乳酸菌で腸内フローラ改善しませんか?ピントルのヨーグルト専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果

最新!人気のヨーグルトメーカーおすすめランキング

ヨーグルトメーカーランキング

近年ヨーグルトを自宅で量産できる機械として非常に人気が高まっているのがヨーグルトメーカーです。色んなメーカーが様々な特色を持つヨーグルトメーカーを製造販売しています。

機能性の高い機種ではヨーグルトのみならず様々な発酵食品を作ることができたり、保温調理ができたりと、最早ヨーグルトメーカーはヨーグルトを作るだけの機械ではありません

ここではヨーグルトメーカーを購入する際に抑えておくべきポイントについて詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーを選ぶポイント

ヨーグルトメーカーを選ぶポイント

自宅でヨーグルトを手軽に量産できる便利な機械として人気なのがヨーグルトメーカーです。しかし最近のヨーグルトメーカーは発酵食品が作れるだけではなく、一定の温度で保温できる利点を活かし様々な料理に活かす人が増えています。

ここではヨーグルトメーカーを選ぶ際に抑えて欲しいポイントをまとめました。

ヨーグルトメーカーを選ぶ際は以下のポイントを確認してください。

最高温度

ヨーグルトメーカーは機種によって最高温度が異なります。ヨーグルトメーカーの使用用途によって必要な温度が異なるので、用途をしっかりと考えて購入しましょう。甘酒や塩麹を作りたい場合は60℃まで設定できるヨーグルトメーカーが必要です。また、肉や魚などの低温調理を行いたい場合は65℃以上に設定できる機種を選びましょう。

逆にヨーグルトしか作らないのならば細かい温度設定は不要です。様々な用途で用いたい場合は1℃刻みで設定できる機種を選ぶと使い勝手が良いかもしれません。

一般的にヨーグルトメーカーで作れる食品と必要な温度は以下の通りです。

料理 温度の目安
ヨーグルト 40℃~45℃
甘酒 60℃
塩麹 60℃
温泉卵 65℃
味噌 50℃~60℃
納豆 40℃

牛乳パックのまま使用できるか

市販されているヨーグルトメーカーの中には大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 牛乳パックタイプ
  • 専用の容器タイプ

それぞれ適した使用用途があり、メリットデメリットがあります。以下に大まかな特徴をまとめました。

牛乳パックタイプ

牛乳パックタイプは牛乳パックに種菌を入れ、パックのままセットできるタイプのヨーグルトメーカーです。主にヨーグルトのみを作りたい人に適しています。牛乳パックをそのまま使う事でヨーグルトメーカーの中が汚れず、非常にお手入れが簡単な点も大きなメリット言えます。しかし、様々な用途に使うには適していません。

このタイプのヨーグルトメーカーは温度設定やタイマー機能が搭載していないものが多く、牛乳パックをセットすれば決まったモードで発酵してくれる手間のかからなさも大きな特徴です。シンプルな機能なので、機械が苦手な人でも簡単に使えるという点も優れた点と言えます。

 専用の容器タイプ

専用の容器タイプはヨーグルトメーカーに容器が付属しているタイプで、この付属の容器でヨーグルトを作ります。この容器に入るもので、ヨーグルトメーカーの温度内で作れるものであれば様々なものを作ることができる点がメリットです。用途が広いので使い勝手は良いですが、お手入れ面は牛乳パックタイプよりやや手間がかかります。

このタイプは様々な用途に使用できますが、機能性が充実している分価格設定も高めになっているのでやや手を出しにくいという点はデメリットと言えます。様々な発酵食品を楽しみたい人はこちらのタイプを選びましょう。

タイマー機能が付いているか

ヨーグルトメーカーにはタイマー機能が付いているものと付いていないものがあります。また、付いているものでも設定可能時間は機種によって異なるので使用する目的に合うものを選ぶ必要があります。

ヨーグルトだけを作りたいのであれば、タイマー機能が付いていないものでも問題ありません。タイマー機能が付いていない分、作るたびに設定する必要がないので、調理の際に使い勝手に優れていると言えるでしょう。

様々な用途に使用したい場合細かく設定できる機種を選ぶと幅広く使用できるのでおすすめです。

人気のヨーグルトメーカーおすすめランキング:TOP10

人気のヨーグルトメーカーおすすめランキング:TOP10

ここまでヨーグルトメーカーの選び方についてポイントごとに解説しました。最後に上記のポイントを踏まえ、おすすめのランキングを紹介したいと思います。

>>主要7社!ヨーグルトメーカーのメーカー比較まとめはコチラ

第1位:アイリスオーヤマ / KYM-013

現在の価格はコチラ

アイリスオーヤマの「KYM-013」は牛乳パックをセットするタイプのヨーグルトメーカーですが、好みの時間と温度を設定できるタイプの機種です。温度設定は25℃~65℃、タイマーは1~48時間を設定でき、終了時にアラームでお知らせしてくれる機能もあり、非常に便利に使用できる点が魅力です。

プレーンヨーグルトや飲むヨーグルトだけではなく、納豆やフルーツビネガーなども作ることができ、お手入れも簡単で嬉しい製品です。

>>アイリスオーヤマのおすすめヨーグルトメーカーについて詳しくはコチラ

第2位:タニカ電器 / ヨーグルティア

現在の価格はコチラ

複数のメディアでヨーグルトメーカーを購入するのならこれと紹介されているのがタニカ電器の「ヨーグルティア」です。非常に高性能な1台で、発酵食品の調理であればなんでもお任せと言っても過言ではないほどしっかりとした機能が搭載されいます。

