危険性から上手な活用法まで!ピントルの人工甘味料専門ページ

おすすめの記事はコチラ
人工甘味料の種類と危険性
人工甘味料
種類と危険性
人工甘味料の危険性と副作用
人工甘味料
危険と副作用
血糖値を上げない人工甘味料
血糖値
上げない甘味料
人工甘味料の選び方
糖尿病対策
選び方
人工甘味料のおすすめランキング
おすすめ
人工甘味料

妊娠中に気をつけたい人工甘味料と赤ちゃんへの影響

妊娠と人工甘味料

砂糖などの代わりに摂取される人工甘味料ってなに?というお話から、妊娠中に摂取することで考えられる危険性などについて調べて見ました。

一番気になる胎児に与える影響をはじめ、どんな食品に含まれているのか、また人工甘味料をとらない方法はあるのかなども紹介していきます。妊婦の尿糖についても少し触れていきます

スポンサーリンク

そもそも人工甘味料とは?

人工甘味料は大きく分けて「合成甘味料」と「糖アルコール」の2つに分類されます。合成甘味料は、もともと地球上には無い成分を人工的に作り出した甘み成分で、物によりますが砂糖やショ糖に比べて約200倍~13000倍の甘みを出すことが出来ます。

人工的に作られたのもあり、体が糖質として受け取らずほぼ100%外に排出されるため、血糖値もあがらずダイエットや糖質制限を行っている患者も摂取できる甘み成分です。

糖アルコールは自然界に存在する成分を人工的に作り出された成分のことを言います。

合成甘味料のような特徴をもつ成分もいれば、逆に砂糖よりも甘みが減ってしまうのにもかかわらず、カロリーが高くなってしまう成分もあります。

メリットとしては元々存在する成分を基本としてつくられているため、安全性が高いところ。血糖値をあげない成分もありますが、あげる成分もあるので、糖質制限などで選ぶ際には一度医師に確認してから使用することをオススメします。

>>人工甘味料って何?詳しくはコチラ

なぜ妊娠中は人工甘味料を控えるべき?

なぜ妊娠中は人工甘味料を控えるべき?

妊娠中は体重コントロールが重要になりますから、ゼロカロリーの人工甘味料を使う方が良いように思えます。でも実際のところ色んな危険性が考えられるためオススメはしません。

1つ、例題をあげて紹介していきます。

人工甘味料にアスパルテームという種類の成分があります。この成分はフェニルアラニンとアスパラギン酸が結合したものです。このフェニルアラニンというのが注目する成分になります。

実は8万人に1人の確率で、体内でフェニルアラニンを代謝させられない病気「フェニルケトン尿症」という病気があります。この病気を患っている方にフェニルアラニンはかなり危険な成分になってしまいます。万が一胎児がこの病気を持っていた場合、お腹の中で排出もできず蓄積されていってしまいます。

それにより、精神発達の遅れや運動神経などの発達の遅れなどの危険性があります。またセロトニンという心の安定に関与する神経的な物質が異常分泌することでストレスがたまりやすく、鬱の症状が出る可能性もあります。

今回はアスパルテームを取り上げましたが、他の成分でも確実に安全といいきれない場合は使用しないのが一番です。

>>人工甘味料の種類と危険性についてはコチラ

妊婦健診で尿糖+の人は人工甘味料が有効?

妊娠高血圧症候群の予防や胎児を守るために甘いものを控えるように言われた方、検診で尿糖が出てしまった人に人工甘味料は有効だといわれて来ましたが、結論から言うと有効ではありません。

先ほどの例題のように危険性をともないますし、尿糖についても、人工甘味料は体内に吸収されることなく、体の外に排出されるため尿に糖がまじるため解決にはなりません

スポンサーリンク

人工甘味料の含まれている食品とは?

妊婦健診で尿糖+の人は人工甘味料が有効?

日本の加工食品やお菓子類にはほとんどといって良いほど人工甘味料が使われています。たとえばキシリトールガムは、商品名にもあるように人工甘味料のキシリトールが入っていますし、コンビニのお弁当や加工食品にも保存料として使われていたりします。

また先ほど説明した一番摂取を避けたいアスパルテームは、パルスイートという商品名でコーヒーや紅茶などの砂糖代わりに出てくることもあります。

基本的にカロリーゼロ・低カロリーをうたっている飲料や食品には使われている可能性が高いので、裏に記載されている原材料などをチェックした方が良いですね。

人工甘味料の種類

人工甘味料を取らない食事で心がける事

確実に人工甘味料を使わずに体に良きものを選ぶとしたら、「手作り」に勝るものは無いです。

まずは人工甘味料が絶対に使われている加工品を食べることはやめましょう。買ったものを口にする場合も必ず成分表示ラベルを確認し、人工甘味料のほかにも添加物が入っていないかなどチェックする癖をつけるのがベストです。

手作りする際にどうしても甘みを加えたい場合は、黒糖やてんさい糖、キビ糖など自然の甘味成分を使うように心がけましょう。

>>天然甘味料の種類や特徴

妊婦さんにおすすめの甘味料とは?

妊娠と人工甘味料についてリサーチしてきましたが、基本的には人工甘味料は妊娠中にあまりオススメできません

1日の摂取量を大量にとらないということを大前提として、より安全でオススメの人工甘味料とその商品を選んで紹介します。

ステビア
現在の価格はコチラ

ステビアはショ糖の300倍の甘さを持っており、多年草からとった成分が植物由来という事で、体に優しいとされています。

オススメのステビアは「ステビアスイートゼロ」です。このステビアを購入すると料理レシピ(おかず・副菜・タレお菓子)60種類以上ついてきます。基本的には手作りの食事をオススメしているので、購入するならステビアスイートゼロが良いと思います。

>>人工甘味料ランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
人工甘味料の種類と危険性
人工甘味料
種類と危険性
人工甘味料の危険性と副作用
人工甘味料
危険と副作用
血糖値を上げない人工甘味料
血糖値
上げない甘味料
人工甘味料の選び方
糖尿病対策
選び方
人工甘味料のおすすめランキング
おすすめ
人工甘味料