パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

フジッリとは?特徴や使い方と美味しいレシピ

フジッリの特徴や使い方

パスタはその形状や茹で加減で歯ごたえなどが変わり、1つ1つが違った味わいとなるため様々な種類が作られています。スパゲッティのような長いものからマカロニのような短いものまで多種多様であることは皆さんもご存知のことでしょう。

ショートパスタの1つであるフジッリは、マカロニに似ていながら、形状は独特であり、食感もユニークです。気になる方もいらっしゃると思うので、こちらではフジッリの特徴や使い方と美味しいレシピをご紹介していきます。

スポンサーリンク

フジッリ(Fusilli)/ スピラーレ(Spirale)とは?

フジッリ(Fusilli) / スピラーレ(Spirale) とは?

まずはフジッリというパスタについてご紹介していきましょう。

フジッリはマカロニなどと同じショートパスタに属するパスタで、その形は螺旋状と独特な形状になっています。それ故に螺旋を意味するスピラーレという名でも呼ばれることがあります。

他にもフスィリやフィスリ、エリーケ、さらに日本ではカールマカロニなど様々な名を持つパスタでもありますが、イタリア語表記が「Fusilli」であることから、正確な表記はフジッリとなるようです。

>>パスタの歴史について詳しくはコチラ

フジッリ(スピラーレ)の名前の由来

そんなフジッリの語源ですが、これはおそらくライフルに用いられている螺旋状の銃砲身から、古いイタリア語でライフルを指す 「fusile」、現代のイタリア語では 「fucile」から来ているとされています。

フジッリ(スピラーレ)の形状

フジッリは先ほども触れましたが、厚い螺旋状のパスタとなっており、大きさとしてはショートパスタに属しています。

素材には小麦粉や水などが使われているのですが、水の代わりにほうれん草やビートジュースを用いることもあり、緑色や赤色のフジッリが作られることがあります。

フジッリ・ブカーティ・コルティ

こちらはフジッリに似たパスタではあるのですが、形状に違いがあり、螺旋の中心に穴が開いたものになっています。

名前自体も穴が開いた短いフジッリと言う意味を持っており、その形状をそのまま表したものになっています。

フジッリ・コル・ブッコ

こちらもフジッリに似て非なるパスタです。ロングパスタを棒に巻き付けてバネ状にしたようなパスタであり、長いフジッリと言う意味で「フジッリ・ルンギ」とも呼ばれるパスタになります。

ロティーニとフジッリの違い

ロティーニというパスタもフジッリに似ています。よく間違えられるのですが、こちらは成形の過程が違い、ねじる際に平らにしてから作るため、全体的にはフジッリより少し太めの見た目となっています。

>>ショートパスタの選び方や使い方について詳しくはコチラ

フジッリ(スピラーレ)の茹で時間

フジッリ(スピラーレ)の茹で時間

そんなフジッリですが、食べるためには茹でなければいけません。そうなると茹で時間は重要となってきます。

フジッリは螺旋状になっているため、短くてもそれなりの太さを持つため、大体平均で9分、およそ8分から10分の時間が必要とされています。

ただこれはあくまで目安であり、メーカーによっても違いがあります。またその日の状態によってもわずかに茹で時間が変わってくるので、硬さを見ながら湯からあげるようにしてください。

茹でる上でのポイント

茹でる上でのポイントもあります。フジッリを含めパスタには下味をつけるために塩を入れます。しかしこれは適当な分量で良いわけではなく、お湯に対して1%の分量となっています。

つまり1L(1000g)のお湯であれば10gの塩を入れる必要があります。これは浸透圧というものに関係しており、こうすることで下味が付くと共に、ソースに絡めた際、水分でソースの味が薄まることを防ぐ役割もあります。

アルデンテのパスタを美味しくいただくためにも、茹で時間だけでなく、塩にも注意して茹でるようにしましょう。

スポンサーリンク

フジッリ(スピラーレ)に合うおすすめパスタ料理

フジッリ(スピラーレ)に合うおすすめパスタ料理

さて、美味しく茹で上がったとなれば、あとは美味しく調理するだけとなります。ただどのような調理が良いのか分からないと手が出せません。

フジッリは螺旋状であることから表面積は広く、ソースなどを絡めやすいため特に味が濃いソースとの相性はいいとされています。

またマカロニのように冷たい料理にも使用しやすいため、冷製パスタにも合います。さらにはスープの中に浮かべていただくのも美味しいとされており、要するに様々な料理に合わせやすいパスタとなっています。

フジッリ(スピラーレ)を使ったおすすめパスタレシピ:厳選3種

とは言え、合わせやすいとなるとどのようなレシピで作ったらいいか迷うところです。そこでここからはフジッリを使ったおすすめパスタレシピを3種類ほどご紹介していきたいと思います。

☆簡単トマトとツナと大葉の冷製フジッリ☆

☆簡単トマトとツナと大葉の冷製フジッリ☆

出典:img.cpcdn.com

  • フジッリ 120g
  • トマト(中) 1個
  • 大葉 5枚
  • ツナ缶 1缶
  • にんにく小 1片
  • オリーブオイル 大さじ1くらい
  • 岩塩 適量
  • ブラックペッパー 少々

トマトとツナで旨味でさっぱりとした味付けをした冷製パスタです。フジッリの食感もあり、歯応えのある料理となっているので、夏にはぴったりのレシピです。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/4005277

ツナとサワークリームのフジッリ

ツナとサワークリームのフジッリ

出典:img.cpcdn.com

  • フジッリ 200〜260g
  • ツナ缶小 2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • サワークリーム(中沢のがベストです) 180g
  • サフラン(パウダー) 少々(1摘み)
  • 塩 適宜
  • 胡椒 適宜
  • オリーブオイル 適宜

サワークリームを使ったレシピもおすすめです。シンプルな味付けではありますが、ツナとサワーの香りが合わさり美味しい料理となっています。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/1786116

ベーコンのフジッリ

ベーコンのフジッリ

出典:img.cpcdn.com

  • ショートパスタ(フジッリ) 160g
  • ベーコン 3枚
  • 玉ねぎ 1/2個
  • イタリアンパセリ 3本
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 白ワイン 大さじ2
  • パルミジャーノ(粉チーズ) 大さじ6
  • にんにく 1片
  • 塩 適量
  • こしょう 適量

ベーコンを使ったオイルソースのレシピも良くあいます。調理自体は簡単なので、材料を集めて是非挑戦してほしい料理です。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/2283986

厳選!美味しいフジッリのおすすめランキング

厳選!美味しいフジッリのおすすめランキング

フジッリを美味しくいただく方法が分かっても、実際にどのフジッリを使ったらいいのか分からない、と言う方も少なくないと思います。

そこでここからは美味しいフジッリのおすすめランキングも併せてご紹介していきたいと思います。

>>パスタのおすすめブランドランキングはコチラ

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

第1位:アルチェネロ / 有機全粒粉フジッリ

現在の価格はコチラ

アルチェネロではオーガニック素材と全粒粉を使ってフジッリを作っています。そのため体に優しく、特に血糖値が気になる方には良いパスタとしておすすめです。

>>人気のアルチェネロおすすめパスタランキングはコチラ

第2位:ラ・モリサーナ / No.28C

現在の価格はコチラ

ラ・モリサーナのフジッリは品質も良く、味や食感に満足されている方が多い商品です。使うなら高品質のものを、と考えられている方におすすめです。

>>人気のラ・モリサーナおすすめパスタランキングはコチラ

第3位:アルチェネロ / 有機フジッリ

現在の価格はコチラ

再びアルチェネロのフジッリですが、こちらは全粒粉を使っていません。しかしオーガニック素材にはこだわって作っているので、価格を気にされるのであればこちらがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク