【輝け!】新入社員におすすめなビールランキング

新入社員 ビール

「コスパ重視!毎日飲めて、新入社員の懐にもやさしいビール」 今回は低料金だけどクオリティーは高い、ハイブリッドなビールを紹介いたします。ちなみに、今回のビールには「発泡酒」「第3のビール」もふくみます。

大丈夫!毎日飲んでも満足のいく一杯です。では、新入社員におすすめなビールランキングを紹介します。

新入社員におすすめなビールランキング

  • 第3位:サッポロ / 極ZERO
  • 第2位:キリン / 淡麗グリーンラベル
  • 第1位:サントリー / 金麦

第3位:サッポロ / 極ZERO

現在の価格はコチラ

350㎖×24本=3,271円 一本あたりは136円とお財布に優しい設定値段です。毎日晩酌をする方にとっては、切っても切れないのが「メタボ対策」。そんな方々のために満を持して登場したのが極ゼロでしたね。

世界初の「プリン体0.00」と「糖質0」を実現した極ZEROは、広告では<ゴクゴク飲める爽快なのどごしにより磨きを。味わいはもちろん、より自然な香りやビールテイストらしい豊かな泡もちを実現>とある通り、これらの部類の中では一番がんばっているかもしれません。

しかし、毎日飲んでいると、ノンアルコール飲料か?と思われるような味の薄さが気になるかも。しかし、「プリン体0.00」と「糖質0」です。そこは目をつむって楽しむことと致しましょう。文字通り、背に腹は代えられませんから。

第2位:キリン / 淡麗グリーンラベル

現在の価格はコチラ

350㎖×24本=3,250円 一本当たりは135円とお買い得。キリンの親分「一番搾り」は一本191円するので、30%もお得。箱買い(24本)すれば、淡麗3,250円、一番搾り4,584円と、圧倒的な差が出てきます。毎日飲む方の多くは箱で買うので、この差は魅力ですよね。

さて、気になるお味の方ですが、本家の「淡麗」よりおいしいかもしれません。
一般的に糖質0プリン対0のお酒って、何か物足りない・水っぽい飲みごたえになってしまうものですが、「淡麗グリーンラベル」は違います。ラベルにもありますが、<フローラルな香りが特長のアロマホップの使用比率を20%増量し、飲みごたえと後味の良さを実現>は読んで字のごとし!糖質を75%カットした分以上に、香り・飲みごたえ・後味の良さが引き立てられているのです。さすがキリン!

このビールは、発泡酒よりもビールらしいお酒なので、新入社員におすすめです。

第1位:サントリー / 金麦

現在の価格はコチラ

350㎖×24本=2,767円 一本当たりなんと驚きの115円!ミネラルウォーターよりも安いんです。

金麦は第3のビールではありますが、これを透明のグラスに注ぐと、淡い琥珀色かつクリーミーな泡立ち、まるでその様子はビールさながら。いや、これはもうビールです(笑)。泡立ちはとても良いけれど、すぐに消えてなくなります。毎日飲むのには、ちょうど良い泡立ち・泡消えと言えます。

また、芳醇な穀類の香りがし、苦みはかなり控えめです。味について言いますと、キリンラガーの苦みは苦手、アサヒスーパードライのキレもちょっとキツイという人には最適。ちょうどそのミドルタイプにあたるお酒と言えるでしょう。隣に「檀れい」さんがいなくとも十分に毎日満足できるお酒です。

このビールは、コスパ最高・味も最高なので、新入社員におすすめです。

 

ビールの事をもっと知りたい人は、ピントルのビール専門ページへ!
>>ビール専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

facebook

ページ上部へ戻る