家飲みをもっと楽しくオシャレに!
ピントルのリキュール専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
リキュールの美味しい飲み方
リキュール
飲み方
ロックが美味しいリキュールおすすめランキング
ロック
おすすめ
ストレートが美味しいリキュールおすすめランキング
ストレート
おすすめ
水割りが美味しいリキュールおすすめランキング
水割り
おすすめ
ソーダ割りが美味しいリキュールおすすめランキング
ソーダ割り
おすすめ

おすすめのレモンリキュールと美味しい飲み方

レモンリキュールのカクテルやおすすめ銘柄

強烈な酸味と豊かな香りが特徴のレモン。世界中で愛されている果実であり、料理や飲み物、お菓子など様々なものに利用されています。そんなレモンを使ったリキュール「レモンリキュール」。

その中でも圧倒的に高い人気を誇る「リモンチェッロ」を中心に、レモンリキュールの飲み方や選び方、おすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

レモンリキュールとは?

レモンリキュールとは?

レモンリキュールとは、その名の通りレモンを原材料として作られたリキュールのことです。レモンの豊かな香りが口に広がり、レモン特有の強い酸味は控えめで、甘くてほろ苦いお酒です。

レモンは世界中で人気の高い果実であり、その実や皮は料理はもちろん、飲み物やお菓子作りなど幅広く使われています。それゆえ、レモンリキュールも多く地域で作ららていましたが、現在では「レモンリキュール=リモンチェッロ」と言われる程、リモンチェッロが圧倒的に支持されています。

リモンチェッロとは?

リモンチェッロとはイタリア発祥のレモンリキュールであり、レモンリキュールの中でも圧倒的に支持されている人気のリキュールです。リキュールの中で1つのジャンルといわれる程浸透しています。

日本での「梅酒」に近い扱いであるとお考えいただくと分かりやすいかもしれません。梅酒は「ウメリキュール」の1つですが、梅酒として1つのジャンルを築いています。

リモンチェッロはイタリア南部の地酒であり、各家庭で作られてきました。しかし、この地を訪れる観光客によって、その魅力はイタリア全土からヨーロッパへと広められました。そして今では世界に有名なイタリアの名産として知られています。

リモンチェッロの製法

リモンチェッロの産地としては、「カプリ島」「アマルフィ海岸」「ソレント半島」一帯が有名です。リモンチェッロの製法は、レモンの果皮をアルコールの度数の極めて高いスピリッツに漬けてエキス分を抽出し、砂糖水を加えて1か月程度置く製法が一般的です。

イタリア南部の家庭で作られることが多いお酒ですが、複数の酒造メーカーによって盛んに生産されています。

レモンリキュールの飲み方

レモンリキュールの飲み方

リモンチェッロはレモンの爽やかな香りと、甘くほろ苦い風味が魅力のレモンリキュールです。甘くて口当たりが良いのが特徴ですが、アルコール度数が30度以上ある強いお酒です。

それゆえ、食後にお腹をすっきりさせるために「食後酒」として古くからイタリアで親しまれてきました。飲み方としては、キンキンに冷やしたリモンチェッロをストレートでキュッと飲むのが一般的です。

ですので、おすすめのリモンチェッロの飲み方も、イタリアの伝統的な飲み方と同様にストレートで食後酒として飲むことがおすすめです。レモンの爽やかな香りと強いアルコールで、お腹がスッキリとします。

また他にも、ソーダ割りなども爽やかでおすすめですし、アイスクリームにかけることもイタリアでは人気です。お菓子作りにも使える万能のレモンリキュールです。

スポンサーリンク

レモンリキュールの選び方

レモンリキュールの選び方

リモンチェッロはレモンリキュールの1つであり、イタリア南部の地酒です。しかし、あおの美味しさから世界的に人気となり、現在では1つのジャンルとして確立しているレモンリキュールです。

そもそもは各家庭で作るお酒でしたが、複数の酒造メーカーから多くの銘柄が展開されています。ですので、リモンチェッロの選び方で迷われる方も多いと思いますので、リモンチェッロを選ぶうえで重要なポイントをご紹介します。選び方のポイントとしては以下の3点です。

  • エキスの割合
  • アルコール度数
  • レモンの産地

レモンリキュール全般にいえることですが、この3つのポイントを押さえれば選び方で失敗することは少ないです。最初のポイントは、レモンエキスの割合についてです。リモンチェッロはレモンエキスの量によって香りや味わいが変わります。

ですので、レモンの濃厚な香りを楽しみたい人はエキスの割合が高いリモンチェッロを選び、さっぱりとした味わいが好みの方はエキスの割合が低いものを選ぶことがポイントです。

次のポイントは、アルコール度数です。説明が必要ないかもしれませんが、アルコール度数が高いほど強いお酒となります。リモンチェッロはストレートで飲むことがメインのお酒ですので、確認をおすすめします。おおむね30度程度のアルコール度数が一般的です。

最後のポイントは、レモンの「産地」です。リモンチェッロはレモンの産地でもある南イタリアの地酒ですので、レモンの産地にもこだわられて作られています。有名なレモンの産地としては、「カンパーニア」と「シチリア」があります。

特にカンパーニア産のレモンを使ったリモンチェッロが、芳醇な香りで最高級とされています。

>>家飲みの時に揃えたいリキュールおすすめランキング

レモンリキュールのおすすめ銘柄

イタリア南部の家庭のお酒として楽しまれていたリモンチェッロ。あまりの美味しさから、世界的に広まり、現在では1つのお酒のジャンルとして認知されています。その人気から、現在ではリモンチェッロは複数のメーカーから販売されています。

その中でも特に人気の高いおすすめのリモンチェッロをご紹介しますので、リモンチェッロ選びの参考にしてみて下さい。

ディ・カプリ

現在の価格はコチラ

代表的なリモンチェッロである「ディ・カプリ」のリモンチェッロがおすすめです。オーナーの祖母が作る手作りリモンチェッロが基となっている伝統的なリモンチェッロです。レモンの弾けるような香りが特徴的であり、アルコール度数は32度と高めですが、甘くてまろやかなですので口当たりも良いおすすめのレモンリキュールです。

コッポ

現在の価格はコチラ

もう少しアルコール度数が低いリモンチェッロをお求めなら、「コッポ」のリモンチェッロがおすすめです。アルコール度数が24度と一般的なリモンチェッロよりも低く、飲みやすさが特徴です。香りも申し分無く、イタリアを感じさせるおすすめのリモンチェッロです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
リキュールの美味しい飲み方
リキュール
飲み方
ロックが美味しいリキュールおすすめランキング
ロック
おすすめ
ストレートが美味しいリキュールおすすめランキング
ストレート
おすすめ
水割りが美味しいリキュールおすすめランキング
水割り
おすすめ
ソーダ割りが美味しいリキュールおすすめランキング
ソーダ割り
おすすめ