パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

自宅で簡単麺作り!本格手打ち生パスタの作り方

手打ち生パスタの作り方

市販のパスタもいいけれど、いつも同じで飽きてしまったという方、たまには気分を変えて自分でオリジナルパスタを作ってみるのはいかがでしょうか?そこで、自宅で簡単に手作りパスタを作るために必要な材料からより手作りパスタを美味しく作るためのポイントやアレンジのやり方などをご紹介していきます。

市販されているパスタと違って手作りパスタの良い点は、生地に練りこむ材料や切り方、ゆで方を変えるだけでその時食べたいパスタを自由自在に作れるところです。ぜひ皆さんも色々な種類のパスタを試してみてください。また、自宅でのパスタ作りを手助けをしてくれるおすすめのパスタマシンをピックアップしてみたのでぜひ参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク

手作りパスタの材料

手作りパスタの材料

パスタの材料はペンネなどのショートパスタであっても、スパゲッティなどのロングパスタであっても基本的には同じです。というわけで、まずは全てのパスタの基礎となる生地の材料をご紹介します。以下の材料でおよそ150~180グラム程度のパスタが作れます。一般的に生パスタの場合一人前が130グラム程度とされていますので、人数に合わせて作ってください。

>>パスタ料理が捗るおすすめ便利グッズについて詳しくはコチラ

材料(一人前 )

  • 強力粉(薄力粉):100グラム
  • オリーブオイル(サラダ油):小さじ1
  • 卵:1個(Mサイズ)
  • 塩:小さじ1/3
  • 強力粉(打ち粉):適量

本格的なパスタを作りたいという方には、強力粉(薄力粉)の代わりに、本物のパスタにも使用されるデュラムセモリナ粉を使用して作るのがおすすめです。デュラムセモリナ粉は強力粉や薄力粉に比べ、粒が大きく粗いのが特徴で弾力性に富んでいるため、生地の形成がしやすくコシの強い麺を作ることが出来ます。デュラムセモリナ粉を使用する場合は上述した材料にある強力粉(薄力粉)と同量使用すれば大丈夫です。

ただし、弾力性が強い分、強力粉(薄力粉)に比べこねる時に力が必要です。また、手作りパスタを作る場合は作る量に気を付けましょう。市販の袋詰めされている乾燥パスタが常温で3年持つのに対し、手作り生パスタは冷蔵保存で1日~2日、冷凍保存で約2週間と言われています。ですので、手作りパスタを作る際には作りすぎに注意しましょう。

スパイスやハーブをパスタに練り込むアレンジレシピ

生地から作る手作りパスタの醍醐味と言えばアレンジパスタではないでしょうか?ホウレンソウをミキサーにかけ練りこみ緑色に、イカ墨で黒色に、トマトペーストでオレンジ色のカラフルパスタが作れます。

また、カレー粉、黒こしょう、こしょうなどのスパイスや香菜、バジル、ローズマリー、パセリなどのハーブを入れることによってより風味を出すこともできます。バジルをパスタに練りこむ場合は、バジルが液体状になったジェノベーゼソースが手軽でおすすめです。

他にはじゃがいもをいれることによってニョッキのようにモチモチの麺にしたり、豆乳を加えてヘルシーパスタに、半擦りにしたゴマを練りこむといった方法もあるのでオリジナリティのあるパスタを作ってみてください。

手作りパスタの作り方

手作りパスタの作り方

手作りパスタは以下の4ステップで簡単に作ることができます。

  1. ボールに材料を入れて混ぜる
  2. 生地をまとめる
  3. 生地を寝かす
  4. 好みのパスタの形にする

手作りパスタは生地の厚みや切り方、ゆで方次第でロングパスタからショートパスタまでさまざまな種類のパスタを作ることができます。ステップ4からは、ロングパスタやショートパスタなどの形状に合わせた作り方を紹介していきます。では早速ステップ1から手順を見ていきましょう。

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

step1:ボールに材料を入れ混ぜる

まずは、ボールにオリーブオイルを入れ、フォークやヘラなどで混ぜあわせます。綺麗に混ざったら強力粉(薄力粉)を入れ、手でよく練り混ぜましょう。

step2:生地をまとめる

ボールの中の粉がぼそぼそしてきたら、周りの粉を混ぜ込みながら耳たぶくらいの硬さになるまで押しまとめます。この時、まとまりづらければ少しを追加しましょう。

生地がまとまり伸びるようになってきたら二つ折りにし、ボールの中で伸ばして折るを繰り返しながら生地を練りましょう。餅つきのように、伸びたら折るを繰り返すとコシのある生地になります。

step3:まとめた生地を寝かす

パスタの生地がまとまったら、まとめた生地をラップに包み1時間程、室温で休ませます。生地を寝かせることによって水分が全体になじみ、表面が滑らかで伸びの良い生地になります。

