パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

ヴェルミチェッリとは?特徴や使い方と美味しいレシピ

ヴェルミチェッリの特徴や使い方

パスタの中でも細長いロングパスタをイメージされる方は多いと思います。実際に自宅で使うものの多くがこれであり、その調理法も多いため、こだわる方も少なくありません

このロングパスタのイメージからスパゲッティを挙げられる方も多いと思いますが、実は規定によって区分され、スパゲッティではないものもあるのです。

ロングパスタを選ぶのであれば、その種類をしっかりと把握して特徴を知り、それに合う調理を選ばなければ美味しくいただけません。こちらではその1つであるヴェルミチェッリの特徴や使い方と美味しいレシピをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ヴェルミチェッリ(Vermicelli)とは?

ヴェルミチェッリ(Vermicelli)とは?

それではヴェルミチェッリとは何なのか、そこからご紹介していきましょう。名称としてはヴェルミチェッリでイタリア語では「Vermicelli」と表記されますが、他にもスパゲットーニという別称も存在します。

こちらのパスタは見た目こそスパゲッティと同じですが、太さに違いがあるのです。具体的には後述しますが、それ以外の見た目などはほとんど同じです。見た目からも少し太いかな?と思う程度でしょう。

使用される素材としても乾麺にはデュラムセモリナ粉と水、生麺では小麦粉、水、塩、鶏卵と他の多くのパスタと同じものとなっています。

>>パスタの歴史について詳しくはコチラ

ヴェルミチェッリの名前の由来

名称であるヴェルミチェッリ(Vermicelli)にはどのような由来があるのでしょうか。これはその太さからミミズやヒルのような長い虫という意味の「ヴェルメ」(verme)が由来となっています。これにイタリア語特有の指小形を付けることで「小さいヴェルメ」の意身を表すVermicelliという名になったと言われています。

ヴェルミチェッリの形状

ヴェルミチェッリは、先述したようにスパゲッティ同様に形状はほぼ同じ細長いロングパスタに属します。断面も円形でシンプルなのが特徴と言えるでしょう。

ただ太さは2.1mmから2.2mmと少し太めであるというは同様の形状を持つ物との違いとなります。

スパゲッティとヴェルミチェッリの違い

ここまでもかなり振れてきましたが、スパゲッティとヴェルミチェッリは見た目こそ同じで太さがわずかに違うだけです。

ヴェルミチェッリは2.1~2.2mmなのに対して、スパゲッティは2.0mm前後とかなり近い太さとなっています。それ故に見た目にも違いをはっきりと見つけるのは難しいですが、違いとしてはその太さで分類されます。

ただしイタリアのナポリではスパゲッティやスパゲットーニも含み、全てヴェルミチェッリと呼ばれることが多いそうです。

>>ロングパスタの選び方や使い方について詳しくはコチラ

ヴェルミチェッリの茹で時間

ヴェルミチェッリの茹で時間

ヴェルミチェッリを含むパスタはその生地の厚さや太さから茹で時間が変わってきます。ヴェルミチェッリはパスタの中でも太めなので茹で時間はかなり長い方です。

  • 2.1mm:13分
  • 2.2mm:14分

メーカーによっても違いがあるので、あくまで太さからの目安になりますが、これぐらいの時間をもとに茹で上げるとアルデンテに仕上げやすくなります。

また生麺であれば、2分半ほどの時間で茹で上げることができます。ただし生麺の場合は湿度などの関係でシビアなため、この時間を目安にその都度硬さを確認して、湯からあげるようにすることをおすすめします。

茹でる上でのポイント

茹でる上でのポイントもあります。ヴェルミチェッリを含めパスタには下味をつけるために塩を入れます。しかしこれは適当な分量で良いわけではなく、お湯に対して1%の分量となっています。

つまり1L(1000g)のお湯であれば10gの塩を入れる必要があります。これは浸透圧というものに関係しており、こうすることで下味が付くと共に、ソースに絡めた際、水分でソースの味が薄まることを防ぐ役割もあります。

アルデンテのパスタを美味しくいただくためにも、茹で時間だけでなく、塩にも注意して茹でるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヴェルミチェッリに合うおすすめパスタ料理

ヴェルミチェッリに合うおすすめパスタ料理

パスタは太ければ太いほど味が濃いソースに合いやすくなります。スパゲッティより僅かですが太いヴェルミチェッリは、当然このようなソースによく合います。

そのためクリーム系やチーズ系のソース、あるいはトマトを中心としたミートソース、オイル系であれば風味が強いバジルソースなどとの相性がいいパスタとなります。

ヴェルミチェッリを使ったおすすめパスタレシピ:厳選3種

そんなヴェルミチェッリを美味しく食べる具体的なレシピを知りたい、と言う方もいらっしゃると思います。そこでここからは実際にヴェルミチェッリを使用したおすすめパスタレシピを3種ご紹介させていただきます。

イタリア産生ハムとブロッコリーのパスタ

イタリア産生ハムとブロッコリーのパスタ

出典:img.cpcdn.com

  • ヴェルミチェッリ 100g
  • サンダニエーレ産生ハム 2枚
  • ブロッコリー 1/3株
  • EXオリーブオイル スプーン4杯
  • パルミジャーノ スプーン2杯
  • バター 10g
  • バジル 2枚
  • 塩(粗粒) 少々
  • 香りのEXオイル 少々
  • 黒胡椒 少々

オイル系という事でさっぱりした味付けにはなっていますが、生ハムの塩味が絶妙に絡み合う美味しいパスタです。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/3422909

くり-むきむちぱすた。

くり-むきむちぱすた。

出典:img.cpcdn.com

  • 昆布茶 小さじ1/6
  • 塩 小さじ1/5
  • 白菜キムチ 80g
  • 生クリーム 大さじ2
  • ヴェルミチェッリ140g

キムチが好きなのであれば、こちらもおすすめです。味付けは昆布茶とキムチのみで出来るので非常に簡単なのもポイントです。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/126880

夏にピッタリ♪コンソメジュレの冷静パスタ

夏にピッタリ♪コンソメジュレの冷静パスタ

出典:img.cpcdn.com

  • トマト1個
  • モッツァレラチーズ 1/2個
  • バジル お好み
  • 生ハム お好み
  • パスタ 2人分
  • 塩こしょう 少々
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 湯 300cc
  • コンソメキューブ 1個(顆粒の場合は小さじ2)
  • ゼラチンパウダー 5g

ヴェルミチェッリには珍しい冷静パスタのレシピです。本来ならあまり向かないのですが、チーズを使った味付けが美味しかったためご紹介させていただきました。

レシピ:https://cookpad.com/recipe/3978263

厳選!美味しいヴェルミチェッリのおすすめランキング

厳選!美味しいヴェルミチェッリのおすすめランキング

レシピが分かったところで、実際に作りたいと言う方はヴェルミチェッリ自体も購入しなければなりません。ここからは美味しいヴェルミチェッリについてもランキング形式でご紹介していきたいと思います。

>>パスタのおすすめブランドランキングはコチラ

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

第1位:ディ・チェコ(De cecco)/ No.170

現在の価格はコチラ

コストパフォーマンスが良い商品としておすすめしたいのがこちらになります。ディ・チェコはパスタメーカーとしても有名であり、安定の美味しさがある商品です。

>>人気のディ・チェコパスタランキングはコチラ

第2位:ガロファロ(Garofalo)/ ヴェルミチェッリ

現在の価格はコチラ

その太さにもちもち感が美味しいガロファロのヴェルミチェッリです。美味しさとしてはこちらもおすすめです。

>>人気のガロファロのおすすめパスタランキングはコチラ

第3位:ディ・マルティーノ / No.5

現在の価格はコチラ

こちらは少し価格が高めなものの、低温でじっくり乾燥させているので茹でた時にもっちり感が出て美味しい商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク