種類から美容健康に効果的な食べ方まで
ピントルのナッツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ミックスナッツのおすすめランキング
おすすめ
ミックスナッツ
ナッツダイエットの効果と方法
ダイエット
方法
健康的なナッツの食べ方
健康
食べ方
美容に効果的なナッツの食べ方
美容
食べ方
ナッツの優れた栄養素比較ランキング
栄養素
ランキング

ピーナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

ピーナッツについて

私たちの最も身近にあるナッツ類であるピーナッツ。厳密には豆ですがナッツとして取り扱われており、美味しいのはもちろんですが栄養価が高い食品として長く人気となっています。おやつやお酒のおつまみ、料理や製菓にも使われる幅広い用途を持ったピーナッツ。

ここではそんなピーナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

ピーナッツ(落花生)とは?

ピーナッツ(落花生)とは?

ピーナッツとはマメ亜科ラッカセイ属の一年草のことであり、落花生・ラッカセイ・南京豆など様々な呼び名を持っています。ピーナッツは豆類なため厳密にはナッツではありませんが、それにも関わらずナッツ類を代表するポピュラーな食品です。

原産地は南アメリカ大陸とされており、日本へは東アジア経由で伝来したとされています。現在の日本でのピーナツ(落花生)の生産は千葉県が全体の7割以上を占めています。

殻を割るのも簡単で手に入れやすく、最も身近なナッツ類であるだけでなく、栄養価が高く健康にも優れた効果を発揮する食材として安定した人気を誇っている魅力があるのがピーナッツです。

>>ナッツの種類について詳しくはコチラ

ピーナッツの栄養価

成分名 可食部100gあたり
エネルギー 585kcal
たんぱく質 26.5g
脂質 49.4g
炭水化物 19.6g
ビタミンE 18.3mg
食物繊維 7.2g
ビタミンB2 0.1mg
カルシウム 50mg

>>ナッツの栄養素比較ランキング

ピーナッツ1粒あたりのカロリーや糖質

ピーナッツ1粒を約0.6gとすると、カロリーは約3.5kcal糖質は約0.06gになります。この数値だけ見るとカロリーも糖質も低いように見えるかもしれませんが、糖質は確かに低めではあるもののカロリーは決して低くはありません

特にピーナッツは他のナッツ類に比べてサイズが小さめなので、多く食べがちです。栄養価に優れているとはいえ、カロリーの摂り過ぎはもちろん健康の害になるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

ちなみにピーナッツを炒ってバターを使用したバターピーナッツがありますが、意外とカロリーに差がなく1粒あたりのカロリーがほぼ変わりません。しかし塩分には注意が必要なので、バターピーナッツを食べる場合はピーナッツよりも食べ過ぎに注意が必要です。

>>ナッツは太る?カロリーについて

ピーナッツの効果と効能

普段多くの人に食べられている人気のピーナッツですが、どのような効果や効能があるのか以下で紹介していきます。

  • 疲労回復
  • 老化防止
  • 生活習慣病予防
  • 血行不良の改善
  • 便秘改善
  • 二日酔い防止

まず体内の糖質を効率よくエネルギーに変えてくれるビタミンB1によって疲労回復に効果を発揮してくれます。他にも抗酸化作用で有名なビタミンEによって老化防止や動脈硬化の予防にも効果があります。

体に良い脂肪であるオレイン酸とリノール酸によって、悪玉コレステロールが減り善玉コレステロールが増えることによってコレステロール値を調整。生活習慣病の予防も可能です。

食物繊維によって便秘も改善できますし、ナイアシンによって肝臓内の代謝をサポートし二日酔いの防止にもなります。上述したビタミンEとチロキシンには血行を良くする働きもあるので、末梢の血管まで血液を行き渡らせることによって冷え性の改善にも効果があります。

>>ナッツの効果や効能ランキング

スポンサーリンク

ピーナッツの効果的な食べ方

ピーナッツの効果的な食べ方

ピーナッツはそのまま食べても熱を通して食べても、栄養価を損なうことなく美味しく食べることができます。不飽和脂肪酸であるオレイン酸やレノール酸は熱に弱いわけではないので、好みの調理方法で食べることができるのもピーナッツの魅力です。

それに加えて注目していただきたいのがピーナッツの薄皮です。ピーナッツの薄皮には非常に多くのポリフェノールが含まれており、強力な抗酸化効果が期待できます。食感がいいわけではなく食べづらくはありますが、健康の為にピーナッツを食べる人はぜひ薄皮も一緒に食べてください

>>健康的なナッツの食べ方はコチラ

>>美容に効果的なナッツの食べ方はコチラ

以上、いい所ばかりに見えるピーナッツですが、一点注意しなければならないのがアレルギーです。ピーナッツ(落花生)アレルギーはアナフィラキシーショックなどの重篤な症状を起こしやすい傾向にあり、アレルギー表示が義務付けられている食品です。アレルギーを持っている人は摂取しないように注意してください。

>>ナッツアレルギーについて詳しくはコチラ

ピーナッツの1日の摂取量目安

ピーナッツは1日30粒程度が目安になっています。大体手で一握りくらいと思っておけばいいでしょう。多く食べると効果が上がったりするわけではないですし、カロリーの摂り過ぎになって逆に体を悪くしてしまいます。1日30粒を目安に摂ることをお勧めします。

ピーナッツは食べ過ぎるとニキビになるなんて事がよく言われていますが、実は全くの嘘!ピーナッツ自体がニキビの原因となるわけではなく、ピーナッツを食べやすくするための加工に使われるバターなどが原因と言えます。つまりピーナッツを食べてもニキビができるわけではありませんが、バタピーは食べ過ぎるとニキビが出来るので注意が必要なのです。

>>食べ過ぎ注意!1日のナッツ適正量についてはコチラ

ピーナッツの割り方

ピーナッツの割り方

ピーナッツの割り方は簡単で、膨らんでいる部分のへこみを押しつぶすだけで楽に割ることができます。特に道具を必要としないですし、極端に多い数じゃなければ素手で割っても指を痛めたりすることもありません。

それでも痛くなってしまう人は、ピーナッツの殻同士を押し当てて割ると良いでしょう。

>>ナッツの割り方と割り器について

おすすめの美味しいピーナッツ

美味しいのはもちろん、栄養価の高さでも人気のあるピーナッツ。以下でおすすめのピーナッツを紹介していくので、自分の好みに合わせて選んでみてください。

神戸アールティー 生ピーナッツ 渋皮付き

現在の価格はコチラ

ピーナッツの自然な味わいを楽しみたい人におすすめなのが「神戸アールティー 生ピーナッツ 渋皮付き」です。ポリフェノールが豊富な渋皮付きで味付けがされていません。渋皮ごとそのまま食べてもいいですし、渋皮を取って炒ったあとバターと絡めたりなど、好みに合わせて様々な食べ方ができます。

コストパフォーマンスにも優れているので、ピーナッツを楽しみたい人はもちろんですが、健康の為に摂り続けたい人にもおすすめできる商品です。

世界美食探求 こだわりのフライドピーナッツ

現在の価格はコチラ

アメリカ産のピーナッツを使用しており、香ばしさとカリッとした食感にこだわって作られたのが「世界美食探求 こだわりのフライドピーナッツ」です。ピーナッツの甘みと適度な塩味のバランスが良く、おやつやお酒のおつまみとして美味しく食べることができます。

c渋皮が付いていないので食べやすく、コストパフォーマンスに優れているので、健康に気遣いながら長く摂り続けることがしやすい商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ミックスナッツのおすすめランキング
おすすめ
ミックスナッツ
ナッツダイエットの効果と方法
ダイエット
方法
健康的なナッツの食べ方
健康
食べ方
美容に効果的なナッツの食べ方
美容
食べ方
ナッツの優れた栄養素比較ランキング
栄養素
ランキング