初心者から上級者まで美味しく飲める
ピントルのウイスキー専門ページ

ウェールズ産ウェルシュウイスキーの特徴と魅力

ウェールズ産ウェルシュウイスキー

一時期は原酒の生産が途絶ましたが、現在では奇跡の復活を遂げたウェルシュウイスキー。イギリスのウェールズで作られるハーブの香りが特徴の素晴らしい完成度のウイスキーです。今回はそんなウェルシュウイスキーの歴史や魅力から人気のウイスキーまで紹介します。

スポンサーリンク

魅力的なウェルシュウイスキーの歴史や特徴

魅力的なウェルシュウイスキーの歴史や特徴

ウェルシュウイスキーの起源と歴史

醸造酒の歴史は古いウェールズですが、蒸留酒は醸造酒より後という事しか解っていません。記録に残っている中でウェールズにおける最初の蒸留酒の製造は356年まで遡ります。とはいってもこの件はウイスキーとは結びつけがたく、ウイスキーの定義に合う蒸留酒は、中世において既に製造されて続けていたという記録しか残っておりません。

しかし、19世紀に入ると禁酒運動が活発化しウェルシュウイスキーの生産も減少傾向となり、19世紀の終わりにはウェルシュウイスキーの新酒が作られなくなってしまいました。

その後、蒸留を行ったウイスキーの原酒が作られたという記録は1887年で完全に途絶え、2000年のペンダーリン蒸留所設立までウェールズウイスキーは沈黙を守り続けました

ここで改めてニューポットが生産を開始し、2004年にウェールズウイスキーが復活。その後現在もなお、幻のウイスキーとしてペンダーリンが唯一生産しています。

>>知って語ろう!モルト・ウイスキーの作り方

ウェルシュウイスキーの魅力と特徴

現在世界で唯一ウェルシュウイスキーを製造しているペンダーリン蒸留所からは、バーボンの熟成に使用した樽で熟成した後に仕上げの熟成をマディラワイン樽で行う物と、シェリー酒の熟成に使用した樽で熟成する物があり、どちらも非常に人気となっています。

>>マディラ?シェリー?ワインの種類はコチラ

また、スコッチウイスキーにも使用していない、アイリッシュウイスキーにも使用していない、全く新しい形のユニークな蒸留器として開発された単式と連続式を合わせた蒸留器です。

天然のハーブによるフィルター濾過を行うため、ハーブの香りが残る芳醇なコクと、樽の香りが染み込んだ飲み口の柔らかいウイスキーがウェルシュウイスキーの特徴で、現在でもウェルシュウイスキーらしい特徴はそのままに復活を遂げています。

同じイギリス生まれのスコッチウイスキーと比べるとスモーキーさが無くなり、キリッと辛口の味わいが飲みやすいので、初心者にも試してもらいたい一級品です。

>>ウイスキーの味を楽しむ飲み方の種類

初心者におすすめのウェルシュウイスキー

>>初心者はまず世界5大ウイスキーを飲みましょう

おすすめウェルシュウイスキー:ペンダーリン・マディラ

ペンダリンのウイスキーを探すならコチラ
おすすめウイスキー【ペンダーリン・マディラ】の特徴

蒸留されたウイスキーの原酒をバーボンの作成に使用された樽で熟成させ、その後6ヶ月に渡り、マディラワインの作成に使用した樽で熟成させると言う工程を経て、原酒から約5年かけて作られるウェルシュウイスキーの飲みやすい人気銘柄です。

香りはトロピカルフルーツやレーズンのようなフルーティーな香りから徐々に変化し、バニラのようにコクのある芳醇な風味から、バランスの取れた味わいを演出し、長く余韻に浸れるフィニッシュへと向かう様は是非一度試して頂きたい逸品です。

>>ウイスキーの味を楽しむ飲み方の種類

おすすめウェルシュウイスキー:ペンダーリン・シェリーウッド

現在の価格はコチラ
おすすめウイスキー【ペンダーリン・シェリーウッド】の特徴

ペンダーリンがウイスキーの熟成をシェリー酒を熟成させる為に使用した、オロロソ・シェリー樽で熟成を行った意欲的なウイスキーです。辛口のウェルシュウイスキーの味わいを生かしながらもクリーミーな香りと、ブラウンシュガーの様な甘みにシナモンを感じるハーブの風味が素晴らしく、初心者でも非常に飲みやすいウイスキーに仕上がっているためおすすめです。

>>ウイスキーを使ったおすすめカクテルの作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
初心者はまず世界5大ウイスキーを飲みましょう
初心者
おすすめ
飲みやすいウイスキーの人気ランキング
飲みやすい
ランキング
まろやかで甘いウイスキーの人気ランキング
まろやか
ランキング
美味しくて安いウイスキーの人気ランキング
安くて旨い
ランキング
プレゼント向けウイスキーの人気ランキング
プレゼント
ランキング