パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分

スパゲッティとは?特徴や使い方と美味しいレシピ

スパゲッティの特徴や使い方

日本でもパスタとして馴染み深いのがスパゲッティですが、その特徴や規定などをご存知の方は意外にも少ないようです。ご家庭でもよく使われるものだけに、それらを知っておくことで、調理の仕方なども変わってきます。

スパゲッティを使用した料理も多く、現在では様々なレシピが公開され、突き詰めれば美味しい食べ方もたくさんあります。そこでこちらではスパゲッティの特徴や使用方法、美味しいレシピなどをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

スパゲッティ(Spaghetti)とは?

スパゲッティ(Spaghetti)とは?

スパゲッティと言えば皆さんもよく食される細長いイタリアンの麺類と言うイメージがあると思います。本場イタリアでも様々な料理で使われていますが、日本でも数多くの調理が施され、美味しくいただくことができます。

そんな日本ではスパゲティーと呼ばれることもありますが、イタリア語でspaghettiと表記され、日本でも正確にはスパゲッティが正しい呼び方と表記になりますので、そちらもおさえておきましょう。

ちなみにスパゲッティを含むパスタを生麺で作る場合は、小麦粉、水、塩、鶏卵が使われますが、保存もきき家庭でよく使われる乾麺の場合はデュラムセモリナ粉と水で作ることをパスタ生産者には義務付けられています。

>>パスタとスパゲッティの違いについて詳しくはコチラ

スパゲッティの名前の由来

そもそもスパゲッティの名前の由来はイタリア語で「ひも」を意味するspagoに縮小辞が付いたspaghettoの複数形に当たります。この縮小辞とは指小辞とも言われ、日本語で言うところのきれいに「小」を付けて小ぎれいと表現する、この「小」のような語のことを言います。

日本では先述したようにスパゲティーやスパゲッティー、スパゲティとも表記されますが、先ほども触れたようにこれらは日本での別名とも言える存在であり、正確にはスパゲッティになります。

スパゲッティの形状

先ほども触れましたが、スパゲッティは断面が円形で細長いひも状のパスタのことを言います。ロングパスタに属し、2.0mm程度の太さのものをスパゲッティと呼称します。

つまりは太さによって名前が違い、他にスパゲッティより太いものや細いものが存在します。それらはヴェルミチェッリやスパゲッティーニ、フェデリーニ、カペリーニに分けられます。

また同じロングパスタであれば種類は増え、スパゲッティや上記の4つを含む全15種類にまで分けることができます。他のパスタについては関連ページをご用意していますので、そちらも確認してみてください。

パスタとスパゲッティの違い

さて先ほどからスパゲッティの話をしていますが、幾度かパスタと言う名称も使わせていただいています。最近はパスタとスパゲッティを混同される方がいらっしゃいますが、この2つには当然違いがあります。

先ほどからご紹介していますが、スパゲッティはデュラム小麦のセモリナを使った円形の断面を持つ麺を指し、その太さは2.0mm前後のものになります。それに対してパスタはこのスパゲッティを含む様々な形状や太さのもの全ての総称となります。他に有名なものではマカロニもこのパスタに含まれます。

パスタの方がおしゃれに聞こえ、またどのような種類の料理を食べてもパスタと言っておけば間違いはないのですが、名前は正確に覚えておいた方が良いです。

>>ロングパスタの選び方や使い方について詳しくはコチラ

スパゲッティの茹で時間

スパゲッティの茹で時間

スパゲッティを美味しくいただくには茹で時間が重要になってきます。しかも生麺と乾麺では茹で時間が違い、太さによっても違いが出てきます。

先ほど太さは2.0mm程度とご紹介しましたが、実際には1.8~2.0mmまで含まれるため、購入されるであろうそれぞれの太さで茹で時間に違いが出てきてしまうのです。

まずは生麺ですが、これはスパゲティの状態で変わりますが、大体2分から2分20秒程度になります。これに対して乾麺は以下のようになります。

  • 1.8mm:10分
  • 1.9mm:11分
  • 2.0mm:12分

ただしこちらも状態によって多少違いが出てきます。生麺ほどではありませんが、好みもありますので、茹で時間の目安が近づいたら1本取り出して食べてみましょう。

茹でる上でのポイント

茹でる上でのポイントもあります。スパゲッティを含めパスタには下味をつけるために塩を入れます。しかしこれは適当な分量で良いわけではなく、お湯に対して1%の分量となっています。

つまり1L(1000g)のお湯であれば10gの塩を入れる必要があります。これは浸透圧というものに関係しており、こうすることで下味が付くと共に、ソースに絡めた際、水分でソースの味が薄まることを防ぐ役割もあります。

