あなたにオススメのチーズをご提案!
ピントルのチーズ専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴

ブリーチーズの魅力や食べ方を徹底解説

ブリーチーズについて

「チーズの王様」と称される1000年以上前にフランスで生まれたチーズ「ブリーチーズ」。フランスを代表する白カビチーズであり、癖が少なく濃厚な味わいが特徴です。日本ではカマンベールチーズのほうが有名ですが、カマンベールチーズはブリーチーズから派生して生まれたものです。

そんなブリーチーズの食べ方や栄養、賞味期限などの扱い方から、おすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

ブリーチーズとは?

ブリーチーズとは?

フランスのブリー地方で1000年以上前から作られてきたブリーチーズ。フランスを代表するチーズであり、チーズの王様と称されている白カビチーズです。ブリーチーズは癖が少なく食べやすいチーズであり、とろけるような濃厚な味わいが魅力です。

日本では白カビチーズと言えば「カマンベールチーズ」のほうが有名ですが、カマンベールチーズはブリーチーズから派生して生まれたチーズと言われています。1790年にブリーチーズの製法がカマンベール村に伝えられたことから、カマンベールチーズは生まれました。

>>カマンベールチーズについてはコチラ

ブリーチーズは「チーズの王様」と称されていますが、濃厚な味わいから「チーズでできたお菓子」とも称されています。ブリーチーズとは、古くから愛されてきたフランスが誇る濃厚な白カビチーズです。

>>チーズの種類・世界のチーズを一挙公開!

ブリーチーズのカロリーや栄養成分

癖が少なく濃厚でクリーミーな味わいが魅力のブリーチーズ。古くから権力者たちに愛されてきたフランスを代表するチーズです。

そんなブリーチーズの気になるカロリーや栄養素をご紹介しますので、参考にしてみてください。

ブリーチーズ100gあたりの栄養素
カロリー 349kcal
たんぱく質 18.8g
炭水化物(糖質) 1g
脂質 29g
コレステロール -mg
食塩相当量 3.8g
カルシウム 590mg
ビタミンB2 0.42mg

>>チーズのカロリーとダイエットについて

ブリーチーズの美味しい食べ方

ブリーチーズの美味しい食べ方

癖が少なく、クリーミーで濃厚な味わいが魅力のブリーチーズ。熟成が進むほど中身がとろけ、どろりとした食感と気品のある香りが楽しめます。そんなブリーチーズのおすすめの食べ方は、そのまま食べることです。

ブリーチーズは「チーズでできたお菓子」と称されており、完成された料理としてのバランスの良さを感じさせます。また、カマンベールと比べると癖も塩分も少ないので、フランスパンやクラッカーなどの味の薄いものと一緒に食べるのもおすすめです。ブリーチーズの気品ある香りや味わいをそのまま楽しめます。

また、黒コショウを少し振りかけたり、メープルシロップをかけてもとても美味しいのでおすすめです。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

ブリーチーズの賞味期限

ブリーチーズの賞味期限

大手チーズメーカーの多くは、「賞味期限の順守」「開封後は早めに食べきる」ことを推奨していますが、ブリーチーズ等のナチュラルチーズの場合は必ずしもそうとは限りません。

ナチュラルチーズは食品ですので、賞味期限の記載が義務付けられています。しかし、ナチュラルチーズには乳酸機や発酵菌などの多くの菌が生きた状態で存在しており、日を追うごとに熟成しています。それゆえ、賞味期限はナチュラルチーズにとっては目安にすぎません。

ナチュラルチーズはフルーツの様に、温度や湿度などの保存環境によって状態が大きく異なります。ですので、ブリーチーズ等のナチュラルチーズは、記載されている賞味期限後でも美味しく食べられることが多いです。

しかし、前述した通りナチュラルチーズは日々熟成が進んでいますので、賞味期限に関わらず、一口味見をしてから食べられるか判断することをおすすめします。見た目からは分からないことが多く、もったいないですよ。

ブリーチーズの保存方法

ブリーチーズの保存の基本は「密閉」して「冷蔵庫」で保存です。乾燥させてはいけませんので、切り口をラップで包んでジップロック等の密閉できるビニール袋に入れ、冷蔵庫の出来れば野菜室で保存するのが基本です。

長期の保存をする場合は小分けにして冷凍保存することも可能です。しかし、どうしても風味や食感が落ちますのでおすすめはしません。解凍の際は出来るだけ時間をかけた方が風味が落ちにくいです。

おすすめのブリーチーズ

1000年以上の歴史を誇るフランスを代表する白カビチーズ「ブリーチーズ」。 昔から皇帝などの権力者たちに愛されてきたチーズであり、「チーズの王様」や「チーズでできたお菓子」とも称されています。

癖がないので食べやすく、クリーミーで濃厚な味わいが魅力です。そんなブリーチーズの中でも、特におすすめのブリーチーズをご紹介しますので、ブリーチーズ選びの参考にしてみてください。

成城石井の熟成ブリーチーズ

現在の価格はコチラ

高級食料品店として名高い「成城石井」のブリーチーズがおすすめです。成城石井の中でも特に高い人気を誇るチーズであり、濃厚でクリーミーな美味しいチーズです。日本人の味覚に合わせて通られたチーズですので非常に食べやすく、豊かな香りとクリーミーなコクが魅力のブリーチーズです。特におすすめのブリーチーズです。

フランスブリーチーズ

現在の価格はコチラ

一度は食べてほしいのが本場フランスのブリーチーズです。1000年以上の歴史を感じさせる深い味わいが感じられます。熟成が進むほどにトロリと柔らかくなり、クリーミーで濃厚な味わいとなります。少しお値段はしますが、フランス生まれのチーズの王様を食してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