【修羅の国】福岡県民におすすめなナッツランキング

福岡県民 ナッツ

男子の生存率1%。15歳まで100回の死闘を繰り返し、生延びた者にしか生を許さぬ恐るべし国…。今まで架空の話と言われていた修羅の国が、なんと日本に実在した!

そんな修羅の国、福岡の実態を探り見えてきた事実をもとに、福岡県民におすすめなナッツランキングを紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡県民におすすめなナッツランキング

  • 第3位:殻付き アーモンド
  • 第2位:殻付き クルミ
  • 第1位:殻付き マカダミアナッツ

3位:殻付き アーモンド

現在の価格はコチラ

福岡には「手りゅう弾110番報奨制度」が敷かれ、各家庭の傘立てにはロケットランチャーが立ててあると言う。平和ボケしたこの日本で、まさにここは特別行政区と言ったところか。

男子の生存率が1%とは大袈裟だろうが、日本の中においては著しく低いに違いない。

今日でさえ男子の誕生を喜ぶ風潮が息づく中、息子を持つ福岡の親たちはさぞ複雑な心境であろう。男子が生まれたら生延びる術を教え込む。親ができるのはそれくらいだ。

強い男になってくれ。その一心で。

福岡県民が乳児に最初に持たせるおもちゃ。それはウサギのにぎにぎではなく殻付きのアーモンドである。そのせいか、2歳の時点で福岡の子どもと東京の子どもでは、握力に大きな差が生まれている。

2歳と言えど彼らは既に、生存を賭けた熾烈な闘いの中に生きているのだ。

2位:殻付き クルミ

現在の価格はコチラ

ここは福岡県北九州市の某中学校。2年1組は意外にも全員が椅子に座って授業を受けていた。しかし何かが異常だった。教室に響き渡るカリカリという音。しかも音の出どころは一カ所ではない。

どうやら男子生徒全員が音の発信源のようだ。よく見ると彼らは手の中でクルミを転がしている。一体どの年齢を境にしてアーモンドからクルミへ変わるのだろうか。

授業が終わり、私は目の前にいる男子生徒に声をかけた。中学生とは思えないガタイの良さ。どことなく北斗の拳に出てくる雑魚キャラ、ジードを思い出させる。

「なんかちゃ?おっさん。あ?いつからクルミをにぎにぎしよんかて?そんなん生まれた瞬間からに決まっとろーが。」

彼らはアーモンドをにぎにぎしていた事を覚えていないのだろうか。それとも虚勢を張ってそう言っただけなのか。

カリカリ音を鳴らしながら、いつの間にか周りを囲んでいる生徒たち。彼らの中にまだ青い、しかし確実に灯った修羅の炎が見えた気がした。

1位:殻付き マカダミアナッツ

現在の価格はコチラ

爽やかな秋晴れの9月某日、私は市内のとある小学校の運動会に潜入した。爽やかな天気とは裏腹に、あちこちではドスの効いた罵声が飛び交っている。

その日は、ある確信を確かめるためにここへやって来た。私はゆっくりと歩きながら父兄たちの手に注目した。

やはり。彼らも常に何かをにぎにぎしている。直接聞くのはためらわれ、せめて優しそうな男性を探した。しかし彼らは皆一様に修羅の目をしており、私のささやかな願いなど簡単に打ち砕かれた。途方にくれていると足元に、黒くて小さな丸い物を見つけた。

マカダミアナッツだ!マカダミアナッツの殻と言えば、万力のような殻割りが必要なほど、この世で最も固い木の実だ!そうか、大人はマカダミアナッツにぎにぎなのか!

まだまだ深い福岡県民とナッツの関係を、これからはさらに踏み込んで取材しなくては。その時リレーのスタートを知らせるピストルとは明らかに違う銃声が鳴り響いた。

 

ナッツの事をもっと知りたい人は、ピントルのナッツ専門ページへ!
>>ナッツ専門ページはコチラ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る