作った手作りパスタをすぐに食べたい場合は、この生地を寝かせている間にソースを作っておくのがおすすめです。

step4:好みのパスタに合わせて生地を伸ばす、切る、茹でる

ここまでが、どのパスタを作る時にも共通する工程です。ここからは自分の作りたいパスタに合わせて変えていきましょう。生地を伸ばす時は、生地がくっつかないように生地と麺棒両方に均等に打ち粉をしましょう。そして、生地を切った後も生地がくっつかないようにたっぷりと打ち粉をしておきましょう。

以下で、フェットチーネ風、スパゲッティ風、ペンネ風と、パスタの形状に合わせた仕上げの方法をご紹介していきますので、好みの形状に合わせて確認して見てください。以下にない形のパスタでも、作り方を覚えればご自身でアレンジしてオリジナルのパスタを作ることができます。

フェットチーネ風

フェットチーネは平たく薄いのが特徴なので、生地を4等分し、厚さがは約1ミリになるまで伸ばします。その後、伸ばした生地を四つ折りにして、5ミリ幅で切ります。フェットチーネは表面積が広い分くっつきやすいので、鍋ははできるだけ大きいものを使用し、たっぷりの水で茹でましょう。

この時、少量のオリーブオイルをいれるとよりくっつきにくくなります。ゆで時間の目安は面の太さにもよりますが、約2~3分程度がおすすめです。

スパゲッティ風

スパゲッティをつくる場合、どうしても手だけでは断面図が円形状の麺をつくるのは困難です。本格的なスパゲッティを作りたいという場合はパスタマシンを使用しましょう。

しかしパスタマシンを使わずとも円状に近づくことは可能です。生地の厚さを1.5〜2ミリ程度にし、断面を正方形にすることでそれっぽい形状に仕上がります。スパゲッティ風に加工したパスタのゆで時間の目安としては、約2分~2分20秒程度がおすすめです。

ショートパスタ風

ペンネやオレキエッテといったショートパスタも手作りできます。ここでは、ショートパスタの中でも最も手作りしやすいオレキエッテの作り方をご紹介します。

生地を4等分にしてから、太さ直径1センチ程度になるまで細長くのばします。そして、細長く伸ばした生地を2センチくらいに切ります。切った生地の上に人差し指と中指をのせ手前に(体の方に)引きます。このサイズのショートパスタであれば、ゆで時間の目安としては約1分50秒~2分10秒程度がおすすめです。

ちなみに、手作りパスタは市販のものとは違い形や厚さには大きな個人差が出てしまうため正確なゆで時間は決まっていません。基本的には芯が無くなったら茹であがりのサインなので、茹でる際はお鍋から眼を離さないよう小まめに確認しましょう。

スポンサーリンク

美味しい手作りパスタを作るポイント

美味しい手作りパスタを作るポイント

  • 生地は耳たぶくらいの硬さになるまでこねる。
  • こねる時、伸ばして折るを繰り返す。
  • 生地を切った後はたっぷりと打ち粉をしておく。
  • 手作りパスタを茹でる際はいつもより多めの水で茹でる。
  • 茹で時間は正確な目安がないので、こまめに味見をして麺の固さをチェックする。
  • 茹でた麺を一度冷水で締め、もう一度熱湯に通すことでコシを出すことができます。

パスタマシンの選び方

パスタマシンの選び方

手作りならではの太さがばらばらのパスタも味わいがあっていいですが、やっぱり等間隔等幅なパスタにも憧れますよね。そこで使いたいのが「パスタマシン」。パスタマシンを使うと市販のスパゲッティのような円形状のパスタはもちろん、うどんやそばなど様々な種類の麺類を自宅で簡単に作ることが出来ます。

パスタマシンと一口に言っても大きさや仕組みに様々な種類があります。後ほどおすすめのパスタマシンをご紹介しますが、まずはパスタマシンの種類と選ぶ際のポイントについて確認しておきましょう。

パスタマシンの種類

パスタマシンには大きく分けて「ローラー+カッター式」「押し出し式」の2種類があります。この二つにはこねた生地を麺状にする際の仕組みに違いがあります。これによってパスタマシンの大きさにも違いが出てきますので、それぞれ方式ごとのメリットやデメリットを確認して、どちらのタイプが自分に合っているのか考えてみるのがおすすめです。

ローラー+カッター式パスタマシンの特徴

ローラー+カッター式パスタマシンの特徴はその名の通り、こねた生地を平らに伸ばすローラーと、伸ばした生地を手元のハンドルで回しながら均一な太さの麺状に切り分ける為のカッターがついたものです。自分が作りたい物に合わせて生地の厚さや太さを調整することができます。パスタマシン初心者の方には、押し出し式よりも生地がちぎれにくいためローラー+カッター式の方がおすすめです。