設定温度は25~65℃、タイマーは1~48時間の専用容器タイプのヨーグルトメーカーになっています。マイコン温度調節機能が正確な温度調節を行ってくれるので、初めてでも失敗しにくい機種と言えます。

ヨーグルトメーカーの購入をきっかけに様々な発酵食品を試してみたいという人におすすめの製品です。

>>タニカ電器のおすすめヨーグルトメーカーについて詳しくはコチラ

第3位:山善 / ヨーグルトメーカー YMR-9100

現在の価格はコチラ

山善の「ヨーグルトメーカー YMR-9100」は専用容器タイプながらシンプルな操作性が評価され、非常に人気の高い機種になっています。温度は固定、タイマーも付いていませんが、その分操作が簡単で価格も安くなっています。

熱湯などで消毒した容器に材料を入れ、スイッチを押すだけで簡単にヨーグルトを作ることができます。シンプルで低価格のヨーグルトメーカーを探している人に最適なヨーグルトメーカーになっています。

第4位:和平フレイズ / ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

現在の価格はコチラ

和平フレイズの「ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161」は牛乳パックをそのままセットできるタイプのヨーグルトメーカーです。40℃程度の温度固定でコンセントを入れている間保温を続けます。

非常にシンプルな機種ですが使用している人の評価がとても高い機種で、満足度の高いヨーグルトメーカーになっています。低価格帯ののヨーグルトメーカーには初期不良が多いものですが「ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161」には初期不良による不満の声がありません。

安くても品質のしっかりした機種を選びたいという人は「ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161」を選んで損はありません。

>>和平フレイズのおすすめヨーグルトメーカーについて詳しくはコチラ

第5位:象印マホービン / くまのプーさん ヨーグルトメーカー

現在の価格はコチラ

象印マホービンの「くまのプーさん ヨーグルトメーカー」は電気を使用しないエコなヨーグルトメーカーです。500mlの牛乳パックをそのままセットし、お湯で発酵させるタイプのヨーグルトメーカーです。象印マホービンらしいしっかりとした保温性がヨーグルトを上手に仕上げてくれます。

シンプルでエコな1台ながらも甘酒なども作れる頼もしいヨーグルトメーカーです。当然タイマーや温度設定機能はありませんが、出来上がり時刻メモリーダイヤルが付いているので時間を忘れて発酵させすぎてしまったり、発酵不足状態で開けてしまうといったミスを回避できます。

くまのプーさんのデザインも可愛らしく、デザインにこだわりたい人にもおすすめのヨーグルトメーカーです。

第6位:アイリスオーヤマ  / ヨーグルトメーカー PYG-15-A

現在の価格はコチラ

牛乳パックタイプでも人気のアイリスオーヤマが販売している「ヨーグルトメーカー PYG-15-A」は専用容器タイプの機能的なヨーグルトメーカーです。温度設定は27℃、41℃、60℃の3段階設定で、カスピ海ヨーグルトや天然酵母は27℃を、プレーンヨーグルトやギリシャヨーグルトならば41℃を選びます。60℃は麹類や甘酒作りに使用できます。また、タイマー機能も付いており1~48時間まで設定することができます。

付属している容器は1500mlの大きい容器と150mlの小さな容器が8つあり、作る量の調節が簡単にできる点も使い勝手に優れています。

多機能タイプのヨーグルトメーカーの中では価格が安く、コストパフォーマンスが高いので、コスト重視で選びたい人におすすめです。

第7位:アイリスオーヤマ / IYM-012

現在の価格はコチラ

アイリスオーヤマの「IYM-012」は価格帯が低めながらも機能的な1台。25℃~65℃まで1℃刻みで温度を設定でき、タイマーは1時間刻みで48時間まで設定することができます。

牛乳パックをそのままセットしヨーグルトを作ることができる機種ですが、様々な発酵食品を作ることができる非常に優れた機種です。コストパフォーマンスも高く、健康志向でコスト重視な人におすすめのヨーグルトメーカーになっています。

第8位:タニカ電器 / 発酵食メーカー 醸壺(かもしこ)

現在の価格はコチラ

多機能性が魅力的な「発酵食メーカー 醸壺(かもしこ)」はデザイン性も高い製品。温度設定は25℃~65℃と幅広く、あらゆる発酵食品をカバーできています。タイマーは1~48時間と、こちらも機能的。

多機能かつデザインの優れたヨーグルトメーカーが欲しい人に強くおすすめしたい製品になっています。

第9位:タイガー / ヨーグルトメーカー CHF-A100-AC

現在の価格はコチラ

牛乳パックタイプで多機能なのが特徴の「ヨーグルトメーカー CHF-A100-AC」は500mlの容器が付属されており、牛乳パックタイプと専用容器タイプの良いとこ取りなヨーグルトメーカーになっています。

20℃~60℃の幅広い温度設定を1℃刻みで調節でき、タイマーも1時間単位で48時間まで設定できます。比較的安価で購入でき、この価格帯でこの機能性は非常にコストパフォーマンが高い製品と言えるでしょう。

第10位:クビンス / ヨーグルト&チーズメーカー

現在の価格はコチラ

クビンスの「ヨーグルト&チーズメーカー」は高性能なヨーグルトメーカーです。設定温度は20℃~65℃、タイマーはなんと1時間~99時間まで設定でき、あらゆる発酵食品を網羅した1台になっています。チーズも作ることができる点も非常におすすめのポイントです。

また、脱水機能が付いており、水切りヨーグルトも機械にお任せで作ることができます。とにかく万能なヨーグルトメーカーが欲しい人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果