あなたが好きなのは赤?白?
ピントルのワイン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング

フランスワインのおすすめ人気ランキング

フランスワインのおすすめ人気ランキング

知名度・品質・高級銘柄の数、どれを取ってもワイン帝国と名乗るにふさわしいフランス、まさに「ワイン=フランス」といえる聖地であり、ブルゴーニュ、ボルドー、シャンパーニュとワイン初心者でも聞いたことのある名前が続々登場するのがフランスのワインです。

ワイン通であれば土地に合わせて好みがありますが、初心者であればどのワインが美味しいのかなんてわかりません。

ここではそんなワイン初心者の方でも美味しいフランスワインを選べるように、選び方のポイントとフランスワインのおすすめランキングを紹介していきます。

ワインの選び方について詳しくはコチラ!

スポンサーリンク

フランスワインの上手な選び方のポイント

フランスワインの上手な選び方のポイント

フランスワインはフランス全土で生産されており、ワインの種類だけでなく産地によって様々なワインの中から選ばなければなりません。

非常に多くのワインの中から好みのワインを見つけられるように、以下でフランスワインを選ぶ時のポイントを紹介します。

フランスワインはAOC認証をラベルで確認する

AOC(アペラシオン・ドラジーヌ・コントロレ)は「原産地呼称統制」を意味します。

フランスにはたくさんのワイン産地があり、産地ごとの個性を守るために使用するぶどうの品種やぶどうの栽培方法、醸造方法などを法的に定めているのがAOC法です。

  • AOC(Appellation d'Origine Controlee)
  • VDQS(Vin Delimites de Qualite Superieure)
  • Vin de Pays
  • Vin de Table

AOC法は上記4段階に格付けされているので、まずはフランスワインがAOCかどうかを確認するようにしてください。

ワインボトルのラベルに「APPELLATION・〇〇・CONTROLEE」とあれば1番上の格付けであるAOCであることがわかります。

格付けが1番上だからと言って美味さや品質が必ずしも保証されるわけではありませんが、様々な条件をクリアしていなければAOCを名乗ることができないので、ある程度の品質があることを確認することができます。

ラベル記載のAOCでフランスワインがどの地域で生産されたかチェック!

フランスワインのラベルの読み方

上記の画像の赤線がAOCの記載です。

APPELLATION COTE-DU-RHONE CONTROLEE」となっています。

コート・デュ・ローヌ(COTE-DU-RHONE)は南フランスを代表するワインの生産地として非常に有名です。

「APPELLATION・〇〇・CONTROLEE」の〇〇には地方名や地区名、村名、畑名が入りますが、地域が狭いほどワインの格付けが高くなります

「Appellation d'Origine Controlee」とそのまま記載され、産地名はラベルの他の場所に記載されているケースもあります。ただ、どちらにせよAOCであることがわかります。

地域名が入る場合、例として以下のような表記がワインボトルのラベルに記載されます。

  • APPELLATION BORDEAUX CONTROLEE(ボルトー:地方名)
  • APPELLATION BEAUJOLAIS CONTROLEE(ボジョレー:地区名)
  • APPELLATION MARGAUX CONTROLEE(マルゴー:村名)
  • APPELLATION ROMANEE-CONTI CONTROLEE(ロマネ・コンティ:畑名)

ただ、上述しましたがAOCワインでないと美味しくないかというとそういうわけではありません。

AOCワインは生産された地域が特定されており、その地域の特徴などからフランスワインを選びやすくなるため、選び方のポイントのひとつとなります。

AOC法から、現在はAOP法に変更されている

AOC法は4段階で格付けされていますが、2009年から以下の3段階の格付けであるAOP法に変更されています。

  • AOP(Appéllation d’Origine Protégée):原産地保護呼称、旧AOCや旧VDQS
  • IGP(Indication Géographique Protégée):地理的保護表示、旧VDQSや旧Vin de Pays
  • Vin de Table

旧VDQSに格付けされていたワインは、AOPに格上げ、またはIGPになる形に統合されました。

AOPに関してはAOCとラベル表記は同じで、「Appéllation 〇〇 Protégée」の〇〇に地域名が入るか、そのまま「Appéllation d’Origine Protégée」と記載されラベルの別の場所に地域が記載されています。

名称が変わっただけなので格付けとしての選び方はほぼ変わりません。

2009年から導入されているのでまだまだAOC認証のラベルの商品が多いですが、今後AOPで記載されるフランスワインは必然的に増えていくので頭の片隅に入れておきましょう。

産地の特徴でフランスワインを選ぶ

一口にフランスワインと言っても、同じ赤ワインだっとしても産地によって味わいがまったく違います

フランスワインの選び方で最も重要なのは産地と言っても過言ではありません。

産地による特徴を理解しておくと、フランスワインを選びやすくなりますし、選ぶのが楽しくなってきます。

ボルトーのワインの特徴

フランスワインの二大産地のひとつであるボルドー。

ワインに興味がなくても知らない人はいないほど有名なフランスワインの産地です。

赤ワインが非常に有名であり、しっかりとした味わいと強めの渋みが特徴ですが、熟成させることによってまろやかで芳醇な味わいを楽しむことができます。

いかり肩のボトルが特徴となっています。

ブルゴーニュのワインの特徴

ボルドーと双璧をなす、フランスワインの二大産地のひとつがブルゴーニュです。

赤・白共に非常に優れた品質のワインを生産しており、単一品種のぶどうを使っているのが特徴です。

基本的に赤ワインにはピノ・ノワール、白ワインにはシャルドネを使用しています。

赤ワインは繊細な酸味と芳醇な香り、白ワインは上品な味わいとフルーティーな香りが主な特徴です。

しかし畑ごとに特徴が違うので、飲み比べてみてもおもしろいかもしれません。

なで肩のボトルが特徴となっています。

アルザスのワインの特徴

主に辛口の白ワインを生産しており、ドイツの代表的なぶどうの品種であるリースリングを使用したワインが有名です。

辛口ですが繊細で透明感のあるすっきりした味わいが特徴です。

ロワールのワインの特徴

AOC認証のある品質が高く多彩なワインを楽しむことができる産地です。

単一品種の白ワインが造られることが多く、栽培している品種が多いので様々な味わいの白ワインを楽しむことができるのが特徴です。

コート・デュ・ローヌのワインの特徴

ローヌ地方は北部と南部に分かれており、それぞれ違った特徴のワインを生産しています。

北部では赤ワイン用のぶどう品種であるシラーを使った赤ワインを造っており、酸味と渋みのバランスが良い赤ワインとなっています。

南部ではいくつかのぶどうの品種をブレンドして作られており、色味や香りが強い赤ワインとなっています。

シャンパーニュのワインの特徴

スパークリングワインの一種であるシャンパンを生産できるのはここだけです。

ぶどうの品種や製造方法など、厳しい規格が設けられており、高い品質のシャンパンを世界中に送り出しています。

甘口から辛口まで様々な味わいのシャンパンがあり、料理やデザートに合わせるのはもちろん、お祝い事などでも人気のあるワインを生産している産地です。

ちなみにシャンパンのみ生産しているわけではなく、AOC認証がないワインを少量ながら生産しています。

フランスワインのおすすめ人気ランキング:TOP5

フランスワインのおすすめ人気ランキング:TOP5

多くのフランスワインの中でもおすすめできる商品をランキング形式で紹介します。

コスパに優れたフランスワインも紹介しているので、気軽にフランスワインを楽しんでみてください。

第1位:シャトー・モンペラ・ルージュ

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • 産地ボルドー
  • 種類
  • やや辛口

数あるフランスワインの中でも長い人気を誇っているフランスワインです。

多くの人が手に取れる価格帯の赤ワインでありながら、ロマネ・コンティやシャンベルタンと肩を並べるほどの「ワインとしての楽しさ」が味わえるのはこの「シャトー・モンペラ・ルージュ」だけ。

気軽に美味しく飲める、しかしそれだけではない何かがこのワインには存在しています。

若いワインでもスムースに楽しめる、今やモダンボルドーと呼ばれるジャンルの先駆者的な立ち位置でアジアで最も人気のフランスワインとしても知られています。

圧倒的なスケール感をもった果実のパワーが味わえる、フランスを代表するにふさわしいお手頃価格なこの赤ワイン、是非とも一度飲んでみてください。

第2位:シャトー・トゥール・ド・ミランボー・レゼルヴ・ブラン

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • 産地ボルドー
  • 種類:白
  • :辛口

ボルドーの辛口白ワインを探しているなら、超大金持ちだとしてもこのワインがおすすめです

フランスワインの人気ランキング1位に輝いたシャトー・モンペラで有名なデスパーユ家が「自分たちのシンボルである!」と語るほどの逸品で、ブリティッシュ航空の国際線におけるビジネスクラスでは20年以上も採用されているという白ワインです。

このワインを飲まずにフランス生まれの白ワインを語るなんてことは出来ません。

エキゾチックでフルーティーな香りに、追いかけてくるような若干の酸味、そしてまろかやな甘みを感じさせる理由は、3種類のブドウ品種を絶妙にブレンドした完璧なバランスが生み出しています。

飲んで見ればわかる完成度の高さが素晴らしいフランスワイン。

できれば多くを知る前に飲んで欲しい「白ワインはこの価格でもこんなに美味しいんだ」という楽しさを味わえる、自信を持っておすすめできる名作白ワインです。

第3位:シャトー・ラ・プレージュ

     
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • 産地ボルドー
  • 種類:赤
  • :やや辛口

フランスワインのなかでも古くから人気ランキングの常連として君臨している赤ワインですが、そこそろこの順位も危うくなってきているかもしれません。

しかし低価格で高品質なクオリティはまだまだ根強い人気を獲得しています。

濃厚で芳醇なベリー系の香りに、おっとりとした優しい酸味、そして程よく穏やかなタンニンはまさに極上の一言、ワインの美味しさは価格と必ずしもイコールではないということを教えてくれる名作のフランスワインです。

口に含んだ瞬間は、まるで可愛らしい野いちごのような繊細な甘酸っぱさが広がり、赤ワインの中でも非常に飲みやすい味わいで、奥の方でゆっくりと主張するようなタンニン相まって、低価格帯のボルドーワインでは名作中の名作と言われています。

その人気は高く4位のワインの人気が高まってくるまでは、不動の地位とすら言われていたフランスワインの逸品です。

第4位:ル・オー・メドック・ド・ジスクール

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • 産地ボルドー
  • 種類:赤
  • やや辛口

ボルドーの赤ワインとして圧倒的人気を獲得しフランスワイン人気ランキングで4位となったのがこの赤ワインです。

日本でも大ヒットとなり、名門ジスクールと同じ醸造方法を使用しており、飲めば瞬く間にワインがもたらす幸せな余韻の虜と成ってしまいます。

ここまで低価格でありながらハイパフォーマンスなフランスワインは存在しないとすら言われています。

この値段で、ここまで美味しいワインに出会ってしまうと、コンビニやスーパーなどで適当にワインを買って飲むというのが出来なくなってしまうと言っても過言ではありません。

フランスが生み出す最上級のボルドーに劣らない、熟したカシスやドライフルーツのような濃厚な香りと、甘酸っぱいオレンジのようなフレッシュさは、超高級ワインしか飲んだ事の無い人にも胸をはって飲ませることができる逸品です。

特に2000年のヴィンテージは一級品となっており、なかなか手に入りません。

第5位:シャブリ・ラ・ピエレレ

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • 産地ブルゴーニュ
  • 種類:白
  • 辛口

シャブリ品種の1/4を生産している、いわばシャブリのプロフェッショナルがこのラ・シャブリジェンヌというブランドであり、シャブリのテロワールに親しみやすく接することができる低価格なフランスのワインとして人気を獲得しているのがこのラ・ピエレレです。

シャブリを使用した最上級のワインの片鱗に触れられるワインとして、非常に高い人気であり、シャブリ初心者やフランスワインの入門編として多くの人々にオススメできる逸品です。

その味わいは非常にクラシカルでエレガント、アップルやラフランスのようなアロマが勢い良く立ち上がり、口に含めば鼻の奥を通って顔全体でシャブリの生み出すテロワールの質感が味わえる極上の白ワインです。

ワイン大国であるフランスの人気ランキング5位に君臨する白ワインは伊達ではありません。

絶対に飲んで欲しいワインの一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
国産ワインの人気ランキング
国産
人気ランキング
フランスワインの人気ランキング
フランス
人気ランキング
ドイツワインの人気ランキング
ドイツ
人気ランキング
イタリアワインの人気ランキング
イタリア
人気ランキング
スペインワインの人気ランキング
スペイン
人気ランキング