あなたが好きなのは赤?白?
ピントルのワイン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング

おすすめのワインセラーと上手な選び方

おすすめのワインセラーと選び方

ワインの保存・保管は冷蔵庫でいいと思ってる方は多いのではないでしょうか?

実はワインの保存には冷蔵庫は温度が低すぎるんです。

ワインは温度や湿度に非常に敏感なお酒ですが、どんな時に活躍してくれるのがワインセラーです。

ワインの適温で保存することができますし、ものによっては熟成されることだって可能。

ここではワインセラーの選び方を解説しつつ、タイプ別でおすすめのワインセラーを紹介しています。

スポンサーリンク

ワインセラーとは?

ワインセラーとは?

ワインセラーとはワインボトルを劣化させないように保存する貯蔵庫です。「ワインカーブ」とも呼ばれます。

ワインは適した温度はもちろんですが、安定した温度、湿度で保存する必要がある非常に繊細なお酒です。

特に日本は夏と冬の気温差が激しく、時期によって湿度が大きく変化する環境なので、ワインの長期保存や熟成が簡単ではありません。

しかし、ワインセラーであれば温度や湿度を適切に管理することができるので、美味しいワインを飲みたい方やワインを劣化させたくない方、ワインの長期熟成をしたい方には必須とも言えるアイテムです。

ワインセラーとワインクーラーの違い

ワインセラーはワインの保存に適した温度や湿度に調節することができますが、ワインクーラーはワインを冷やす機能のみです。

ワインセラーはワインを冷やすというよりも適した温度や湿度を一定に保つ為のもので、冷やす為だけのワインクーラーとは目的に違いがあります。

また、ワインクーラーは冷蔵庫よりも短時間でワインを冷やすことができるので、手早く美味しくワインを飲みたい方にはワインクーラーがおすすめです。

おすすめのワインクーラーと上手な選び方はコチラ

ワインの冷蔵庫保存は注意

ワインは冷蔵庫で保存できないわけではないですが、美味しくワインを飲みたい方にはあまりおすすめできる保存方法ではありません。

ワインの保存の適温は15度前後ですが、冷蔵庫内の温度は10度以下ですし、冷蔵庫は乾燥している為、コルクが乾燥し空気が通りやすくなることによってワインが酸化しやすくなります。

すぐに飲む場合はあまり問題ありませんが、期間がある程度開いてしまう場合は、ワインボトルを新聞紙とラップで巻いて野菜室で保存し、コルクが乾燥しないように注意してください。

未開封&開封後のワインの賞味期限についてはコチラ

ワインセラーの上手な選び方

ワインセラーの上手な選び方

以前はワインセラーは非常に高価でしたが、最近では1万円程度で購入できるほど低価格な商品が増えてきました。

選択肢が増えた分、失敗しないようにワインセラーを選び方を紹介していきます。

ワインを長期保存、熟成させるかどうか

まずワインセラーを購入するかどうかですが、冷やしたワインを飲みたいだけならワインセラーではなくワインクーラーで問題ありません。

温度が低すぎるとワインの熟成は止まってしまうのですが、スーパーやコンビニで購入できるデイリーワインは長期保存や熟成をする必要がないワインです。

デイリーワインの場合はコルクではない商品も多いですし、乾燥する冷蔵庫で保存しても構いません。

ただ、ワインをまとめ買いして品質を劣化させたくない場合はワインセラーは有用ですし、良いワインを長期保存したい・熟成させたい場合はワインセラーは必須です。

ワインセラーが必要かどうかは、選び方の第一歩として意外と重要です。

ワインを保存したい本数:多めの本数が保存できるとコスパがいい

自分の飲む頻度などを考慮して保存したい本数を想定してください。

ただ、ワインセラーがあると品質を劣化させることなくワインを保存できる為、ネットなどで安くなっているワインをまとめ買いにも対応できます。

そういった場合にも保存できるように、自分が想定している本数よりも多めのワインセラーを選ぶのがおすすめです。

ワインセラーの動力方式:スペックならコンプレッサー式がおすすめ!

ワインセラーの冷却には以下の3種類の方式があります。

それぞれ特徴に違いがあるのでワインセラーを選ぶ大事なポイントとなります。

コンプレッサー式

ワインセラーとして、性能的には最も優れた動力方式です。

冷却能力が高く電気代も高くないため、ワインの長期保存にぴったりの方式であると言えます。

冷却能力に優れている為、ドアを開けて冷気が漏れても素早く冷却することが可能です。

ただ、コンプレッサーというモーターを使っている為、若干音が気になるかもしれません。

と言っても騒音レベルではありませんし、ワインセラーを寝室にでも置かない限りそこまで問題ではありません。

ペルチェ式

ペルチェ素子という半導体に電流を流し、熱移動によって温度管理を行う方式です。

冷却能力は高いわけではありませんが、音や振動が抑えられているので家庭用ワインセラーに向いている方式であると言えます。

ただ、冷却能力が高いわけではないのでドアの開け閉めが多い場合の温度管理に注意が必要です。

購入コストも低めですし、数本保存したいだけならおすすめです。

アンモニア熱吸収式(アブソープションシステム)

アンモニアの気化熱を利用し冷却して温度管理する方式です。

音や振動が抑えれているのでワインの長期保存・熟成に向いているのが特徴です。

しかし、上記のコンプレッサー式よりも冷却能力は低く、電気代もやや高めになってしまいます。

スポンサーリンク

ワインセラーを選ぶ時のポイント・注意点

ワインセラーを選ぶ時のポイント・注意点

自分に適したワインセラーと選んだと思っても、意外なポイントで失敗する場合もあります。

以下で見落としやすいポイントや注意点を紹介します。

ワインセラーのドアが光を通すかどうか

ワインは光、特に日光に当てるのは避けるべきなので、ワインセラーのドアが光を通さないのもが最適です。

ただ、ドアがガラスだとワインセラーの中身が確認しやすいですし、紫外線を通さないガラスになっている場合もあります。

ワインセラーを購入する場合は、ドアは光を通すのか、通しても問題ない対策がされているかどうかを確認するようにしてください。

湿度管理機能の必要性

日本は基本的にそこまで乾燥するわけではないので、湿度管理機能についてはなければいけないわけではありません。

しかし、ワインセラーによっては庫内が乾燥する場合もあるので、乾燥する場合は水を張ったお皿などを庫内に置いておきましょう。

ただ、湿度が高いとカビの原因になる可能性もありますし、湿度管理機能はないよりはあった方がいいと言えるでしょう。

温度を別で管理できる二層式の必要性

赤ワインと白ワインは飲む時の適温に違いはありますが、保存する時の適温は一緒です。

同じワインセラー内でも別々の温度で保存できるのが二層式のメリットですが、保存・熟成を目的とした場合は必須ではありません。

温度を別々に管理できる二層式のメリットは、そのままサーブできる手軽さです。

ただ、白ワインやスパークリングワインのようにサーブの温度が低めが適しているワインの場合は事前に冷蔵庫に入れておけばいいですし、赤ワインならそのまま出せば飲む時に適温になります。

二層式が適しているのは家庭用ではなく、ワインの出し入れが頻繁な飲食店などが向いていると言えます。

タイプ別:おすすめの家庭用ワインセラー

タイプ別:おすすめの家庭用ワインセラー

機能性やデザイン性など、人によってワインセラーに求めるポイントには違いがあります。

以下ではタイプ別でおすすめできる家庭用ワインセラーを紹介するので、購入の参考にしてみてください。

おすすめの小型ワインセラー

小型ワインセラーならスペースを取らないので置き場所に悩まなくて済むメリットがあります。

コンパクトでもしっかりワインを保存できるおすすめの小型ワインセラーを紹介します。

ルフィエール / LW-S12
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):280×567×675(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:12本
  • 冷却方式:ペルチェ方式
  • 紫外線対策:-

シンプルで保存可能本数も12本なので、デイリーワインだけでなく、自宅でワインパーティーをする時も対応できるワインセラーです。

コンパクトでありながら収納力もあり、冷却方式がペルチェ式なので音や振動が抑えられているので非常に静かです。

価格もリーズナブルなので、気軽に購入しやすいカジュアルタイプの小型ワインセラーとなっています。

siroca / 6本収納ワインセラー SW-P111
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):265×500×405(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:6本
  • 冷却方式:ペルチェ方式
  • 紫外線対策:〇

家庭でひとりでワインを楽しむのにちょうど良い、6本保存することができるワインセラーです。

音や振動が少ないですし、UVカットガラスをドアに使用しているので紫外線対策もされています。

また、加湿トレーが付いているので乾燥する時期は水を貯めておけばコルクを乾燥から守ることができます。

価格もリーズナブルですし非常にコスパに優れたワインセラーとしておすすめです。

ドメティック / スリムタワー ST7
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):148×570×820(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:7本
  • 冷却方式:コンプレッサー式
  • 紫外線対策:〇

コンパクトでスリムなだけでなく、インテリアとしてもおすすめなデザイン性の高いワインセラーです。

5度~22度の温度調節が可能で、庫内の温度に異常がある場合、アラームとデジタル表示の点滅でお知らせしてくれるのですぐにトラブルに対応することが可能です。

保湿トレイが付いているので庫内の乾燥の心配もなく、UVカットの三重ガラスによって紫外線対策もばっちり。

冷却能力と電気代に優れたコンプレッサー式なので、ワインの長期保存や熟成も可能

価格は少々高めではありますが、収納場所に困らない非常におすすめできるワインセラーとなっています。

おすすめのおしゃれなワインセラー

せっかく置くならおしゃれなワインセラーがいい方は多いかと思います。

キッチンやリビングなど、インテリアの邪魔にならない、むしろおしゃれな演出をしてくれるおすすめのワインセラーを紹介します。

デバイススタイル / 18本収納タイプ ワインセラー CF-P18W
     
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):280×540×1040(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:18本(最大22本)
  • 冷却方式:ペルチェ方式
  • 紫外線対策:-

シンプルでシックなデザインのおしゃれなワインセラーがほしい方におすすめです。

18本収納できるので普段使いとして十分ですし、4度~22度まで1度刻みで温度調節することが可能です。

音や振動が抑えられるペルチェ式なのでインテリアとしても機能させることが可能。

紫外線カットのガラスを使用していないので日光が当たらない場所に設置するようにしてください。

ルフィエール / C18SL
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):290×498×1160(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:18本
  • 冷却方式:コンプレッサー式
  • 紫外線対策:-

シンプルでスリムなデザインなので、おしゃれなだけでなく設置しやすいワインセラーです。

18本収納できるので普段使いには十分な収納力ですし、コンプレッサー式なのでしっかりとワインを冷却することが可能

スマートなデザインとタッチパネルなので、スタイリッシュなワインセラーを探している方におすすめです。

フォルスター / カジュアルプラス FJC-95G
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):500×545×770(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:26本
  • 冷却方式:コンプレッサー式
  • 紫外線対策:〇

シームレス且つフルフラットで落ち着きのある高級感漂うワインセラーです。

断熱性に優れUVカットが施してあるガラスドアになっているので、ワインの劣化の心配がありません。

トラブルがあった場合はエラー表示をしてくれるので、すぐにワインに対応することが可能。

コンプレッサー式なので冷却能力にも優れたワインセラーとなっています。

おすすめの静かなワインセラー

音・振動が気になる方は冷却方式がペルチェ式のワインセラーを選びましょう。

比較的音がしやすいコンプレッサー式ワインセラーでも最近は静かな商品も多いですが、絶対静かなワインセラーがいい方はペルチェ式のワインセラーがおすすめです。

デバイススタイル / WF-P18W
     
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):280×540×1040(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:TEXT
  • 冷却方式:ペルチェ式
  • 紫外線対策:-

シンプルでシックなデザインの静かなワインセラーです。

18本収納できるので普段使いとしては十分ですし、1度刻みで温度を調節できるのでワインによって適温にしやすいのも特徴。

静かなだけでなく、インテリア性にも優れたおすすめのワインセラーです。

ルフィエール / LW-D32
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • サイズ(mm):410×525×810(幅×奥行×高さ)
  • 保存可能本数:TEXT
  • 冷却方式:ペルチェ式
  • 紫外線対策:-

ワインボトルを32本収納できる大容量でありながら静かなワインセラーです。

棚の使用枚数を調節することによってワインセラー内をアレンジすることが可能。

太溝を利用することによってシャンパンも収納しやすくすることができる、リーズナブルなおすすめのワインセラーです。

ワインの正しい保存方法についてはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング