あなたが好きなのは赤?白?
ピントルのワイン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング

ワインを楽しめるワイングラスの種類と特徴

ワイングラスの種類

ワインと飲む時には、やはり普通のコップではなくワイングラスを使うという方が多いのではないでしょうか。そんなワイングラスも実は様々な形や種類があり、それぞれに特徴があります。

そのワインの本当の美味しさを引き出すために、ワイングラスの選び方にこだわる方もいらっしゃるでしょう。このワインにはこのグラスという決まりごとがあるわけではありませんが、ワイングラスの種類や特徴を知れば、もっとワインを楽しむことができます。

ここではそんなワイングラスの種類や形ごとの特徴、選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

ワイングラスの形状と名称

ワイングラスの様々な形状、種類の前に基本的なワイングラスの各部位の名称を確認しておきましょう。それぞれ各部分の形には意味がありますので基本的な部分だけまずはおさえておきましょう。

ワイングラスの形状と名称

  • ①【リム】

リムと呼ばれる場所で、唇が直接触れる部分となります。直接接触する部分ということでワインの味を決める場所と言っても過言ではないでしょう。リム部分の直径がボウル部分直径よりも小さい方が、ワインの香りをより長く留めておくことが可能です。

  • ②【ボウル】

ワインが注がれた時に、ワインが留める部分をボウルと呼びます。ワインの香りを決定づける上で非常に大切な部分であると言えるでしょう。ボウル部分の高さや広さ、グラスのカーブの角度によってワインの香りが変わりるでしょう。

  • ③【ステム】

ワイングラスを支える部分となります。多くの方はこの部分を持ってワインを飲みます。この部分が長いほど手で持った時の体温がワインに影響しないと言えるでしょう。

  • ④【プレート(フット)】

ワイングラスの足とも言えるべき部分です。テイスティングの時にはこの部分をもって行います。

ワイングラスのボウル部分について

多くのワイングラスのボウル部分と言うのは、二つのカーブが描かれています。もっとも膨らんだ部分から下に向かっているカーブと、上に向かってく部分のカーブです。

上部のカーブはワインを口に注ぐ際のスピードと量が、下部分に関してはワインが持つ香りの広がり方に違いが出てくるでしょう。この部分の形状の違いによってワイングラスの種類が分かれています。次の項目でそれぞれの種類と特徴について紹介します。

 

ワイングラスの種類と特徴

冒頭部分でも紹介しましたが、ワイングラスにはいくつかの種類がありそれぞれに特徴があります。形状の違いによってワインの味わいや香りに変化が出てきますので、ここでその種類いや特徴について確認しておきましょう。またワイングラスごとにおすすめのワインの種類についても紹介してきますので参考にしてみてください。

ブルゴーニュ型ワイングラス

ブルゴーニュ型ワイングラス

 

その名の通りブルゴーニュワインを飲むのに適したワインです。ピノ・ノワールに代表されるブルゴーニュワインは、繊細な香りを楽しむ赤ワインとして親しまれています。よってこのようなボウル部分が広いタイプのワイングラスに注ぐことで空気に触れる面積が広くなり、香りをしっかりと引き出すことが出来ます。

また甘味や苦味を感じる舌の先端部分が先にワインに触れることで、舌の両端にある酸味を感じる部分が直接触れないようにしている。このことから酸味が強めのブルゴーニュに向いたワイングラスとなっています。

現在の価格はコチラ

 

ボルドー型ワイングラス

ボルドー型ワイングラス

こちらもその名の通り、ボルドーワインに適したタイプのワイングラスとなっています。フルボディで渋みが強めの赤ワインと非常に相性が良いでしょう。

ボディが程よくカーブすることで複雑な香りを整えるとともに、口に注いだ時にワインが広い幅で広がることによって酸味を感じる部分にも舌が触れ渋みをやわらげつつもワインのしっかりとしたボディを味わうことが出来るでしょう。

現在の価格はコチラ

 

シャンパングラス

シャンパングラス

シャンパンを代表とするスパークリングワインを飲むために用いられるグラスがこちらのシャンパングラスです。縦に長細い形状にすることで、シャンパンを注いだ際の泡を楽しむことができます。

またこの形にすることで炭酸を抜けにくくする効果があるので、炭酸系の飲み物と相性がよいグラスであると言えるでしょう。

>>シャンパングラスの種類とおすすめはコチラ

現在の価格はコチラ

 

白ワイングラス

白ワイングラス

冷やした白ワインを飲む際に適しているのがこちらのワイングラスです。白ワインのように冷やして飲む場合には空気に触れることによって徐々にワインが温まってしまうので、このようにボウル部分の小さなワイングラスが用いらます。

現在の価格はコチラ

 

テイスティンググラス

ティスティンググラス

こちらはテイスティング専用のワイングラスとなっており、そのサイズは国際規格として定められています。ワインの味を一つ一つしっかりと見極めたいときには必要となります。

もちろん通常飲むのにも使えますが、一般的にホームパーティーなどでお客様などがワインを飲むために出すグラスではないと言えるでしょう。

現在の価格はコチラ

 

スポンサーリンク

ワイングラスの選び方における注意点

ワイングラスを選ぶ際には、初めは無色透明であるものを選ぶようにするとよいでしょう。ワインは味だけでなく、その色合いも楽しみの一つです。そのためワイングラスに色が付いているとワイン本来の色を楽しむことができません。そういった意味で乱反射の起こるカッティングが施されたワイングラスも避けるほうが賢明でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング