パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分

フェットチーネとは?特徴や使い方と美味しいレシピ

フェットチーネの特徴や使い方

平打ち麺の代表格と言われているフェットチーネですが、日本ではまだまだメジャーではありません。

しかしフェットチーネは日本人の口に良く合うと言われています。なぜなら日本人が良く口にするうどんやきしめんは平打ちの麺なので、相性が良いと言われています。

なのでぜひ食べたことのない人にはこの機会に食べていただきたいほどおすすめのパスタです。

ここではフェットチーネの概要からフェットチーネに良く合うレシピなどについて詳しく紹介しています。さらに最後には厳選!美味しいフェットチーネのおすすめランキングを詳しい解説とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

フェットチーネ(Fettuccine)とは?

フェットチーネ(Fettuccine)は硬質小麦粉を卵で練ったり、水を入れて練ったりして作られた平たく薄い麺のことを言い、またタリアテッレよりも幅広と言われています。例外として軟質小麦粉から作られる場合もありますが、基本的には硬質小麦粉に卵と水を入れて作られます。

本場イタリアでは、牛肉のラグーや鶏肉のラグーとともに食べられることが多く、乾燥したフェットチーネも市販で販売されています。

北アメリカでは、チーズ入りのクリームソースで和えたフェットチーネ・アルフレードに人気がありスペインでは、小麦粉と卵にホウレンソウを加えてフェットチーネを作ります。

平打ちパスタの代表格はフェットチーネと言われているほど、ポピュラーなパスタのひとつです。

>>パスタの種類と分類一覧について詳しくはコチラ

フェットチーネの名前の由来

フェットチーネの名前の由来ですが、イタリア語で小さなリボンという意味があり、より正確にはフェットゥッチーネと呼ばれています。

日本人の中には良くフィットチーネと間違えた言い方をしている人がいますが、それは日本人がイタリア語に対して敏感ではないからと言われています。

拙劣なカタカナ表記でも先に出回れば定着してそれがあたかも一番原音にちかいと思い込んでしまいますが、フィットチーネではなくフェットチーネなので注意したいです。

フェットチーネの形状

フェットチーネの形状は平打ちでロングパスタに属します。平打ちパスタは他のパスタの形状よりも種類が少なく、また名前が違うだけでほとんど同じようなものも中にはあるのが平打ちパスタの特徴と言われています。

フェットチーネは4~8ミリぐらいですが、そこは陽気なイタリアン、そんなに厳密ではないようです。インターネットで調べてみると、各パスタメーカーも千差万別です。

タリアテッレとフェットチーネの違い

フェットチーネに非常に似たパスタが存在します。それはタリアテッレと呼ばれ、見た目ではほとんど区別できません。しいていうなら発祥地と麺の太さと原材料が違うことくらいです。

まずタリアテッレはイタリア北部発祥と言われています。一方フェットチーネはイタリア中南部発祥と言われ、地域で名前を区別する人もいるそうです。

麺の太さはフェットチーネのほうがタリアテッレよりも1ミリ~2ミリ太いと言われています。しかし見た目で判断することはほぼ無理と言っても過言ではないでしょう。

そして、一番大きく変わってくるのは、原材料の違いです。フェットチーネは硬質小麦粉と卵や水などを一緒にねって作られているのに対してタリアテッレは軟質小麦粉を使用して作られています。

なぜ使用される小麦粉が違うのかといいますとイタリアでは、中部から北部では軟質小麦、中部から南部では硬質小麦の栽培が広まったとされているからです。

地域で栽培される小麦粉が違うので、両者は使用する小麦粉が違います。

しかし中には例外もありフェットチーネに軟質小麦粉を使用したり、タリアテッレに硬質小麦粉を使用し卵をいれて作られる場合もあります。

フェットチーネの茹で時間

フェットチーネの茹で時間ですが、レストランではパスタの状態によって茹で時間を変えていたりするそうで、大体3分10秒~3分35秒の間と言われています。

自宅で茹でる時は、ブランド毎によって茹で時間が変わってくるためブランド毎の茹で時間に従うことをおすすめしますが、海外のパスタブランドのものは、大体規定の茹で時間よりも2分~3分ほど茹で時間を長くすることで日本人の口に合う食感になると言われています。

スポンサーリンク

フェットチーネに合うおすすめパスタ料理

フェットチーネに合うおすすめパスタ料理ですが、麺は平打ちで1本1本太いためこってり系のソースとの相性が良いと言われています。

トマトソースはどのパスタとも相性が良いのでもちろんフェットチーネとの相性も良いです。また冒頭でも言いましたが、ラグーソースというソース自体が重たいミートソースやボロネーゼソースと一緒にいただくと麺にソースがしっかり絡んでソースの美味しさを更に引き立ててくれると言われています。

都心のローマなどではクリーム系のソースと合わせることも多く、都心ではラグーソースよりもクリーム系のソースと合わせることが多いようです。

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

フェットチーネを使ったおすすめパスタレシピ:厳選3種

ここでフェットチーネを使用したおすすめパスタレシピを紹介していきます。

どんなソースとも相性が良いと言われているフェットチーネですが、その中でも厳選3種を使用する材料などとともに紹介していきたいと思います。

たっぷりきのこのボロネーゼフェットチーネ

たっぷりきのこのボロネーゼフェットチーネ

出典:img.cpcdn.com

  • フェットチーネ
  • しめじ
  • エリンギ
  • まいたけ
  • オリーブオイル
  • ミートソース
  • バター
  • 粉チーズ
  • パセリ

たっぷりきのこを使用したミートソースパスタ。市販のミートソースも一工夫すれば、本格使用のパスタに変身できます!

「レシピ:https://cookpad.com/recipe/4182482

ボンゴレマキアートのフィットチーネ

ボンゴレマキアートのフィットチーネ

出典:img.cpcdn.com

  • あさり
  • 海老
  • チェリートマト
  • イタリアンパセリ
  • 塩、こしょう
  • 白ワイン
  • フェットチーネ

自宅で本格的なパスタを簡単に作れるのでおすすめです!魚介の味がパスタにしっかり絡んでおすすめのパスタです!

「レシピ:https://cookpad.com/recipe/4508702

フィットチーネトマトクリームソース

フィットチーネトマトクリームソース

出典:img.cpcdn.com

  • フェットチーネ
  • オリーブオイル
  • にんにく
  • 唐辛子
  • ベーコンスライス
  • 市販のトマトソース
  • ケチャップ
  • こしょう

トマトクリームソースとフェットチーネが良く絡んで両方の味を更に引き立ててくれます!

「レシピ:https://cookpad.com/recipe/2116460

厳選!美味しいフェットチーネのおすすめランキング

同じフェットチーネでもブランド毎に茹で時間が変わったり、日本のブランドと海外のブランドでは作られている工程が違うため食感が変わったりと様々です。

ここで、数あるフェットチーネから厳選した本当に美味しいフェットチーネをランキング形式で紹介します!詳しい解説とともに紹介するので、気になったものは先ほどのレシピでぜひ調理してみてください。

>>ロングパスタの選び方や使い方について詳しくはコチラ

第1位:オーマイ プレミアム 金のパスタフェットチーネ 300g

現在の価格はコチラ現在の価格はコチラ

オーマイプレミアムのフェットチーネは他のブランドに比べ、値段がとても安い点からリピーターが多いので有名です。

もちもちした食感に、値段を感じさせない美味しさから逸品としてこの順位にさせてもらいました。また日本のブランドなので日本人の口にもよく合うと言われているので、迷いなくおすすめできる商品です。

日本のスーパーでも簡単に購入することが出来るので、手軽に手に入るフェットチーネとして人気があります。

茹で時間は、ブランドが指定している茹で時間よりも短くしたほうが良いらしく、茹で過ぎてしまうときしめんのようになってしまうので茹で時間には注意したいです。

第2位:ガロファロ フェットチーネ 500g

現在の価格はコチラ

こちらのフェットチーネは他のフェットチーネには特徴があります。それは表面がざらついているのでソースが通常よりも絡み、美味しさを逃さないと人気の商品です。

その特徴を活かしカルボナーラ、ボロネーゼ、クリームソースなどどんなソースにも合うので、ソースを選ばずに調理することが出来ます。

さらにイタリア伝統のブロンズダイズから作られたプレミアムパスタとしてイタリアでも親しまれています。茹で時間は他のブランドのものよりも長く11分程がベストな茹で時間と記載されていますが、それよりも長い時間茹でることで日本人好みの食感になると言われているようです。

第3位:パスタジョリー フェットチーネ 500g

現在の価格はコチラ

輸入されているパスタの中では、お手頃なので手に取りやすくリピーターも多いと言われています。特徴としてプロテインを13%含む力強い触感のコシが、美味しさの秘密とも言われています。

またもっちりとした食感は控えめで、下触りがしっかり残りザラザラとした食感を楽しめるのが特徴のパスタです。

しかし普段もっちりとした食感を好む人からするとザラザラとした食感が苦手という人もいるようですが、ざらざらした食感こそがこのブランドの売りで、ソースが麺にしっかり絡んで美味しさを更に引き立ててくれると言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分