャムから取るカロリーを半分に抑えることができるので、カロリー計算をしながらダイエットをしている方におすすめのジャムということで、選ばせていただきました。

変わり種ジャム

ジャムは果物や野菜から作られるものだけでなく、他の食材も加えたジャムなどの変わり種のジャムも作られています。ここでは少し珍しい、変わり種のジャムを紹介します。

いつものジャムに飽きてしまった方や、友人に感想を話すことで会話を盛り上げるきっかけにもなるので、話のタネとして食べてみたい方にもおすすめです。

>>おすすめの変わり種ジャムまとめはコチラ

タンゼン / プリンジャム カスタード
現在の価格はコチラ

北海道産の生クリームを使い、カスタードプリン味に仕上げたジャムです。口当たりの滑らかなカスタード味の層の下にカラメルの層がある、2層に分かれたジャムとなっています。

カスタード味の層はまろやかな甘みがあり、下のカラメルと混ぜることで濃厚なカラメルプリンの味わいが楽しめます。トーストとの相性がよいとされており、トーストに豊かなプリン風味を与えてくれるのでスイーツ感覚でいただけます。

プリンが好きな方におすすめです。プリンジャムはお土産としても人気があるので、話のタネとして手土産で持参し、友人たちと一緒に食べるのにも向いているジャムということで選ばせていただきました。

コンフィチュール ド フラノ / 黒豆ミックス
現在の価格はコチラ

北海道産の黒豆を中心に、こだわりの国産素材を使って作られたジャムです。白砂糖ではなくはちみつと黒砂糖が使われており、まろやかでありながらコクのある甘みを楽しむことができます。

ポリフェノールを豊富に含む黒豆を使っていることに加え、オリゴ糖黒ごまも使用することでより栄養価の高いジャムとなっています。健康に気を使う方におすすめです。

黒豆の上品な風味と優しい味わいを引き出し、和風に仕上げた珍しいジャムです。パンに塗る以外にも、アイスクリームなどの甘いものとの相性もよいと評判のため、和スイーツが好きな方にもおすすめの変わり種ジャムということで、選ばせていただきました。

無添加ジャム

ジャムに限らず様々な食品を購入する際には、添加物が気になるという方もいらっしゃるかと思います。ジャムは添加物を使用した製品もありますが、添加物を使用していない製品もありますので、ここでは無添加ジャムを紹介していきます

無添加ジャムは香料などを使用していないので、果物や野菜など原料となった素材の自然な味わいを楽しむことができます。体にも優しいので、健康に気を使う方や小さなお子さんも安心して食べることができ、食の安全にこだわる方にもおすすめです。

>>おすすめの無添加ジャムまとめはコチラ

沢屋 / 桑の実ジャム
現在の価格はコチラ

国産の果物と砂糖を使った無添加ジャムを手がけている、沢屋の桑の実ジャムです。糖度は約40度を目安に作られており、桑の実の素朴な甘さを堪能できる仕上がりとなっています。

桑の実は形を残したままたっぷりと入っているので、プチプチとした果肉の食感を楽しむことができます。果肉感の強さからヨーグルトとの相性が特によいとされているので、ヨーグルトに入れて食べる無添加ジャムを探している方におすすめです。

桑の実には視覚機能を改善する働きをもつとされているアントシアニンなどの、ポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは高い抗酸化作用も持つとされているので、健康を考え無添加ジャムを選んでいる方には特におすすめできるということで、選ばせていただきました。

富澤商店 / 富澤の無添加 いちじくジャム
現在の価格はコチラ

九州産のいちじくを使った、無添加ジャムです。いちじく以外の材料は砂糖とゆず果汁となっており、果物と砂糖のみの自然な味わいが特徴のいちじくジャムとなっています。

糖度は38度から40度と甘さを控えめにすることで、いちじくの優しい甘みが引き立てられています。パンやヨーグルト以外にも、クリームチーズやローストチキンとの相性もよいとされているため、料理のソース代わりに使える無添加ジャムを探している方におすすめです。

いちじくをそのまま潰したような、自然ないちじくの風味が好評です。優しい味わいで食べやすく、添加物を使用していないため小さな子どもにも安心して食べさせられると評判のため、選ばせていただきました。

プレゼント用ジャム

たくさんの種類があり、日持ちもするジャムはプレゼントにも向いています。プレゼント用にも使いやすい品質のよいジャムや、ボトルのデザインがおしゃれなジャムをご紹介していくので、大切な人へのプレゼントとして使えるジャムをお探しの方は参考にしてください。

>>おすすめのギフト用ジャムまとめはコチラ

楽園の果実 / マンゴージャム
現在の価格はコチラ

沖縄県の宮古島産の完熟マンゴーを贅沢に使用した、マンゴージャムです。着色料と香料は使用せずに、宮古島の豊かな自然の中で育まれたマンゴーの芳醇な香りと鮮やかな色を詰め込んだ、風味豊かなジャムとなっています。

新鮮なマンゴーの果肉を豊富に使った、フレッシュな甘みが楽しめる仕上がりです。果物として人気のある沖縄県産のマンゴーの味わいを凝縮した贅沢なジャムとなっているので、マンゴーが好きな方へのプレゼントにおすすめです。

生のマンゴーをプレゼントする場合には、取り扱いにも気を使いますし、プレゼントできる季節も限られています。しかし、ジャムなら季節を問わず気軽に贈ることができるということで、選ばせていただきました。

ラベイユ / はちみつコンフィチュール いちご
現在の価格はコチラ

はちみつ専門店のラベイユが手がける、はちみつを使って作られたイチゴジャムです。スペイン産のラベンダーはちみつで国産のイチゴを煮込み、香り高く甘酸っぱいジャムへと仕上げられています。

甘みと酸味のバランスがよく、はちみつを使うことで深みの増したリッチな味わいとなっています。はちみつは栄養価が高く、健康や美容にも様々な効果が期待できると注目されているので、美容や健康に気を使う方へのプレゼントにおすすめです。

イチゴの果肉も豊富に含まれた華やかな見た目と、品のよいボトルデザインからプレゼントに向いているジャムとなっているため、選ばせていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク