種類から美容健康に効果的な食べ方まで
ピントルのナッツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ミックスナッツのおすすめランキング
おすすめ
ミックスナッツ
ナッツダイエットの効果と方法
ダイエット
方法
健康的なナッツの食べ方
健康
食べ方
美容に効果的なナッツの食べ方
美容
食べ方
ナッツの優れた栄養素比較ランキング
栄養素
ランキング

ナッツの優れた栄養素比較ランキング

ナッツの栄養素比較

非常に栄養価が高い食品として注目されているナッツですが、どのナッツを選べば高い栄養価を摂ることができるのか気になりませんか?ナッツは種類によって含まれている栄養価が違いますし、それによって効果・効能も変わってきます。

ここでは選んでおけば間違いがない栄養価の高いナッツのランキングとナッツ同士の栄養素の比較表を用意しました。どのナッツにすればいいか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

栄養素に優れたナッツランキング

美容や健康など目的によって適したナッツがありますが、ここではとにかく栄養素が優秀なナッツをランキング形式して紹介していきます。「とりあえず栄養素があるナッツを食べたい!」という人はぜひ参考にしてみてください。

第1位:クルミ(胡桃)

現在の価格はコチラ

クルミの主な栄養素

  • 食物繊維:7.5g
  • 不飽和脂肪酸:56.1g
  • ビタミンB2:0.25g

メディアでも取り上げられており、高い栄養価を持っているナッツとして人気なのがクルミです。

生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果的な不飽和脂肪酸を多く含んでおり、食物繊維・ミネラルも豊富なので便秘解消や美肌・美髪効果を持っている優れたナッツです。トリプトファンによってストレスを軽減する作用もあり、スムーズに睡眠に入ることができる効果もあります。総合的な栄養価の高いナッツとしてランキング第1位としました。

>>クルミの効果と食べ方

第2位:ピスタチオ

現在の価格はコチラ

ピスタチオの主な栄養素

  • ビタミンE:27.5mg
  • 不飽和脂肪酸:37.56g
  • カリウム:1025mg

栄養価の高さからナッツの女王と呼ばれているのがピスタチオです。

ビタミンEが豊富に含まれており、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸も豊富に含まれているので生活習慣病やアンチエイジングに効果的なナッツとなっています。カリウムの量も多く、余分な塩分や水分を排出してくれるので高血圧やむくみ対策にもなります。健康・美容限らず効果的な栄養価を含んでいる優れたナッツです。

>>ピスタチオの効果と食べ方

第3位:アーモンド

現在の価格はコチラ

アーモンドの主な栄養素

  • ビタミンE:31mg
  • 不飽和脂肪酸:47.31g
  • ナイアシン:3.5mg

ナッツの代表格として知名度・人気ともに高いアーモンド。栄養価の高さからも愛用している人が多く、馴染みの深いナッツとして親しまれている種類です。

抗酸化作用を持っているビタミンEが豊富に含まれているので、アンチエイジングや動脈硬化の予防の効果を持っています。ビタミンB1による疲労回復のサポートの効果も期待できます。不飽和脂肪酸であるオレイン酸とリノール酸も含んでいるので、生活習慣病の予防にも効果的です。ナイアシンによって肝臓をサポート、二日酔い防止にも効果的なのがアーモンドの特徴です。

>>アーモンドの効果と食べ方

第4位:ヘーゼルナッツ

現在の価格はコチラ

ヘーゼルナッツの主な栄養素

  • 不飽和脂肪酸:60.05g
  • ビタミンE:28.3mg
  • 食物繊維:7.4g

そのまま食べるよりも製菓などのフレーバーとして使用されることが多いヘーゼルナッツ。世界三大ナッツのひとつであり、非常に人気が高いナッツとして知られています。

不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富なので抗参加作用に優れた効果を発揮します。不飽和脂肪酸だけでなく、同じく抗酸化作用に優れたビタミンEも豊富に含んでいるので、アンチエイジングと生活習慣病予防に効果的なのも特徴です。食物繊維やミネラルも豊富なので、どちらかというと美容に優れているナッツとなっています。

>>ヘーゼルナッツの効果と食べ方

第5位:ピーナッツ

現在の価格はコチラ

ピーナッツの主な栄養素

  • ビタミンB1:0.23mg
  • ビタミンE:18.3mg
  • 不飽和脂肪酸:39.19g

厳密ではナッツでなく豆類ですが、ナッツとして取り扱われているピーナッツ。ポピュラーでありながらも優れた栄養価を持っている食品として、非常に人気が高いです。

ビタミンB1による疲労回復効果やビタミンEによる抗酸化作用によって、老化防止や動脈硬化を予防する効果があります。不飽和脂肪酸であるオレイン酸とリノール酸によって生活習慣病の予防もできますし、ピーナッツの薄皮にはポリフェノールが豊富に含まれているので、抗酸化作用やホルモン促進作用など、飛躍的に栄養価を上げることができます。

>>ピーナッツの効果と食べ方

目的別ナッツの栄養素比較表

目的別ナッツの栄養素比較表

ダイエット・美容・健康、それぞれの目的別におすすめのナッツを比較した一覧表を用意しました。どれくらいそれぞれに差があるのかわかりやすいようになっているので、詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

ダイエット向けナッツの比較表

ダイエットで気になるカロリーや食物繊維、糖質を効率よくエネルギーに変えてくれるビタミンB2を比較しています。

>>ナッツダイエットの効果と方法はコチラ

ナッツの種類 カロリー(100g当たり) 食物繊維 ビタミンB2
アーモンド 598kcal 14.4g 0.9mg
クルミ 674kcal 7.5g 0.25mg
松の実 669kcal 4.1g 0.13mg
カシューナッツ 576kcal 6.7g 0.18mg
ジャイアントコーン 435kcal 10.5g 0.02mg

美容(アンチエイジング)向けナッツの比較表

老化を防止する抗酸化作用を持っているビタミンE、腸内環境を整えることによって肌の調子が良くなる食物繊維、細胞の老化を防止する抗酸化作用がある不飽和脂肪酸の量を比較しています。

>>美容に効果的なナッツの食べ方

ナッツの種類 ビタミンE 食物繊維 不飽和脂肪酸
アーモンド 31mg 14.4g 47.31g
クルミ 1.25mg 7.5g 56.1g
ピスタチオ 27.5mg 9.2g 37.56g
ピーナッツ 18.3mg 7.2g 39.19g
マカダミアナッツ 0.54mg 8.6g 60.79g

健康向けナッツの比較表

肥満に繋がりやすいカロリー、腸内環境を整えてくれる食物繊維、生活習慣病を予防してくれる不飽和脂肪酸の量を比較しています。

>>健康的なナッツの食べ方

ナッツの種類 カロリー(100g当たり) 食物繊維 不飽和脂肪酸
アーモンド 598kcal 14.4g 47.31g
クルミ 674kcal 7.5g 56.1g
ピスタチオ 614kcal 9.2g 37.56g
ヘーゼルナッツ 684kcal 7.4g 60.05g
ピーカンナッツ 701kcal 8.6g 60.4g
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ミックスナッツのおすすめランキング
おすすめ
ミックスナッツ
ナッツダイエットの効果と方法
ダイエット
方法
健康的なナッツの食べ方
健康
食べ方
美容に効果的なナッツの食べ方
美容
食べ方
ナッツの優れた栄養素比較ランキング
栄養素
ランキング