パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

アネージの特徴や評判とおすすめパスタランキング

アネージのパスタの評判

北イタリア・インぺリアで誕生したパスタブランド「アネージ」のパスタはアネージはデュラムセモリナ小麦100%・胚芽入り・テフロンダイス製法にこだわっています。

香り高い小麦と独特のコシを堪能することができ、ビタミンBやミネラルといった栄養も摂ることができる健康的なパスタです。このページではアネージの魅力的な商品をランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

アネージ(Agnesi)とは?

1824年に北イタリアインぺリアで誕生したパスタブランドです。インぺリアはフランスとの国境に近い海岸にある古都でパスタづくりが盛んな地域です。海と山の間にある美しい自然を有する土地で、パスタだけでなくオリーブ栽培も盛んとなっています。ブランドデザインの帆船は創業者パオロ・アネージ氏が上質の小麦を探し求めて世界中を航海したという誇りを表しています。

並々ならぬ小麦へのこだわりを持ってつくられた賜物か、アネージパスタはイタリア消費者連合が出している、パスタの風味・品質持続・堅さ・均一性・密着度の5観点で評価する品質比較テストでディベッラ、ヴォイエロ、プグリアの最高級ブランドに次いで4位にランクインしています。

>>パスタの歴史について詳しくはコチラ

アネージのパスタの特徴

原料は「小麦の卵」と呼ばれる深い味わいが特徴のデュラムセモリナを100%使用しています。さらに、アネージパスタ最大の魅力は「胚芽入り」でビタミンBやミネラルが摂取できるだけでなく独特のコシや香りを楽しむことができます。

また、アネージではパスタの成形の際にテフロンダイス(パスタを成形する際の口金で溝がない仕上がりとなる)で作っているため黄色っぽく、ツルツルとしています。テフロンダイス製法でのパスタは溝がないため乾燥の際に高温で短時間のうちに製品にすることが主流ですが、アネージは中温(70℃)でじっくり乾燥させています。このこだわりで、パスタがゆであがった後もアルデンテの状態(パスタの芯が少し残った理想のゆで上がり状態)を長時間保つことができるのです。

>>パスタの原料や定義について詳しくはコチラ

アネージのパスタに対する良い評価や口コミ

気になるアネージのパスタを実際に食べた人の感想はコチラ

  • コシがあって小麦の味がふくよか。 つるっとした食感。
  • 他のパスタとは比べものにならない歯応え、モチモチ感で噛むほどにうまみがじゅわっとにじみ出る。
  • 味がよくコストパフォーマンスがよい。

他のパスタにはない、コシとモチモチ感が魅力のようです。 他の有名なパスタブランドに比べてコストパフォーマンスがいいというのも大きなポイントですね。

アネージのパスタに対する悪い評価や口コミ

一方でアネージを食べてみたけど微妙だった…という人の意見はコチラ

  • アルデンテで数分短くゆでると固くなってしまい、おいしくない。
  • スープ系のソースにはあまり絡まない。 炒めるとフライパンにパスタがくっつきやすい。
  • 他のメーカーに比べて、麺がのびてしまいやすい。

テフロンダイスで作られているため表面がツルツルしており、ゆでても固かったりソースが絡みにくかったりしてしまうためか、このような意見もありました。

スポンサーリンク

アネージのおすすめパスタランキング:TOP5

デュラム小麦100%、胚芽入りで品質もタンパク質・ミネラルなどの栄養価も高い魅力的なアネージのパスタ。様々な商品を出していますが、このブランドの中で一番おいしいパスタは一体どんなパスタなんでしょうか。アネージの売れ筋・使いやすさから見たTOP5を紹介していきましょう。

>>パスタのおすすめブランドランキングはコチラ

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

第1位:スパゲッティ1.7㎜ / 結束タイプ

現在の価格はコチラ

紐のように細長い定番のパスタ。ミートソースやナポリタン、クリームソースなど幅広いソースによく合うのでとても使いやすいことが特徴です。小麦の風味や歯ごたえの良さ、オイルやソースとよく絡むなどバランスが良いことから1位となっています。

ゆで時間は6分~8分となっていますが10分ゆでても緩いということがなく、思わずゆですぎてしまったという心配がありません。絶妙な太さのため、他の商品に比べてアルデンテが作りやすいです。

第2位: カッペリーニ/ 結束タイプ

現在の価格はコチラ

イタリア語で「天使の髪の毛」と呼ばれる極細タイプのパスタ。細いためゆで時間が4分という手軽さやアルデンテ(パスタの理想のゆで上がり固さ)がつくりやすいという魅力から2位に選ばせていただきました。細いのに歯ごたえもあるというアネージならではの魅力があります。冷製パスタやサラダ・スープの具として楽しむのがおすすめです。

第3位:リングイーネ / 結束タイプ

現在の価格はコチラ

幅約3㎜ほどの細長く平らなパスタで「小さな舌」というイタリア語が由来です。楕円形で弾力がありモチモチとした食感が楽しめる麺のため、ジェノベソース、クリームソースなど濃厚なソースと合わせるのが主流となっています。アネージのリングイーネは胚芽入りのため香り高く、独特のコシが魅力です。パスタそのものの味を楽しむことができる、オイル系やあっさりした和風のソースを試してみるのも良いですね。

第4位 スパゲッティーニ1.5㎜ / 結束タイプ

現在の価格はコチラ

スパゲッティよりやや細いパスタですべるようなのどごしが魅力。多くのスパゲッティーニは1.6㎜がほとんどですが、アネージのスパゲッティーニは1.5㎜とという太すぎず細すぎない絶妙な太さのため、ゆで時間を考えなくても安定してアルデンテに仕上がります。

初心者でも扱いやすいパスタなので、絶対に失敗したくないという人におすすめです。ペペロンチーノなどのオイルソースや、汁気の多いあっさりとした和風ソースの水分もきちんと吸ってくれるためおいしく仕上がります。

第5位: フェットチーネ

     
現在の価格はコチラ

きしめんのように幅広なパスタで、クリームソースやミートソースなど濃厚なソースと絡みやすいです。アネージのフェットチーネは水の代わりに卵を使用しており、香り高いデュラム小麦100%にこだわっているため他社のフェットチーネに比べてコシが強く、よりモチモチ感が楽しめます。

テフロンダイスで作られているためツルツルとした表面が特徴となっています。フェットチーネでは珍しい、イカ墨やペペロンチーノなどのあっさりとしたソースも合うのが魅力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク