初心者から上級者まで美味しく飲める
ピントルのウイスキー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
初心者はまず世界5大ウイスキーを飲みましょう
初心者
おすすめ
飲みやすいウイスキーの人気ランキング
飲みやすい
ランキング
まろやかで甘いウイスキーの人気ランキング
まろやか
ランキング
美味しくて安いウイスキーの人気ランキング
安くて旨い
ランキング
プレゼント向けウイスキーの人気ランキング
プレゼント
ランキング

モルト?グレーン?ウイスキーの原料の違いと特徴

ウイスキーの原料の違いと特徴

様々なウイスキーを見ていると、モルトウイスキーやシングルモルトウイスキーなどから、グレーン、ブレンデッド、さらにはライやコーンなどの言葉を見かける事が多くなります。そこで今回はウイスキーの原料の違いと呼び名の違いを紹介していきます。

スポンサーリンク

原料の違いよるウイスキーの分類と特徴

ウイスキーは原料として使われる素材の種類で様々な呼び方がされています。日本国内ではモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーが中心に好まれていますが、その他にも様々な種類や呼び名があるので詳しく解説していきたいと思います。

モルト・ウイスキーの原料と特徴

基本的にモルト・ウイスキーというのは大麦を原料としたウイスキーの呼び名です。しかし蒸留所の場所によって商品表記に関する定義が国ごとに違うので紹介します。

>>日本産ジャパニーズウイスキーの特徴と魅力

スコッチウイスキーにおけるモルト・ウイスキーの定義

スコットランドで製造されるスコッチウイスキーでは大麦麦芽(モルト)のみを原料とし、単式蒸留釜で2回から3回蒸留させたもので、少量生産には適している方法です。

アメリカンウイスキーにおけるモルト・ウイスキーの定義

アメリカ合衆国内で製造されるアメリカンウイスキーでは大麦が原料の51%を占める。つまり大半が大麦麦芽原料で作られるウイスキーの事をモルト・ウイスキーと呼びます。

モルトとシングルモルトの違い

スコッチウイスキーにおけるシングルモルトは、1つの蒸留所で作られたモルトウイスキーのみで作られた物を言います。アメリカンウイスキーにおけるシングルモルトは、大麦麦芽のみを原料に作られたウイスキーの事を言います。

グレーン・ウイスキーの原料と特徴

ウイスキーの原料にトウモロコシやライ麦、小麦等を主原料に作られたウイスキーの事で、連続式蒸留器を使用して蒸留するため、モルトと比べると香りや味が乏しい事が多い。通常はブレンデッド・ウイスキーとして合わせて使用する事で風味を和らげる効果を狙います。

しかし、長期熟成を行ったグレーン・ウイスキーもあり、これもまた特徴的で素晴らしく、比較的稀少なため、なかなかお目にかかる事はありませんが、一度は試して頂きたい一品と言えるでしょう。

ブレンデッド・ウイスキーの原料と特徴

日本国内でも最も流通し愛好者の多いウイスキーがブレンデッド・ウイスキーです。ブレンドしたウイスキーでブレンデッドウイスキーという呼び名が使われています。

スコッチウイスキーにおけるブレンデッド・ウイスキーの定義

スコットランドで製造されるスコッチウイスキーでは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした物の事をブレンデッド・ウイスキーという呼び名で定義しています。

アメリカンウイスキーにおけるブレンデッド・ウイスキーの定義

アメリカ合衆国で製造されるアメリカンウイスキーでは、ストレートウイスキーに他のウイスキーもしくはスピリッツをませた物をブレンデッド・ウイスキーという呼び名で定義しています。

ライ・ウイスキーの原料と特徴

世に売り出されているライ・ウイスキーの大半は北アメリカを中心に作られていて、ライ麦を主原料に作られたウイスキーの事をライ・ウイスキーと呼んでいます。

>> カナダ産カナディアンウイスキーの特徴と魅力

コーン・ウイスキーの原料と特徴

トウモロコシを原料として作られるウイスキーの事をコーンウイスキーと呼びます。しかしその大半はバーボンウイスキーと呼ばれ、そのバーボンウイスキーの中でも、原材料80%以上をトウモロコシで作成したウイスキーをコーン・ウイスキーと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
初心者はまず世界5大ウイスキーを飲みましょう
初心者
おすすめ
飲みやすいウイスキーの人気ランキング
飲みやすい
ランキング
まろやかで甘いウイスキーの人気ランキング
まろやか
ランキング
美味しくて安いウイスキーの人気ランキング
安くて旨い
ランキング
プレゼント向けウイスキーの人気ランキング
プレゼント
ランキング