種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

美容・健康効果抜群!良質な油の代表格オリーブオイルとは

オリーブオイルとは

イタリア料理に欠かすことができないオリーブオイルは料理にプラスするだけで風味が増し、更に美味しく仕上がるので常備している方も多いはず。香りの良さだけではな美容健康にも効果があると注目されていますよね。

今やオリーブオイルは馴染みのある調味料となりましたが、いつオリーブオイルが誕生しどのように完成するのか知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。

そこでオリーブオイルの歴史や製法など基礎知識をご紹介します。

スポンサーリンク

オリーブオイルとは?

オリーブオイルとは?

オリーブオイルはオリーブの実から抽出した植物油になります。他の食用油と比較するとオレイン酸を多く含むため、酸化されにくい性質をもっています。

紫外線や熱に弱いので冷暗所に置くなど取り扱いには注意したほうが良さそうです。

>>オリーブオイルの栄養成分について

オリーブオイルの消費・生産

主にイタリアやギリシャなど、地中海に面した地域で消費されることが多く、特にギリシャでの消費量は世界一なので毎日の食事に欠かせないものとなっているようです。

オリーブオイルを主に生産している国はスペインになります。イタリア料理で使用されている印象が強いので少し意外ですよね。スペインに次いでイタリア、ギリシャとされています。これらの地域では食用油の他に、化粧品や薬品としても使用されているそうです。油=オリーブオイルとして、さまざまなシーンで用いられています。

>>オリーブオイルの原産地ごとの特徴

オリーブオイルの製法

オリーブオイルの製法

ほとんどの植物油の製法は加熱工程や溶剤抽出が必要となってきますが、オリーブオイルにはその必要がありません。オリーブオイルの実から果汁を搾って、時間がたつことにより表面に浮かび上がったオリーブオイルを分離するだけの、とてもシンプルな製法となります。

オリーブオイルを効率的に抽出するために、搾った果汁を遠心分離機にかけ一気に抽出していきます。このように抽出されたオリーブオイルは「バージンオリーブオイル」といわれています。

抽出されたオリーブオイルは全て品質が良いとは限りません。オリーブオイルの品質の状態で種類が分かれているので詳しく見ていきましょう。

>>オリーブオイルの種類について詳しくはコチラ

バージンオリーブオイル

オリーブの果実をそのまま抽出したオリーブオイルになります。

エクストラバージンオリーブオイル

バージンオリーブオイルの中でも特に優れた品質で、風味や香りも抜群に良いとされています。酸度は0.8%以下の上質なオリーブオイルとなります。

>>エクストラバージンオリーブオイルについて詳しくはコチラ

ファインバージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルと比較するとやや苦みが強いです。日本での食用油の品質基準は精製されているものが対象なので、日本には輸入されません。

ランパンテバージンオリーブオイル

灯油用」が語源とされており、精製の必要があるため食用には向いていません。酸度3.3%以上のオリーブオイルとなります。

精製オリーブオイル

バージンオリーブオイルの中でも品質が悪いものを脱色や脱臭など精製し、酸度0.3%以下にしたオリーブオイルになります。

精製オリーブポマースオイル

オリーブの実から油を抽出した際に、まだ搾り切れていない油が残ります。その残りの油を有機溶剤を使用し抽出したオリーブオイルになります。

オリーブオイル

精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたオリーブオイルになります。ブレンドしたオリーブオイルのため価格は安くなります。

ピュアオリーブオイル

価格が安いため手頃に購入することができるのでご家庭にあるオリーブオイルはこちらのピュアオリーブオイルが多いのではないでしょうか。オリーブオイルは熱で香りを損なうため、炒め物や揚げ物はこちらの安価なピュアオリーブオイルが適しています。酸度1%以下のオリーブオイルになります。

>>ピュアオリーブオイルについて詳しくはコチラ

オリーブポマースオイル

精製オリーブポマースオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたオリーブオイルになります。このオリーブオイルを販売するときは「オリーブポマースオイル」として表記しなければいけない義務があるそうです。

>>オリーブポマースオイルについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

オリーブオイルが誕生するまで

オリーブオイルが誕生するまで

美容や健康の効能だけではなく歴史を知ることで、今よりも更にオリーブオイルの魅力に惹かれていくはずです。それでは早速オリーブオイルが誕生するまでの過程をみていきましょう。

オリーブオイルの歴史

オリーブオイルの歴史を遡ると人類が初めて口にした油とされるほど、とても古くからオリーブオイルがあることがわかりました。なんと今から約5000年前まで遡ることになり、オリーブの栽培やオリーブオイルの発祥地は地中海沿岸とされています。

オリーブオイルは宗教に用いることがあり、キリスト教では聖書にオリーブオイルが頻繁に掲載されていたり、ギリシャでは教会の灯火用としても使用されているそうです。

古代ローマでは、お祝いの際にオリーブオイルを振る舞う風習があったそうです。また、マシュリクではそのままオリーブオイルを飲んで美容と健康維持に役立てていることがわかりました。

オリーブオイルの栄養価が高く効能が注目されてからは、日本でも料理だけではなくスプーンでそのまま飲んでいる方も増えてきています。

>>オリーブオイルを飲むだけで得られる美容効果とは?

日本における歴史

日本にオリーブオイルが渡ったのは約400年前の安土桃山時代となります。このように日本にも古くからオリーブオイルがあったとされています。明治時代に入るとオリーブオイルを自給するためアメリカの苗木を導入しています。

大正時代には香川県の小豆島で、初めてオリーブオイルを抽出できるほどの大きな実を収穫することができたそうです。こうして国産のオリーブオイルも作られるようになっていきました。

>>小豆島オリーブオイルおすすめランキング

オリーブオイルの用途

オリーブオイルは食用油としてだけではなく、化粧品などの美容関係など様々な用途があるので紹介していきます。

>>オリーブオイルの色んな使い方

化粧品

オリーブオイルはヘアケアやスキンケアとしても活躍してくれます。パサついた髪をサラサラに保ってくれたり、クレンジングオイルとしてはオレイン酸が含まれているため肌に優しく保湿しながら化粧を落としてくれます。肌に合わない場合もあるので必ずパッチテストをして下さい。

>>オリーブオイルの美肌効果と使い方

薬用

オリーブオイルは「オリブ油」として日本薬局方に記載され、肌の保護を目的とする塗り薬として医薬品としても取り扱われています。

>>オリーブオイル石鹸の優れた効果と作り方

工業用

オリーブオイルは塗料などに使用されることもあります。

オリーブオイルの効能

テレビや雑誌でオリーブオイルの特集を見かけることが多くなりました。オリーブオイルには香りだけではなく美容や健康効果があるのも魅力です。

  • 美肌
  • 便秘予防
  • コレステロール低下
  • 抗酸化作用

この他にも美容効果や健康維持をしてくれる作用がたくさんあります。ティースプーン1杯飲むだけでその効果があるといわれているので試す価値はありそうですね。

>>オリーブオイルの美容効果について

>>オリーブオイルの健康効果について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方