種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

飲むのにおすすめのオリーブオイルランキング

飲むオリーブオイルのおすすめランキング

皆様は飲むオリーブオイルをご存知でしょうか?実はオリーブオイルには健康や美容、ダイエットに効果的であり、オリーブオイルを飲む人が増えています。

しかし、ただ飲むだけではいけません。飲むオリーブオイルを飲むときは適切な飲み方をしないとその成分の効果が激変してしまいます。そんな、オリーブオイルの飲み方と、飲むときにおすすめなオリーブオイルをランキングにして紹介します。

スポンサーリンク

オリーブオイルを飲むのは効果的?

オリーブオイルの効果的な飲み方とは?

オリーブオイルは良い効果を与える食品として注目されています。健康や美容、ダイエット目的で飲む方が増えています。しかし、ただ飲むだけでは効果が得られないので飲み方にも注意しないといけません。

オリーブオイルは体に良い成分がたくさん含まれています。オリーブオイルを飲むことで様々なことであなたの体に良い効果をもたらします。あなたが現在悩んでいる体の症状もオリーブオイルにより解決できるかもしれませんよ。

>>オリーブオイルの栄養成分について

飲むのにおすすめなオリーブオイルランキングを紹介する前に、まずはオリーブオイルを飲むことで得られる効果について紹介しておきます。

オリーブオイルを飲んだ時に得られる効果

オリーブオイルを飲むことで様々な効果が得られます。ある実験で64人が2週間オリーブオイルを飲み続けた結果その内の63人が便秘を解消したという成果があります。適度な量を飲むと小腸内に溜まっている便を排出を促す作用が期待できます。

飲み方としては基本的に食品と一緒に口に運ぶことをおすすめします。オリーブオイルのみで飲んでしまうと栄養面で効果が半減してしまいます。できれば脂溶性ビタミンを含む物と一緒にとれば大きな効果を得ることができます。

オリーブオイルの特徴して上記で説明したように健康面で大きな期待を寄せられています。では上記で紹介した便秘以外にどんなことで期待できるでしょうか?

  • 成人病の予防
  • 血管系の病気の予防
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 抗酸化作用

このようにオリーブオイルほぼ全て良い効果しかありません。もし健康面で改善したいことがあったり、美容面で気を使っている方がいらっしゃったら試す価値ありだと思います。

>>オリーブオイルを飲むだけで得られる美容効果

飲むのにおすすめのオリーブオイルおすすめランキング:TOP10

飲むのにおすすめのオリーブオイルおすすめランキング

飲むオリーブオイルの商品をランキングでご紹介したいと思います。飲みやすいオリーブオイルをおすすめ順に紹介していきますので参考にしてください。

第1位:トザバラス / 早摘み エクストラバージン オリーブオイル

現在の価格はコチラ

飲むオリーブオイルとして最もおすすめなのが、トザバラスの早摘みエクストラバージンオリーブオイルです。

若い状態のオリーブの実を収穫し、酸度0.3%以下という圧倒的な飲みやすさを実現したギリシャ産のオリーブオイルです。なんと、スパークリングワインの中のシャンパンのように、産地呼称指定銘柄にも登録されている至極のオリーブオイルです。

エクストラバージンオリーブオイルの中でも随一の飲みやすさです。健康のためにオリーブオイルを飲むなら、是非試していただきたい逸品。

酸度の低いオリーブオイルは総じて値段が高すぎますが、このオリーブオイルはデイリーユースに最適な価格帯なのもおすすめのポイント!

第2位:オロ・デル・デシエルト / オーガニック エクストラバージン オリーブオイル(アルベキーナ)

現在の価格はコチラ

飲みやすさ重視で選ぶなら、絶対に見逃せないのが「酸度」です。主にエクストラバージンオリーブオイルというのは、オリーブオイルの中でも酸度の低い0.8%以下の物を指しますが、このオロ・デル・デシエルトはなんと、驚異の酸度0.1%です。

それなりにお値段が張るため、人によってはオリーブオイルにこの金額は・・・。隣ってしまうかもしれませんが、懐に余裕があって最高に飲みやすいオリーブオイルが欲しいという人には文句無しでおすすめです。

