本当に美味しい焼酎が見つかる
ピントルの焼酎専門ページ

よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング

手軽に出来るコーヒー焼酎の作り方

コーヒー焼酎の作り方

コーヒーと焼酎の組み合わせと聞いて驚かれる方も多いかもしれませんが、元来コーヒーとアルコールの相性は良いとされており、世界的にもアイリッシュ・コーヒーやカフェ・ロワイヤルといったカクテルがあります。

ここでは焼酎にコーヒー豆を入れるだけで、どなたでも美味しく楽しめる簡単コーヒー焼酎の作り方について紹介していきます。自宅で簡単に出来るものなので是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コーヒー焼酎の作り方

コーヒー焼酎の作り方

コーヒー焼酎の作り方はいたって簡単。コーヒー豆を焼酎の瓶に入れるだけなのでご自宅で誰でも気軽に簡単に作ることができます。ここではそんなコーヒー焼酎の材料や容量などを紹介してきます。

コーヒー焼酎の材料

まずは焼酎です。どんな焼酎を選ぶかについてはその人の好みとなってきますが、まずは原材料の香りが極力抑えられた甲類を選ぶ方が無難です。もちろん乙類でも良いので色々試してみるとよいでしょう。

コーヒー豆の量もお好みとなりますが、目安としては100mlあたり5g程度から始めるとよいでしょう。お店に普通に売られている焙煎されたコーヒー豆を使います。

コーヒー焼酎の材料選び

コーヒー焼酎の材料選びと言っても、使うのはコーヒー豆と焼酎だけです。ですからそこまで深く考えず、自分の好みのコーヒー豆、焼酎を選ぶようにするとよいでしょう。

また焼酎に関しては前述した通りで、基本的には甲類を選ぶ方がコーヒーの香りを素直に楽しみやすいということは言えるでしょう。しかし乙類の焼酎を使うことでコーヒーの香りとの絶妙なバランスを楽しむこともできます。これはコーヒー焼酎の魅力の一つとも言えるでしょう。

UCCのホームページでは芋焼酎に合わせたコーヒー豆、米焼酎に合わせたコーヒー豆などを紹介しているのでそちらも参考にすると良いでしょう。

コーヒー焼酎の作りの注意点

一般的な1.8リットルの甲類焼酎を使って作る場合はおよそ90gから100g程度のコーヒー豆を焼酎の瓶に入れます。この際少しだけ焼酎を出さないと、コーヒー豆を入れた時にあふれてしまうので注意しましょう。

焼酎の瓶にコーヒー豆を入れた段階ではコーヒー豆は浮いていますが、徐々に豆が水を吸っていくことで沈んでいきます。どれくらい浸けるかというのはお好みですが、最低でも豆が沈むまでは浸けておきます。

その後は、ご自身のお好みです。コーヒーの風味を濃くしたければそれだけ長い期間浸けます。3日間程度できれいな茶色になってくるので一度味見をしてみるとよいでしょう。

コーヒー豆は浸けて置くとどんどん黒くなっていくので、これ以上コーヒーの風味を濃くしたくない場合は、豆を取りだす必要があります。その際はコーヒーフィルターなどを使って他の容器に移しましょう。

コーヒーフィルターでコーヒー焼酎を濾さない場合は、豆と一緒に入った粉が出てしまいます。注ぐ際には注意して注ぐようにするか、注ぐたびにコーヒーフィルターで濾すと粉が入らずにコーヒー焼酎を楽しむことが出来るでしょう。

コーヒー焼酎の飲み方

出来あがったコーヒー焼酎は、水割り、ロックなど通常の焼酎と同じようにその味わい、香りを楽しむことが出来るでしょう。もしも普段コーヒーは甘くして飲んでいるという方であれば、氷砂糖やガムシロップなどを加えて飲むとよいでしょう。また、ミルクを入れて飲むミルクコーヒー風味のコーヒー焼酎もおすすめです。

その他のコーヒー焼酎の作り方

その他のコーヒー焼酎の作り方

ここまでは焼酎の瓶に、焙煎したコーヒー豆を直接入れてつくるコーヒー焼酎を紹介しましたが、それ以外にも豆を挽いて作るコーヒー焼酎や、もっと簡単に缶コーヒーを使ってつくるコーヒー焼酎もあるので紹介していきます。

コーヒー豆を挽いて作るコーヒー焼酎

焙煎したコーヒー豆をそのまま入れるコーヒー焼酎以外にも、コーヒー豆を挽いてもコーヒー焼酎を作ることはできます。ただしこの場合には出来たコーヒー焼酎を必ず濾すという作業が必要になるので注意しましょう。

挽いた豆で作ると、そのままの豆でつくるよりも短時間でコーヒー焼酎が出来上がります。って取り早く一杯分だけでも飲みたいという時にも使えるので、手軽に飲みたい方にはおすすめです。

缶コーヒーを使って作るコーヒー焼酎

こちらは缶コーヒーと焼酎を混ぜるだけの簡単コーヒー焼酎です。この場合はコーヒー焼酎というよりも、単純にコーヒーと焼酎のカクテルと言う方が正しいでしょう。こちらも手軽で簡単にコーヒーと焼酎の香りを楽しめるのが特徴と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング