あなたが好きなのは赤?白?
ピントルのワイン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング

知っておきたいワインの種類について

知っておきたいワインの種類について

ワインの種類は何かと聞かれた時に、みなさんが想像するのはおそらく、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン…等が思い浮かぶのではないでしょうか。しかし実際のワインの種類というのは違った分類方法があります。

それは製造方法や原材料によって分けられる分類となっており、あまり一般的ではないと言えるでしょう。ここではそうしたワインの種類について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ワインを分類する四つの種類

冒頭部分でも紹介した通り、ワインというのは一般的には白ワイン、赤ワイン…といった種類分けをするのが当たり前になっていますが、実際には製造方法や原材料によって、四つの種類に分類されています。

実際には、スティルワインスパークリングワインフォーティファイドワインフレーバードワイン、という四つのワインに種類を分けることができます。ここではその一つ一つの種類ごとの特徴について紹介していきます。

スティルワイン

スティルワイン

多くの方にとってなじみの深いワインと言える白ワインや赤ワイン、ロゼといったワインがこのスティルワインに分類されます。ブドウ果汁を発酵される時に発生する二酸化炭素(炭酸ガス)を取り除いた、非発泡性のワインのことを言います。

定義としては、20℃の環境下において、日本では0.5気圧未満、欧州では1.0気圧未満のワインがこのスティルワインに分類されます。具体的なスティルワインの種類についてみていきましょう。

白ワイン

ブドウの皮に色が付いていないもの、色の薄いものを原料とし、果汁だけを絞って作ったブドウジュースを発酵させて作ったものが白ワインです。料理に合うと言われる辛口から、超甘口のものまで甘さには様々なものがあります。

>>白ワインの魅力や特徴

赤ワイン

赤ブドウや黒ブドウを原料として使用し、白ワインとは対照的にブドウの実をそのままアルコール発酵させてつくるのが特徴です。これにより皮の部分に含まれる色素が赤ワインの色を作りだすとともに、タンニンが溶け出すことで独特の渋みを生み出します。基本的には辛口となり、肉料理と相性が良いと言われています。

>>赤ワインの魅力や特徴

ロゼ

フランス語でピンク色を意味する言葉が語源となっているワインの種類です。製造方法は、赤ワインに使用するブドウを絞って作るものと、赤ワインを製造する過程においてピンク色に色づいたころに果汁だけを取り出し発酵する方法があります。

アイスワイン

ブドウから水分を除いて濃縮した果汁から作るワインのため、とても甘いのが特徴となります。急激な低温によって冷凍されたブドウを凍ったまま果汁をしぼりとって出来ることからこの名前がついています。

>>アイスワインの魅力や特徴

スパークリングワイン

スパークリングワイン

通常ワインは、発酵の時点で炭酸ガスを放出します。これによってワインに含まれる炭酸ガスは非常に少なくなるため、開封しても発泡しません。しかしこれを発酵しきらないうちに瓶詰めする、もしくは人工的に二酸化炭素を加えてつくるワインをスパークリングワインと言います。

スパークリングワインとして日本でも一般的なのはシャンパンでしょう。スパークリングワインに関しては、シャンパンをふくめ非常に多くの種類に分かれていますが、いくつか代表的なものを紹介しておきましょう。

>>スパークリングワインの魅力や特徴

シャンパン

日本でスパークリングワインと言えばこれでしょう。具体的には、フランスの品質保証の規格において、フランスはシャンパーニュ地方で製造されたもののみがシャンパンの呼称をできるとされています。

>>シャンパンについて詳しくはコチラ

クレマン

シャンパンと同じ製法で作られたものの、その製造地がシャンパーニュ地方以外のスパークリングワインとなっています。アルザス地方のスパークリングワインが有名です。

カバ

スペイン産のスパークリングワインで、シャンパンと同程度の古い歴史を持ちます。製法に関しても同じトラディッショネル製法を用いています。

スプマンテ

イタリア語で発泡性という意味のスプマンテという言葉からきているスパークリングワインです。日本ではイタリア産のスパークリングワインに対してこの名称を用います。

>>今飲むべきおすすめスパークリングワインまとめ

フォーティファイドワイン

フォーティファイドワイン

ワインを作る過程において、アルコールを後から加えることによって、アルコール度数を高めたワインのことで、日本においては酒精強化ワインと呼ばれています。

もともとは気温が高いなどの温度管理の難しい地域で、ワインを腐敗や酸化から守るために作られたものであると同時に、その味わいに特徴をもたせるために作られたワインです。世界では特に4大酒精強化ワインとして有名なものがあるので紹介していきます。

シェリー

フォーティファイドワインとして代表的なのがこのシェリーです。スペイン南部アンダルシア地方のヘレス・デ・ラ・フロンテーラ、サンルーカル・デ・バラメーダ、エル・プレルト・デ・サンタ・マリーア周辺を産地としたもののみがシェリーという名称を用いることができます。熟成の度合いなどによっていくつかの種類がありアルコール度数も様々です。

ポートワイン

日本に初めて上陸したワインとして有名なのがこのポートワインです。名称はポルトガルのポルト港からの出荷であったことがその由来となっています。発酵途中でブランデーを加えることで非常に甘口な仕上がりとなります。

>>ポートワインの魅力や特徴

マデイラワイン

ポートワインと同様にポルトガルが原産のワインです。マデイラ島で作られることからこの名称となっており、乾燥炉で50℃、3~6ヵ月間加熱処理しブランデーを加えるという手法をとります。辛口から甘口までタイプが分かれています。

マルサラワイン

イギリスの商人がマデイラワインに似せて作ったワインが始まりと言われ、イタリアはシチリア島が原産のワインです。熟成の度合いによって、フィーネ、スペリオーレ、ヴェルジーネに分かれています。

フレーバードワイン

フレーバードワイン

ワインに対して、ハーブ・スパイスなどの蒸留酒、もしくは浸出液や果汁などを加えて作ったワインのことを言います。食前酒として用いられる場合は、カクテルのベースとして使用される場合が多くあります。

ヴェルモット

白ワインをベースとし、15~40種類程度の香草などを加え、さらにスピリッツを配合した種類のものです。おもな産地はイタリアやフランスが有名です。

サングリア

日本でも比較的おなじみとなったフレーバードワインです。ワインに対してオレンジやレモン果汁を加えたものとなっており、スペインでは良く飲まれています。

キール

こちらも非常にオーソドックスなフレーバードワインで、白ワインにカシスを加えたものをキールと呼んでいます。フェリックス・キールという方が考案したことからこの名前がついています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング