種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

飲んでも良い!オリーブオイルを飲むだけで得られる美容効果!

飲むオリーブオイルをについて

オリーブオイルを飲むと美容にいいというのは聞いたことがある人も多いはず。しかし、飲んだことによりどのような効能があるのか、知っている人は少ないでしょう。

そんなオリーブオイルがなぜ美容にいいのか?どんな効能があるのか?知っていても損をしないオリーブオイルの魅力を徹底解明していきます!

スポンサーリンク

オリーブオイルは飲んでもいいの?

オリーブオイルは飲んでもいいの?

オリーブオイルは、主に調理をするために使われることが多い油です。オリーブの果実や種子を圧砕して石臼でペースト状にします。こうして抽出された油のことをいいます。

食用での用途も非常に多く、オリーブオイルを利用したオイルソースの種類も多いです。オリーブオイルは一種類だけではなく数種類に分かれています。食用だけに使われるのではなく飲むことにより様々な美容効果もあり、女性には人気のオイルとなっています。

誰もが一番気になる点といえば、オリーブオイルを本当に飲んでもいいのかというところです。油なのに余計に太ったりしない?と思う人も少なくないはずです。

結論からいいますと、オリーブオイルを飲んでも問題ありません。ただ、1日の飲む量に気をつけることです。過剰摂取さえしなければ、美容にもダイエットにも効果的なオイルなのです。

>>オリーブオイルの栄養成分について

ごま油やサラダ油は飲んだらダメなのか?

サラダ油もごま油もオリーブオイルのカロリーと似たり寄ったりです。これらの油も飲むことによって、体にいい効果をもたらすのか気になるところです。

サラダ油ですが、飲むことはおすすめできません。サラダ油には多くの薬品が含まれており、それを飲むと体の不調を引き起こす原因となることもあります。特に、産婦人科系や動脈硬化のトラブルのもとになることが多いようです。

一方ごま油ですが、サラダ油と比べると健康効果が全く違います。ごま油は、健康を促す油やビタミンなどが含まれており、体内を綺麗にしてくれる効果があるといわれています。使用する際には商品の選定はもちろんですが、頻度と量にはくれぐれも注意しましょう。

意外と高カロリーのオリーブオイル

健康や美容にもいいといわれているオリーブオイルですが、100gあたり920kcalもあります。意外と思うかもしれませんが、普段使っているサラダ油と比べてもそんなに差はないので、油を買うといったらサラダ油という人の方が多いのかもしれません。

>>太る?オリーブオイルのカロリーについて

とっても簡単!オリーブオイルの飲み方

オリーブオイルの飲み方にもいくつかあります。どんな飲み方が美容に効果的なのかを紹介していきます。

オリーブオイルを飲むタイミング

1日に大匙2杯~3杯程度の30cc~45cc程度のオリーブオイルを、食事の約1時間前くらいに飲みます。カロリーにすると大匙1杯で120kcalになります。

朝食と夕食の前に飲む方法でもいいですし、3杯ならば朝昼晩の食前に飲む方法でもいいでしょう。最大でも大匙3杯にしておきましょう。

ジュースに混ぜて飲む方法

オリーブオイルをそのまま飲むことに抵抗があるならば、ジュースに混ぜて飲むこともできます。油なのでそのままではちょっと…いう人は100%ジュースに混ぜて飲めばスムーズに飲むことが出来ます。

オリーブオイルをただ飲むのではなく、タイミングが重要だということも覚えておきましょう。何度かに分けて飲むこともいいですし、大匙2杯を一度で飲むのも問題ありません。自分のスタイルに合った飲み方を見つけて、継続していけるようにしましょう。

飲むことで得られるオリーブオイルの効能

飲むことで得られるオリーブオイルの効能

美容にいいといわれるオリーブオイルですが、どのような効能があるのか気になる人はたくさんいます。飲み続けることによって体のどの部分にいいのかを知ることにより、モチベーションも高まり飲むことを継続させることができます。

ここでは代表的なオリーブオイルの美容効果を解説していきます。

美肌効果

美容ランキングの第1位といってもいいのが美肌でしょう。女性であれば誰でも美肌に憧れるものです。オリーブオイルを飲むことによって美肌効果が期待でき、乾燥肌やニキビなどの皮膚のトラブルを防いでくれます。また、オリーブオイルには美肌に貢献してくれる成分が豊富に含まれていることから、美肌には非常に効果的とされています。

  • ビタミンA:乾燥肌を改善してくれる
  • ポリフェノール・ビタミンE:アンチエイジングに最適
  • 植物性シクワラン:肌の保湿を維持

オリーブオイルには肌にいいといわれている成分がたくさん入っています。美肌を維持するためにもオリーブオイルは必須アイテムといってもいいでしょう。

>>オリーブオイルの美肌効果と使い方

ダイエット効果

オリーブオイルは食欲を抑える効果があり、ダイエットにもピッタリです。飲むだけで様々な効果が期待でき、ダイエットをする人にとってはとても助けになるオイルです。

  • 基礎代謝が上がり効率良く脂肪燃焼をしてくれる
  • 中性脂肪の予防効果
  • コレステロールを減らしてくれる

食欲を抑えてくれるだけでもダイエット効果がありますが、それだけではなく脂肪燃焼やコレステロールを減らすなどの効果があり、ダイエット効果も抜群です。

>>オリーブオイルダイエットの効果と方法

便秘解消

お通じが悪ければあらゆる面でマイナスになることが多いです。そんな便秘を解消してくれるのがオリーブオイルなのです。オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、腸を活発化させる効果があります。

それだけではなく、便を軟らかくしてくれる効果も期待でき、排泄の助けにもなります。

スポンサーリンク

飲むオリーブオイルを選ぶポイント

飲むオリーブオイルを選ぶポイント

オリーブオイルにも種類があり、ランクも様々です。同じオリーブオイルでも、どんなものがあるのか?どのようなものを選べばいいのか?そのポイントをまとめていきます。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルは色々ありますが、特別なものでない限り、多くはスーパーで購入することができます。日本で良くみかけるオリーブオイルは「ピュアオリーブオイル」や「エクストラバージンオイル」と呼ばれるものです。

美容や健康目的で飲むのであれば「エクストラバージンオイル」がおすすめです。しかし、エクストラバージンオリーブオイルはオリーブオイルの中でも最高級のランクであり、比較的高価な点がネックです。ただ、健康のことを考えれば、やはり少し値が張ってもエクストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

注意点としては、エクストラバージンオリーブオイルと一口に言っても多くの銘柄があり、価格も様々です。中には「偽物」もあるようですので、極端に安いものは避けた方が無難です。オリーブオイルを選ぶ時には良く考えてから選ぶのがいいでしょう。

>>オリーブオイルの種類について

オリーブオイルの選び方

飲む目的でオリーブオイルを選ぶときには、なるべくいいものを選んだほうが健康被害の心配もなくなります。素人がいいものを選ぶことは難しいのですが、選ぶ目安を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • 酸化が進みにくい遮光瓶に入っているもの
  • 酸度が世界基準0.8%以下のもの
  • オリーブオイルが生産されている証明となる、オーガニック認証を受けているもの
  • オリーブ生産場所と瓶詰めされた場所が同じもの

基準はたくさんあり選ぶのは大変ですが、いいものを選ぶおおよその目安なので、必ずしもそれがいいとは限りません。いいものになると、500mlで3000~4000円なんてざらです。

上記のポイントも参考にしていただけるのもいいのですが、選ぶ時には使い切りサイズを選ぶことも重要です。オリーブオイルは酸化が進むと健康にも良くないので、長くても2ヶ月くらいで使いきれるサイズを選ぶようにしましょう。

>>飲むオリーブオイルのおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方