【最初の一杯】初心者におすすめなウイスキーランキング

初心者 ウイスキー

ウイスキーと聞くとどのような味を連想するだろうか。これまであまりウイスキーを飲んだ事の無い人ならあまり味の違いを意識せず、どれも似たような味なのではないか?と考えるのでは無いだろうか。

それで今回は味の違いを意識しながら美味しく飲める、初心者におすすめなウイスキーランキングを紹介します。

初心者におすすめなウイスキーランキング

  • 第3位:サントリー/白州
  • 第2位:マッカラン/12年
  • 第1位:グレンリベット/12年

第3位:サントリー/白州

現在の価格はコチラ

このウイスキーは日本のウイスキーを知るという意味で重要なので初心者におすすめです。サントリーといえば日本で本格的にウイスキーを作った最初の会社です。最初の蒸留所は京都の山崎に有り、山崎の初代工場長はニッカウイスキーの創設者、鶴亀さんです。

このサントリーは今から10年以上前にスコットランドのボウモア蒸留所を買収しました。それは単に蒸留所を金銭で買い取ったというだけではなく、山崎蒸留所の工場長を派遣し、ウイスキー作りを指導する事を意味していました。

そのことからもサントリーの実力を窺い知る事ができます。それで何故初心者の方に、山崎では無く白州をお勧めするかと言うと、白州にはスモーキーな味わいと香りがはっきり表れているからです。サントリーの歴史と、きっと初心者の皆さまのウイスキーに対して持っているイメージと違う、スモーキーな味わいを楽しんで下さい。

第2位:マッカラン/12年

現在の価格はコチラ

このウイスキーはとにかく美味しいと評判なので初心者におすすめです。このウイスキーの美味しさがどのように表現されているかと言うと、シングルモルトのロールスロイスと言われています。もちろんロールスロイスを飲んだり、食べたりした人はいませんが、言いたいところは解りますね。

ウイスキーの本場と言えば、言わずとしれたスコットランドです。スコットランドの中にもウイスキー、ここで言うウイスキーとはシングルモルトのことですが、シングルモルトが造られている地域は幾つかに大きく区分けされています。

その中でも最も多く蒸留所が有るのはスペイサイドです。このマッカラン12年はそのスペイサイドで造られています。そして、何と言っても特徴的なのはシェリー樽で仕込まれているところです。ウイスキーを飲みながらシェリーの二アンスを楽しんでください。

第1位:グレンリベット/12年

現在の価格はコチラ

このウイスキーはスコットランドの歴史を楽しめるウイスキーなので初心者におすすめです。スコットランドには昔、イギリス政府による禁酒法が有りました。その禁酒法が解かれて最初に政府によって認可された蒸留所がグレンリベット蒸留所です。

このグレンリベット蒸留所もスペイサイドに有ります。スペイサイドと言うのはスペイ川のほとりに有る事を意味しています。ウイスキーを造るには水が大量に必要なので川のほとりに蒸留所が有るのは頷けますね。

ウイスキーには様々な味が有りますが、グレンリベット12年は最も古い蒸留所という意味で、味の基準に成ると思います。味わいも、しっかりとしたコクと良い意味での甘味が有り、フレーバーもしっかりとしています。是非、歴史の伴う深みを味わってください。

 

ウイスキーの事をもっと知りたい人は、ピントルのウイスキー専門ページへ!
>>ウイスキー専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

facebook

ページ上部へ戻る