種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

コスパ最高!オリーブポマースオイルとは

オリーブポマースオイルとは

オリーブオイルは健康にとても良い油なので、お料理に沢山使いたいところ。でも毎日使うとなると、お値段が気になりますよね。

そのオリーブオイルの中でもお値段が手頃なオリーブポマースオイルをご存知でしょうか?

お安いものだと1リットルあたり500円以下で手に入るものも!

オリーブポマースオイルは普通のオリーブオイルと何が違うのか?またその効果や注意点は?ここで詳しくご説明致します。

スポンサーリンク

オリーブポマースオイルとは?

ポマースオリーブオイルとは

日本で販売されているオリーブオイルは大きく分けて三種類あり、酸度や工程の差で、エクストラバージンオリーブオイルピュアオリーブオイルそしてオリーブポマースオイルに分けられます。

中でもオリーブポマースオイルとは、一度搾ったオリーブの実から再度搾り出したオリーブオイルのことをいいます。

>>オリーブオイルの種類と選び方

オリーブポマースオイルの特徴

他の2種類のオイルに比べてお値段はお手頃ですが、その分酸度が高く(オリーブポマースオイルは1.5%以下。エクストラバージンオリーブオイルは0.8%以下と定められています。)、栄養価が低いことが特徴です。

一方オリーブの独特な風味や癖が少なく食べやすいオイルなので、他のオイル(サラダ油や菜種油など)と同じように使って頂くことができます。

オリーブポマースオイルの作り方

オリーブの実を一番最初に搾ったものをバージンオイルと言いますが、搾って残った実にはまだ油分が残っています。

その油分をある溶剤を使って更に搾り出し、ここで出てきた油分に化学的な加工で精製した上でバージンオイルをブレンドし出来上がったものが、オリーブポマースオイルになります。

こうして作られたオイルは、販売時には必ず「オリーブポマースオイル」と表記しなければならない義務があります。

オリーブポマースオイルの効果

オリーブポマースオイルは他の2種類のオイルに比べると、正直なところオリーブオイル特有の効果にはあまり期待ができません

その分お値段がお手頃なのでサラダ油やキャノーラ油などの安価なオイルと同じように、日常生活に取り入れて頂くとよいと思います。

オリーブポマースオイルの使い方

ポマースオリーブオイルのおすすめの使い方

オリーブポマースオイルの良いところは、なんといってもそのコストパフォーマンスの高さです。

他のエクストラバージンオリーブオイルやピュアオイルより栄養面については劣るものの、油をたっぷりと使う揚げ物炒め物に使う際は、お値段が手頃なオリーブポマースオイルを使いましょう。

販売単位も5リットル以上であったりと、大量にオリーブオイルを使いたい方こまめに買い直すのが面倒な方におすすめです。

また精製されている分どんな料理にも合わせやすいので、和食から洋風まで幅広いジャンルの料理にお使い頂けます。

エクストラバージンオリーブオイルで揚げてしまうと、香りが強過ぎて食材の良さを殺してしまう可能性があります。その点、オリーブポマースオイルでしたら安心して使えます。

また、エクストラバージンオリーブオイルよりも煙の出る温度が高いため、煙を気にせずに高温でカラッと仕上げたい料理にもぴったりです。

>>オリーブオイルを使った揚げ物について

オリーブポマースオイルの注意点

一方で、注意して頂きたい点はオリーブポマースオイルの保存方法です。

オイルは酸素光(紫外線)に触れると酸化しやすくなる特徴があり、特にオリーブポマースオイルは大量に購入しやすい分、長い期間劣化させずにオイルを保存する必要性があります。

ではオリーブオイルが酸化すると、どういった問題が起きるのでしょうか?

元々オリーブオイルは主成分であるオレイン酸の効果で最も酸化しにくいオイルと呼ばれますが、それでも保存状態が悪いと酸化が進みます。そして酸化したオイルは発ガン性物質を含み健康を害する危険性があります。

そこでオリーブオイルのボトルには、オイルの酸化を防ぐために様々な工夫がされています。光を遮断する緑色のボトルだったり、空気に触れにくいキャップで作られている点がそうですね。

安価なオイルは透明のボトルで販売していたりしますが、ここは色つきの容器のものを選びオイルの酸化には十分気をつけましょう。海外ではオリーブオイルを長期間保存するための容器が販売されてますので、そちらを利用するのも一手ですね。

また全てのオイルに言えることですが、高温になりやすかったり直射日光が当たる場所を避け、冷暗所にて保管下さい。冷蔵庫での保存はオイルが凝固し、風味が落ちてしまうのであまりおすすめしません。

>>オリーブオイルの保存方法について

スポンサーリンク

おすすめのオリーブポマースオイル

現在の価格はコチラ

スペインのメーカー、アロで作られるアロオリーブポマースオイル

バージンオリーブオイル(一番搾り)を絞ったスペイン産のオリーブとEU産の高品質なオリーブの実を再度絞ってスペインで精製したこのオイルは、ほのかな辛味が特徴で香りに癖がないため使い勝手が良いオイルです。

揚げ物はもちろん、ドレッシングに使用しても良いですね。

>>コスパで選ぶオリーブオイルおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方