美容や健康、ダイエットに人気急上昇!
ピントルのオートミール専門ページ

>> オートミールの気になる情報満載 <<
流行中のオートミールってそもそも何?
オートミールって
そもそも何?
自分に合ったオートミールの選び方
オートミールの
選び方
売れ筋オートミール人気ランキング
オートミールの
人気ランキング
味で選ぶ!おすすめの美味しいオートミールまとめ
美味しいおすすめ
オートミール
オートミール徹底比較
オートミール
徹底比較

オートミールの残留農薬について

オートミールの残留農薬について

近年では、オートミール以外にも野菜や果物などざまざまな農産物の輸入が増加しており、その中でポストハーベスト農薬などの残留農薬問題が指摘されています。安心してオートミールを食べたい!という人には無農薬栽培で作られたオートミールも販売されていますが、まずはオートミールと農薬を取り巻く環境を理解するのも大切でしょう。

そこで今回は、オートミールと残留農薬や除草剤など、オートミールや食の安全を脅かす様々な要因について、多くの人が気になる部分を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

無農薬オートミールは残留農薬ゼロではない!?

無農薬オートミール

オートミールに含まれてしまう農薬を気にしている人にとって「無農薬」という言葉は救世主のように聞こえるかもしれませんが、実際のところ無農薬という言葉は作物から農薬が検出されないという意味ではありません。

その理由は、オートミールの栽培期間中の農薬不使用であっても、土壌に農薬が残ってしまっていれば作物から農薬が現出される場合もあるからです。

初回使用農薬の半減期が1年(365日)以上のものは原則として農薬登録ができません。そのため実際に使われている農薬の半減期は30日以内のものが大半ですが、中には100~200日の農薬も7%程度あると報告されています。

そのため、実際に栽培期間中に農薬を使用していなくても、土壌自体に農薬が残ったまま栽培されてしまったオートミール(燕麦)は農薬を使用して栽培したことになりかねないのです。

オートミールは農薬や除草剤の残留リスクが高い!?

オートミール以外にも玄米食など、全粒穀物食の摂取において残留農薬の疑問は尽きません。そういった疑問の中でも多いのは「農薬や除草剤といったものが糖に残留する可能性が高いのでは?」という疑問。

確かに農薬というのは生産物の外皮や胚芽に蓄積されやすいため、オートミールは一般的な食物よりも残留農薬が多いと考えることもできます。しかしこれはオートミールに限ったことではなく全粒穀物食全体に言える事です。

しかし、万一問題のあるレベルで残留農薬や除草剤がオートミールから検出されたらすぐに出荷停止となります。もちろんこれは日本国内に限ったことではなく、欧米などでも穀類の残留農薬や除草剤といった検査は実施されているため、農薬でも一般的に定められた使用方法を守って栽培されていれば特に心配する必要はありません

もちろん、無農薬や低農薬といったオートミールで安心して食べられるならそれに越したことはないでしょう。

そもそも無農薬や減農薬やオーガニックの表示の意味とは?

昨今では、食の安全を伝えるために様々な食品表示がなされています。無農薬オートミール、有機栽培オートミール、減農薬オートミールなど様々な種類がありますが、実際のところどういった意味なのか正しく理解していますか?

ちなみに、ガイドラインによると表示方法は「有機栽培」と「特別栽培農産物」に分けられているため、無農薬栽培以下の方法で生産されたオートミールは特別栽培という言葉が使われます。

有機栽培オートミール

指定された天然系農薬以外の使用が許可されていない栽培方法で、オーガニック栽培という言葉もつかわれます。

もちろん一般的に言われる農薬や化学肥料を使って栽培されることはなく、土壌の農薬汚染によってオートミールが栽培されることを防ぐため、種まきや植え付け以前に数年間農薬を使用していないことが条件となっており、農林水産省の認可がある指定機関にて認定を受けなければ有機栽培という言葉が使えません。

無農薬栽培オートミール

農薬を一切使用することなく栽培されたオートミールにはこの表示が使われます。農薬を使用することはできませんが、化学肥料は使用することができる栽培方法です。

減農薬栽培のオートミール

減農薬栽培や低農薬栽培といった言葉の使われる栽培方法で、栽培を行っている地域で通常使われている量の5割以下に農薬を減らして栽培したオートミールにはこの表示が使われます。化学肥料は使用することができます。

安心して食べられるオートミールとは?

安心して食べられるオートミール

無農薬表示の偽装であったり工場でのヒューマンエラーなども加味すると、本当に安心して食べられるオートミールなんて自分で育てて食べることしかできなくなってしまいます。ただ、農薬や除草剤さらに放射性物質などに対する信頼性を重視して考えるのであれば、有機栽培のオートミールを選ぶのが良いでしょう。

日本のオートミールで有名な日食ブランドでは、2012年に香港食物環境衛生署食物安全センターにて1キログラム当たり7ベクレルのセシウム137が検出されたと発表しており、基準値以下の低レベル汚染なため健康に影響はないとされてはいますが、気にする人たちは避けているようです。

また、オートミールの代表ブランドであるクエーカーでも、特に無農薬や有機栽培、また遺伝子組み換えに関する記述は現段階でされておらず、不安な人は避けるのが無難と言えるでしょう。

オーガニックのオートミールを購入するなら

インターネット通販や海外からの輸入など、オーガニックのオートミールを手にいれる方法はたくさんありますが、最も簡単かつ手軽に入手できるのは、Amazonなどの大手ショッピングサイトを利用する方法です。

有機栽培で作られたオートミールはもちろん、オーガニックのシリアルやグラノーラなど種類も豊富なため、農薬や除草剤が不安だという人は、一度チェックしてみるのがオススメです。

現在の価格はコチラ

>>健康的で上手なオートミールの食べ方はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> オートミールの気になる情報満載 <<
流行中のオートミールってそもそも何?
オートミールって
そもそも何?
自分に合ったオートミールの選び方
オートミールの
選び方
売れ筋オートミール人気ランキング
オートミールの
人気ランキング
味で選ぶ!おすすめの美味しいオートミールまとめ
美味しいおすすめ
オートミール
オートミール徹底比較
オートミール
徹底比較