第3位:カル・サボイ / エクストラバージンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

飲むオリーブオイルおすすめランキングで2位に紹介した商品と同様、こちらも酸度0.1%未満を叩き出す、超低酸度のエクストラバージンオリーブオイル。

スペインはカタルーニャ地方で収穫されたオリーブの実を収穫し、バイブレーションシステムと呼ばれる収穫方法によってオリーブの実を傷つけないまま、飲みやすい低酸度を実現しています。まるでオリーブジュースとも言えるサラリとした口当たりが特長です。

第4位:イスコ / IO(イオ)

現在の価格はコチラ

まるで、青りんごを彷彿とされる新鮮なフルーツの如きフレッシュさと、アーモンドやバナナを思わせるフレーバーを感じさせる素晴らしい完成度のオリーブオイルです。

スタイリッシュなボトルも人気のポイントですが、これもまた光を通さずに品質を長く保つために工夫されたもの。飲むなんてもったいない?という声も聞こえてきそうですが、美味しくオリーブオイルを飲みたいなら、この商品は外せません。

酸度はもちろん、0.1%を達成しています。

第5位:1st ORIGIN / エクストラバージンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

国産オリーブオイルの代名詞と言っても過言ではない、小豆島オリーブ園の生み出す1st ORIGINブランドから、小豆島産のオリーブと、スペイン・エステパ産のオリーブをブレンドし、国内の自社工場で製造した傑作エクストラバージンオリーブオイル。

国内ブランドから出品されているオリーブオイルの中でも、そのまま飲むならこのオリーブオイルが最もおすすめです。

第6位:ディサンティ / エクストラバージン レモンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

飲むオリーブオイルのおすすめランキングで6位に登場したのは、オリーブの実とガルガノ産のレモンを圧搾して作った、ディサンティのレモンオリーブオイル。

オリーブオイルのコクとレモンの風味が合わさり、非常に華やかなフルーツジュースを思わせる味わいです。一般的なエクストラバージンオリーブオイルがあまり口に合わないという人は、是非飲んでみて欲しい一本です。

>>レモンオリーブオイルって何?

第7位:シャトー・ドゥ・モンフラン / エクストラバージンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

ワインなどでは、製造主のことを「シャトー」と呼びますが、こちらはさすが南フランス生まれだけあって、メーカー名も「シャトー・ドゥ・モンフラン」。

まるでワインボトルのようなデザインに身を包んだこのオリーブオイルは、さらっとした口当たりに、ふわりと香るフルーティーさが、オリーブオイルを飲み慣れてない人でも、軽く喉を通せる味わい。初心者におすすめです。

第8位:エーゲの輝き / オーガニック エクストラバージン オリーブオイル

現在の価格はコチラ

トルコ産のオリーブオイルの中でも、特に飲むならコレだ!とおすすめなのが、エーゲの輝きエクストラバージンオリーブオイル。

オーガニック認証を受けたアイバルク種のオリーブを使用し、初摘みオリーブにこだわって作られた低酸度で雑味の少ないオリーブオイルです。メーカーも毎日スプーン1杯分を飲むことを勧めるほどの商品ですし、飲みやすいオリーブオイルを探している人は要チェック。

第9位:クルス・デル ・スール / エクストラバージンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

飲むオリーブオイルおすすめランキング第9位は、チリ産のクルス・デル・スールをご紹介。バランスの良い味わいが飲みやすいオリーブオイルです。

まるで、新鮮なハーブを思わせるフレッシュな香りと、バナナのようなボディ感のある果実系の香り、そして喉を通り過ぎた後に感じるアーモンドのようなナッティテイストのコク。上品でありながら、ほのかな苦味がすっきりと感じられる味わいです。

第10位:ラス・ドスシエンタス / LAS200 エクストラバージンオリーブオイル(ピクアル)

現在の価格はコチラ

非常にすっきりした味わいで飲みやすい南米チリ産ピクアル種のオリーブを使用し、酸度0.2%未満に仕上げたエクストラバージンオリーブオイルです。

ニューヨーク国際オリーブオイルコンペ(通称:NYIOOC)では、2015年にベストオイル賞を受賞するなど、日本国内でも舌の肥えた料理人を中心に注目されてきています。非常にバランスのよく撮れた味わい、普段のオリーブオイルに飲み飽きたらこちらを選んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方