アルデンテのパスタを美味しくいただくためにも、茹で時間だけでなく、塩にも注意して茹でるようにしましょう。

乾麺を生麺のようにするテクニック

テレビ番組などでも時々取り上げられてますが、乾麺を生麺のような食感にする方法があります。これは乾麺がまるまる浸せるようなタッパーなどに水を入れ、そこに乾麺が浸るように入れて置き、1時間待つだけです。

こうすることで乾麺が水を吸い、生麺のような食感を得られ、さらに茹で時間も生麺と同じ2分程度で良くなります。ただあくまで生麺「のような」食感、なので期待しすぎは良くないですが、乾麺に飽きたら試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

スパゲッティに合うおすすめバスタ料理

スパゲッティに合うおすすめバスタ料理

さて、アルデンテに茹で上げたスパゲティがあっても、それに絡めるソースが無ければ話になりません。ではスパゲティにはどのようなソースが合うのでしょうか。

その答えはなかなか難しいです。と言うのも、スパゲッティは基本的にどのようなソースに似も合わせやすい太さなのです。

強いて言えば味が濃いソースとの相性は抜群で、それらのレシピが多く存在します。しかし使い勝手の良さから、様々なソースや料理でスパゲッティを目にすることが多いのも事実なのです。

そのため味が濃いソースを中心に、パスタ選びに困ったらとりあえずスパゲッティと考えても失敗はないでしょう。

スパゲッティを使ったおすすめパスタレシピ:厳選3種

とは言え、スパゲッティを美味しく食べられるレシピが知りたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

そこでここからは具体的なおすすめレシピをご紹介していきます。スパゲティのレシピに困った場合は、こちらを試してみてもいいかもしれません。

定番☆なすとベーコンのトマトパスタ
 

定番☆なすとベーコンのトマトパスタ 出典:img.cpcdn.com

  • なす 2本
  • 玉ねぎ 1個
  • ベーコン 2枚
  • トマト缶(ホールでもカットでも) 1缶
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル 大さじ3~
  • コンソメ顆粒 小さじ2(固形なら1個)
  • 塩 小さじ1/2
  • はちみつ(または砂糖) 小さじ2
  • 乾燥バジル 適宜
  • あら挽き胡椒 適宜
  • パスタ(お好みのものを) 人数分

トマトソースはスパゲッティの中でも鉄板になります。その中でも隠し味などがあり、美味しく調理できるレシピとしてこちらをおすすめします。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/1513461

牛乳で簡単!ツナと玉ねぎのクリームパスタ

牛乳で簡単!ツナと玉ねぎのクリームパスタ 出典:img.cpcdn.com

  • パスタ 200g
  • ツナ 1缶
  • 玉ねぎ 1/2個
  • バター 20g
  • 牛乳 300cc
  • コンソメ(顆粒) 小さじ1
  • 小麦粉 大さじ1
  • 塩胡椒 適量
  • パセリ(みじん切り) 適量

クリームパスタも定番中の定番と言えるでしょう。こちらは材料も比較的少ないため、簡単に作ることができることからおすすめのレシピです。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/3576359

きのこ&ベーコンの和風バターしょうゆスパ

きのこ&ベーコンの和風バターしょうゆスパ 出典:img.cpcdn.com

  • スパゲッティ 300g
  • きのこ(いろいろ) たっぷり
  • ベーコン 2枚
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 2片
  • バター 10g
  • 醤油 大さじ3
  • 万能ねぎ 10本

日本で生まれた和風パスタもスパゲッティを美味しくいただくには適したレシピでしょう。少し濃い味付けにはなっていますが、調整次第で好みの味に変えやすいレシピでもあります。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/1675901

厳選!美味しいスパゲッティのおすすめランキング

厳選!美味しいスパゲッティのおすすめランキング

スパゲティとなると商品もかなりの数のものが販売されています。そこでここからは美味しいスパゲッティのおすすめランキングもご紹介しておきます。

>>パスタのおすすめブランドランキングはコチラ

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

第1位:バリラ / No.5

現在の価格はコチラ

コストパフォーマンスが良く、評価も高いのがこちらの商品です。バリラ自体もパスタメーカーの中では有名であり、鉄板の商品となっています。

第2位:ディ・チェコ / No.12

現在の価格はコチラ

ディ・チェコもパスタメーカーとしては有名です。まとめ買いではなく、小分けで美味しいスパゲッティを購入したいのであればおすすめです。

第3位:ガロファロ / スパゲッティ

現在の価格はコチラ

ガロファロは全粒粉を使ったオーガニックにこだわるメーカーです。多少高いですが、天然物の素材にこだわるのであればおすすめの商品になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分