押し出し式パスタマシンの特徴

ローラー+カッター式と比べて、圧力を加えることでパスタのコシが強くなるというメリットがあり、手作りパスタ好きな方々に愛用者の多いパスタマシンがこの形式です。

押しだし式パスタマシンは筒状になった容器の中に生地を入れ、伸ばさずにそのままところてんを作る時のように手で圧力をかけ生地を押しだして麺を作ります。こちらは容器先端の押しだし口のアタッチメントを付け変えることによって麺の食感を調整することが出来ます。また、ローラー+カッター式に比べコンパクトな為、収納に便利でできるだけ場所をとりたくないという方におすすめです。

パスタマシンを選ぶときのポイント

パスタマシンにはローラー+カッター式と押し出し式の2種類があることを踏まえ、次は実際にパスタマシンを購入する際のポイントについてご紹介します。パスタマシンを選ぶ際のポイントは大きく分けて3つあります。
一つ目はパスタマシンに付いてくるカッターの数の多さと後からカッターを追加することが可能かどうかです。パスタに特化したものや、うどん、ラーメンが作れるものなど各メーカーによって、付属のカッターの種類や本数が異なります。ちなみに、日本製のパスタマシンの方がイタリア製パスタマシンに比べカッターの種類が多いです。
二つ目は電動手動かどうかです。パスタマシンには材料を入れるだけで生地を練るところから切るところまで全て自動でやってくれる電動パスタマシンと、自分の手でハンドルを回して麺を作る手動タイプのものがあります。パスタをより簡単に早く作りたいという方には電動パスタマシンがおすすめですが、手動のパスタマシンも生地が出来上がるまで全てを自分でやるので味わいがあっていいですね。
そして最後は価格です。パスタマシンには簡単に試すことができる手頃な値段のものからプロの料理人さんが使用する為の高額なものまであります。初めてパスタマシンを購入されるという方にはまず手頃な価格で購入出来るパスタマシンがおすすめです。
 

おすすめパスタマシン厳選3種

おすすめパスタマシン厳選3種

麺棒だと薄くなるまで時間もかかるし、均一にパスタを切るのは難しいですよね。そこで、自宅でより簡単に楽しく美味しい手作りパスタを作りたいという方におすすめのパスタマシンを厳選して3種類ご紹介します。

パスタマシンが自宅に一台あれば、お子様と一緒にパスタ作りができたり、アレルギーが気になるという方でも材料から自分でパスタを作ることが出来ます。先ほどパスタマシンの選び方についてご紹介しましたが、結局どれを買えばいいの?とお困りの方も多いと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ベルソス(VERSOS) / 洗える製麺機 ウマくてご麺 プラス

現在の価格はコチラ

こちらは手動ローラー+カッター式のパスタマシンです。イタリア製のパスタマシンは金属でできているため水洗いできないものが多いのですが、このマシンはカッターが樹脂でできているためカッター部分までまるごと水洗いできて衛生面でも安全かつ、お手入れが簡単というところが最大の魅力です。

付属のカッターは2.3.4.9ミリの4種類があるため、パスタに限らず、うどん、そば、中華麺、生パスタ、餃子の皮、パイ生地なども自宅で簡単に作ることができます。また、テーブルに固定できる器具が付いており、力をかけた際にパスタマシンが倒れるという心配もございませんので、お子様と一緒にパスタ作りがしたいという方にもおすすめの逸品です。

YIXIN / 回転式パスタマシン

現在の価格はコチラ

手動押し出し式パスタマシンです。手動押し出し式の最大の魅力はなんといっても使い方が簡単でコンパクトなため収納に便利なところです。こねた生地をそのまま機械に入れ押し出すだけで麺ができるため本当に簡単です。

そして、ローラー+カッター式に比べると比較的値段が安く電気代もかからないため、コストを低く抑えたいというかたにはおすすめです。また、5種類の押し出し口が付いているためうどんやお蕎麦にも対応出来ます。

インペリア(imperia) / SP-150

現在の価格はコチラ

こちらはパスタの本場イタリアでも高い人気を誇る、伝統あるパスタマシンブランドのローラー+カッター式パスタマシンです。洗練されたスタイリッシュなデザインでインテリアとしても利用でき、プロも使用する本格派にもってこいのロングセラー商品です。

ただ、日本製のものに比べ値段が少々お高めなのと、パスタの本場イタリアに合わせた商品であるためうどんやお蕎麦用などのカッターがついておらず、2ミリと6.5ミリの2種類のみしか付属していませんが、パスタ作りのみが目的であればさほど困ることはないでしょう。スチール製の為水洗いは出来ませんが元の作りがしっかりしているため、しっかりお手入れすれば長年使用することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク