本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

おすすめの美味しい大吟醸(日本酒)5選

美味しい大吟醸5選

美味しい日本酒といえば大吟醸、そう思っている人も多いのではないでしょうか?近年では様々な醸造方法も増えて魅力が満載の日本酒ですが、大吟醸として作られた日本酒は今でも根強い人気を獲得しており日本酒の定番となっています。

今回はそんな大吟醸の日本酒について解説しつつ、買って損のない本当に美味しいおすすめの大吟醸を厳選して5種類紹介します。美味しい大吟醸の日本酒を探している人は必見です。

スポンサーリンク

そもそも大吟醸って何?

日本酒は大きく分けて「純米の日本酒(純米系)」と「醸造アルコールを添加した日本酒(本醸造系)」の二つがあります。醸造アルコールを添加した日本酒の中で"吟味"して"醸造"した最高峰の日本酒にたいして「大吟醸」という言葉が使われます。

「本物の日本酒は純米だ!」という意見も見受けられますが、醸造アルコールを添加した日本酒の味というのは、現代(特に40代以上)の日本人にとっては慣れ親しんだ味わいであり、大吟醸こそが最もおいしい日本酒だと感じる人も多いでしょう。

味わいとしても、純米系の日本酒より辛口な物が多く、ドライでスッキリとしながらもインパクトの強いのが本醸造系の特徴であり、中でも日本酒の雑味になりやすいお米の部分をそぎ落として醸造された大吟醸は、純米大吟醸と並んで日本酒の最高ランクとして知られています。

>>日本酒の種類について詳しくはコチラ

飲んでおきたい!おすすめ大吟醸はコレ!

日本酒の最高ランク「大吟醸」は、その名の通り高級な物が多く値段も高価なものが多い為、飲んだこともない日本酒となるとなかなか手が出ない価格だったりします。

そこで今回は、さんざん飲み比べてコレは美味しい!と感じた大吟醸酒を紹介しますので、ぜひ機会があれば飲んでいただきたいと思います。もちろん探してでも飲む価値のある日本酒として胸を張ってお勧めできる逸品揃いです。

黒縄(十四代)/大吟醸

現在の価格はコチラ

産地:山形県
日本酒度:+4(辛口)

日本酒通の間でも人気を獲得しており、今最も検索されているブランドといえば「十四代」。このブランドが地元の山形県内で流通させるときに使用している名前が「黒縄」であり、今や"幻の日本酒"なんて異名を持っていたりします。非常に高価です。ですが飲む価値はあります。

是非とも「純米以外の日本酒は偽物だ!」などと考えている純米酒マニアに飲んで欲しい逸品であり、あなたの中の"純米酒神話"は音をたてて崩れる事でしょう。

山田錦の完璧なバランスは全日本酒の中でもピカイチであり、大吟醸でありながら穏やかで派手すぎない芳醇な香りと、しっかりとした深みのある味わい、食中酒としても大変良い仕上がりです。

黒龍/大吟醸 龍

現在の価格はコチラ

産地:福井県
日本酒度:+4(辛口)

あの幻の純米大吟醸と言われる「石田屋」の風格がほんのりと感じられる銘酒であり、口に含んだ瞬間に涙が出るような感動を味わえる低温長期熟成の大吟醸酒です。

リンゴやメロン、パインなどを思わせるフルーティーで複雑な香りは精米歩合40%の山田錦、「飲みやすくて美味しい日本酒」という一言では片付けられない、まるで水晶玉のような角のないスルリと感じる甘みは、現代で評価される大吟醸の一つの回答と言える逸品。

八海山/大吟醸

現在の価格はコチラ

産地:新潟県
日本酒度:+5(辛口)

米どころの日本酒はうまい、新潟の日本酒はうまい、そんな新潟の日本酒を日本に広めた先駆け的な存在といえば八海山です。それは今なお高く評価されており、日本酒好きでなくても名前を知っているブランドの1つである事は間違いありません。

大吟醸作りを全ての酒の基本とした「八海山」の原点とも言えるこの大吟醸、昨今もてはやされているインパクトの強い濃厚で芳醇な味わいの日本酒とは違い、飲み疲れしない"燻し銀"の日本酒らしさが感じられる逸品、まさに私たちが求めている日本酒の味はこの大吟醸であると言える銘酒。

出羽桜/大吟醸 雪漫々

現在の価格はコチラ

産地:山形県
日本酒度:+5(辛口)

"吟醸酒といえば出羽桜"と言われるほど日本酒好きの間では語り継がれる名門の蔵元であり。限定品のため蔵元かインターネットでしか購入することが困難となってしまっている幻の大吟醸がこの「雪漫々」。

この日本酒を注いだ酒器を口元に持って来れば、フルーティーで甘い香りから飲むことを我慢できなくなっていまいますが、ぐっとこらえて一度じっくり香りを楽しんでいただきたいところ。そしてなめらかな口当たりと日本酒度+5とは思えない米の甘みにスキッとした喉越しに、思わず言葉が出なくなるような極上の大吟醸酒です。

手取川/大吟醸 吉田蔵

現在の価格はコチラ

産地:石川県
日本酒度:+5(辛口)

大吟醸が1800mlで3000円を切るなんて、本当に美味しいのか不安になるかもしれませんが、この大吟醸は超美味しい大吟醸として胸を張っておすすめできる逸品。地域限定での販売のため、酒屋さんなどではあまり見かける機会がないかもしれませんが、手取川のベテラン杜氏である「山本蔵」の技術伝承のために、「吉田蔵」の若き杜氏が心血を注いで生み出した大吟醸は、まさに今を生きる大吟醸と言える逸品です。

すっきりとした味わいと、大吟醸らしい華やかで清涼感のある香りを持っている日本酒で、「もう散々日本酒は飲んできた」そんなあなたにもお勧めしたい若き日本酒であり、「これから日本酒を知っていきたい」そんなあなたと一緒に成長していける今注目の大吟醸と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング