【セレブ】お金持ちにおすすめなウイスキーランキング

お金持ち ウイスキー

お金持ちだからこそ味わえるこだわりの味、香り、色、歴史がウイスキーにはある。そのウイスキーは思い出を蘇らせ、思い出を作る。

そのようなウイスキーを求めている、お金持ちにおすすめなウイスキーランキングを紹介します。

お金持ちにおすすめなウイスキーランキング

  • 第3位:スプリングバンク/21年
  • 第2位:ゴードン&マックファイル/スミスズ グレンリベット51年 1961 レアビンテージ
  • 第1位:ローズバンク/12年(花と動物)

第3位:スプリングバンク/21年

現在の価格はコチラ

お金持ちの皆さんも昔苦労した経験が有るのではありませんか。もしかしたら今も陰ながら苦労しているかもしれません。ここで紹介するスプリングバンク21年はそのような皆さんの苦労を、甘い思い出として蘇らせる事のできるウイスキーなのです。

21年もの熟成を重ねると、様々な表現で表すことのできる甘味、香りをイメージできる事と思います。しかしこのウイスキーの裏には塩を感じさせる味わいが有るのです。それはスプリングバンク蒸留所の立地に関係があります。この蒸留所はキャンベルタウンという海沿いの地域に有り、海から来る塩の風味を生かして造られているのです。

ですから、あなたがこのウイスキーを飲む時、今得ている幸せを21年の熟成に感じ、これまでの苦労を塩気に感じる事ができるでしょう。そうです、このウイスキーは人生を振り返ることができるウイスキーなのでお金持ちにおすすめです。

第2位:ゴードン&マックファイル/スミスズ グレンリベット51年 1961 レアビンテージ

現在の価格はコチラ

ウイスキー業界に瓶詰業者なるものが有る事をご存じでしょうか。つまりは蒸留所を持たず、様々な蒸留所から蒸留した酒を買い取り、自分たちなりに熟成させてから瓶詰し販売している業者のことです。ゴードン&マックファイル社はその瓶詰業者の老舗です。

その老舗業者がシングルモルトの老舗グレンリベットを51年熟成させ売りに出しているのです。ちなみにグレンリベットの歴史を簡単に振り返りますと、イギリス政府によって発令された禁酒法が解かれた後、最初に認可された蒸留所がグレンリベット蒸留所です。

因みに、この”スミスズ”シリーズはロングセラー商品で、ライオンの絵がトレードマークになっていて、マニアには涎物です。これまでの紹介でも解って頂けると思いますが、このウイスキーは歴史を深く味わえるウイスキーなのでお金持ちにおすすめです。

第1位:ローズバンク/12年(花と動物)

現在の価格はコチラ

ウイスキーの本場スコットランドとはいえ、悲しい事に次々と蒸留所が閉鎖されていっています。ここで紹介しているローズバンク蒸留所も、1993年に惜しまれつつ閉鎖されてしまいました。このローズバンク蒸留所はスコットランドの南の地域、ローランドと呼ばれるところに蒸留所が有りました。

ローランドに有る蒸留所の特徴は3回蒸留させてから樽に寝かせるというところです。3回蒸留すると雑味は無くなるものの味が薄く成るイメージが沸きますが、ローズバンクはしっかりとしたコクがあり、ローズバンクというネーミングのイメージ通り、華やかな香りを楽しむことができます。

ウイスキーとの出会いは一期一会です。蒸留所はいつか無くなり、飲む者の心にその味わい、思い出だけが残るのです。そうです、このウイスキーはお金の有るあなたの心に残して頂きたいウイスキーなのでお金持ちにおすすめです。

 

ウイスキーの事をもっと知りたい人は、ピントルのウイスキー専門ページへ!
>>ウイスキー専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

facebook

ページ上部へ戻る