本当に美味しい焼酎が見つかる
ピントルの焼酎専門ページ

よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング

焼酎の美味しい飲み方

焼酎の美味しい飲み方

焼酎はこうして飲まなくてはいけないというルールや決まりがあるわけではありません。でもせっかく焼酎を飲むのであれば美味しく飲みたいと思うのは当然のことです。

ここではそんな焼酎の基本的な飲み方から、焼酎をを美味しく飲むための方法などについて紹介していきます。美味しく焼酎を美味しく飲んで焼酎をおもいっきり楽しみましょう。

スポンサーリンク

焼酎の基本的な飲み方

焼酎の基本的な飲み方

焼酎には水割りやお湯割りなど一般的と言われる飲み方がありますが、それらの基本的な焼酎の飲み方について、注意すべき点など確認しておきましょう。ちょっとしたコツなどもあるので参考にしてみてください。

ちなみにここで紹介する焼酎の基本的な飲み方については、乙類の焼酎で実践していただくことをおすすめしています。甲類の場合は原料の特徴があまりないため、味のあるもので割るほうが美味しく飲めるためです。

焼酎乙類はその銘柄ごとに使用されている原料の味わいや香りなどを楽しむことができます。水割りやお湯割りにしても焼酎を楽しむことができるでしょう。

ストレートの美味しい飲み方

その名の通り焼酎を水などで割らず、氷なども入れることなく常温でそのまま飲む方法です。焼酎の持つ特徴をそのまま直で味わうことができる飲み方です。

人によってはストレートと言わずに、「生(き)」という言い方をします。冷凍庫などに入れて冷やしておき、少しとろみのある状態にしてショットグラス楽しむのもおすすめです。

ロックの美味しい飲み方

グラスに氷を入れ、焼酎を注いで飲む方法です。焼酎の持つ香りや味をしっかりと味わうことができる飲み方と言えるでしょう。徐々に氷が解けていくことで焼酎の味わいの変化を楽しむことも可能です。

グラスに入れる氷は出来る限り大きなものを使用するとよいでしょう。コンビニなどで売っているロックアイスがおすすめです。また焼酎を注ぐ際には氷にあてるように注ぐことで焼酎の香りを引き立てることができるでしょう。

また自宅で作った氷を使用する場合には、氷に匂いがある状態だと焼酎の香りを邪魔することになってしまいます。冷凍庫内の匂いが氷に移らないように注意しましょう。

水割りの美味しい飲み方

こちらは焼酎を水で薄めて飲む方法となります。ストレートやロックではちょっとキツすぎるという方にとっては、ソフトな香りで爽やかな味わいとなる水割りでの飲み方がおすすめです。

注意する点は、焼酎を水よりも先に注いでおくということです。水を後から注ぐことで対流を生むのでかき混ぜる必要もありません。焼酎と水の割合は6:4、5:5、4:6が基本となりますが、さまざまな濃さを試してみてご自身の好みの濃さを見つけるとよいでしょう。

水の種類に関しては、焼酎の仕込み水が一番と言われていますが、実際に入手は難しいかと思うのでミネラルウォーターなどでよいでしょう。一般的には硬水のほうが焼酎に合うという意見が多いようですがこちらもお好みで選びましょう。

お湯割りの美味しい飲み方

焼酎をお湯で割って飲むという飲み方です。水割りに比べて焼酎のしっかりとした香りを楽しむことができるでしょう。焼酎の原料のよさを感じたいという方におすすめの飲み方です。

お湯割りの場合には、水割りとは逆にお湯を先に器に注いでおきましょう。そこに焼酎をゆっくりと注ぐことによって焼酎の香りを引き立たせるとともに、自然と対流が起き焼酎とお湯が混ざり合います。

注意点は沸騰した熱湯などを使わないことです。焼酎の香りをこわしてしまい、香りをとがらせてしまいます。また水で割ったものをレンジでチンするのも同様に香りを壊してしまうのであまりおすすめしません。

燗の美味しい飲み方

あらかじめ割り水しておいた焼酎に燗をつけて飲むという方法です。お湯割りよりも一層焼酎の香りを甘く引き立たせることができます。芋焼酎などでは比較的一般的な飲み方です。

通常芋焼酎の燗をつける場合には黒千代香となりますが、炭火を使うことが望ましいとされているため一般的な家庭では難しくなるでしょう。

そこで日本酒の徳利を使い、鍋のお湯を張ってつけるというやり方がおすすめです。40度程度が良いとされていますが、そこはご自身のお好みの熱さを見つけるのも楽しみの一つと言えるでしょう。

焼酎を美味しく飲むための割り水とは

焼酎を美味しく飲むための割り水とは

焼酎というのは、蒸留することによって作られますが、原酒の段階ではアルコール度数は35度程度と言われています。基本的にはこのまま出荷されることはなく、割り水してからある程度期間をおいて出荷されます。

割り水してからすぐに出荷しないのは、焼酎と水をなじませるためであり、通常焼酎と水がしっかりとなじむのには数週間かかると言われています。

自宅で行う割り水

このことから自宅で割り水をする場合にも同様に時間がかかることを考え、あらかじめ割り水をしておくという方法があります。

あらかじめ自分の好みの濃さで焼酎を割っておき、それを飲むことによって、焼酎の香りをより自然な形でまろやかに感じることができるでしょう。

割り水した焼酎を小さな瓶などに分けておき、後から飲んでいくという方法がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
芋焼酎
芋焼酎
人気ランキング
麦焼酎
麦焼酎
人気ランキング
黒糖焼酎
黒糖焼酎
人気ランキング
米焼酎
米焼酎
人気ランキング
そば焼酎
そば焼酎
人気ランキング