本当に美味しい焼酎が見つかる
ピントルの焼酎専門ページ

よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング

今おすすめの米焼酎!厳選5種類

おすすめ米焼酎

米は日本の心であり、米は食卓の中心!つまり食事と合わせて楽しむ焼酎なら米焼酎が一番だ!と考えている焼酎好きは多いでしょう。熊本県の人吉市と球磨郡部に渡る球磨地方造られる球磨焼酎を中心に、米特有の風味と濃厚な旨味が特徴の米焼酎が誕生しており、最近では蒸留方法や米の選別によって日本酒のような吟醸香を持ったソフトな味わいの米焼酎も増えました。
今最も飲みやすい焼酎とも言われている米焼酎の中でも、これぞ米焼酎!絶対に飲んで欲しい!と思えるおすすめの米焼酎を厳選して紹介しますので、米焼酎好きは是非探して飲んでみてください。

スポンサーリンク

おすすめの米焼酎【吟香 鳥飼】

米焼酎を楽しむなら、真っ先におすすめしたいのが鳥飼酒造の「吟香鳥飼」です。皇太子殿下が愛飲している焼酎と言われており、モンドセレクションの国際食品コンクールで特別金賞を受賞するなど肩書きは十分、といっても「焼酎は肩書きじゃなくて味が重要だ!」と思います、もちろんその通りであり、味も申し分ありません。

日本酒の世界では高品質な酒のみが纏うマスクメロンのような香りを”吟醸香”と言いますが、この米焼酎からもトロピカルフルーツのような吟醸香が漂います、何も知らない人が飲めば「スッキリとした味わいの辛口日本酒」かと間違えるほどの飲みやすい味わいであり、まさに米焼酎の傑作、これを超える米焼酎はしばらく出てこないかもしれません。

華やかな香りと柔らかな味わいを持ち、厳選された米が自家培養された酵母に醸されることで生まれたこの米焼酎は、あえて日本酒の言葉を使わせていただくと「日本酒度+40〜50の超辛口」といった味わいであり、米焼酎特有の魅力を限界まで引き出すことで、ここまで美味しい米焼酎が生まれるのかと度肝を抜かれた逸品です。文句なしにおすすめ!

現在の価格はコチラ

 

おすすめの米焼酎【本吟六調子】

第一次本格焼酎ブームの火付け役として知られる六調子酒造のスタンダード焼酎である本吟六調子は、米焼酎の聖地とも言える球磨焼酎で凌ぎを削り、低価格かつ美味しい米焼酎として今なお一定の地位を確立している銘酒です。常圧蒸留で作られた米の強い風味と旨味、そして米焼酎らしい力強い辛味は嘘偽りのない正真正銘の米焼酎!といった味わい。

栓を開けてから瓶が空になるまで、しっかりと漂う芳醇な香りをもっており、非常に豊かな甘みと鋭いキレは素晴らしいの一言、湯割りにすれば穏やかな米の香りが引き立てられて甘さもグッと増します。しかしこの本吟六調子が化けるのはロック!軽やかに飲み干せる味わいへと変化し、非常にバランスのとれた味になります。

香りこそ米焼酎の甘く癖のないテイストですが、味に関してはまるで芋焼酎を彷彿とさせるような濃厚なコクと重厚な旨味があり、時間がたてばたつほどに米の香りは立ち上がり、瓶の底に残った最後の一口まで圧倒されるような米焼酎の味わいが楽しめます。

現在の価格はコチラ

 

スポンサーリンク

おすすめの米焼酎【白岳 しろ】

球磨焼酎の持つ米の味わいをカジュアルに楽しむなら高橋酒造の「しろ」一択!そもそもこの米焼酎は普及版として作られており、それおすすめの米焼酎として紹介するという事はつまり、米焼酎のなかでも最高の食中酒であり最高の日常酒であることを表します。

上品な香りと軽やかな口当たり、無意味に米焼酎であることをアピールしてこない嫌みのない味わいは「のんで美味い!たべて美味い!」と日常の生活に欠かすことのできない素晴らしい米焼酎と言えます。その理由は自家培養酵母を使用し、低温40度で減圧蒸留することによって生み出されるクリアな仕上がりだからです。

米焼酎「しろ」にも種類がありますが、まずおすすめなのが定番の米焼酎、そして飲み比べるなら「金しろ」と「銀しろ」がおすすめであり、銀しろは日本酒のような吟醸香を纏った贅沢な風味が特徴で、金しろはアメリカンホワイト樽、コニャック樽、シェリー樽と3種類の樽で熟成させた焼酎をブレンドした、全く新しい上品な風味が魅力です。そのどれも全てがおすすめであり、是非とも飲み比べて頂きたい銘酒です。

現在の価格はコチラ

 

おすすめの米焼酎【待宵】

日常的に楽しめるおすすめの米焼酎が「しろ」なら、ちょっと特別な日にゆったりと楽しみたいプレミアム米焼酎が「待宵(まつよい)」です。こちらも”しろ”を生み出した高橋酒造が醸す本格米焼酎であり、芳醇にして濃厚な味わいは食事と合わせるというよりも、まずは焼酎自体の味をじっくりと噛みしめて頂きたい極上品。

米焼酎の中でも最も贅沢な焼酎と言われている逸品であり、「もろみの中に麹が多いほど香味成分が増す」という焼酎の特性を生かして、全麹仕込みという全く新しい製法を採用しており、原料の全てを米麹によって作ることで他の米焼酎たちが越えられなかった壁を越え、焼酎とは思えないほどの豊潤な香りにまろやかな風味、そしてどっしりと深いコクを実現しています。

それを減圧蒸留によって生み出すことで、味わいはスッキリとしており球磨焼酎らしいというか、米焼酎特有の味わい深いキレのある飲みごたえを持っています、本当に文句のつけようがありません。しいといえば熊本県以外ではインターネットを使わないと入手が困難であるということでしょうか。本当におすすめの米焼酎です。

現在の価格はコチラ

 

おすすめの米焼酎【十四代 米焼酎】

日本酒が好きな人であれば「おお!」と思ったでしょう、焼酎が好きな人であれば「どこの酒蔵だ?」と思ったかもしれません、高木酒造というのは山形の酒蔵であり、幻の日本酒とも言われる「十四代」を醸し出す、名実ともに日本最高峰の日本酒蔵です。

そんな酒蔵がなぜ純米焼酎を出しているのか?それは、大吟醸や吟醸酒といった日本酒は一般的に醸造アルコールを使用して生み出されるのですが、十四代ではそこに日本酒と同じ米を使用して作った高アルコールの米焼酎を添加するという「秘伝玉返し」と呼ばれる工程において使われる秘蔵の米焼酎が作られているからです。

とはいっても非常に希少な焼酎であり、この焼酎に限っては焼酎好きだけでなく日本酒好きな人たちからも求められているためまさに幻の焼酎となりつつあります。是非とも米の名門といえる日本酒蔵が作り出した妥協のない米焼酎を味わってみてください、焼酎蔵の作る米焼酎と飲み比べればその違いに感動するかもしれません。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング