あなたにオススメのチーズをご提案!
ピントルのチーズ専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴

クリームチーズの魅力や食べ方を徹底解説

クリームチーズについて

滑らかな口どけと、程よい酸味が特徴のクリームチーズ。クリーミーで癖が無いことから老若男女を問わず高い人気を誇っています。そのまま食べるのはもちろん、チーズケーキの材料や料理にも良く使用されるチーズです。

そんな、クリームチーズの食べ方や賞味期限、おすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

クリームチーズとは?

クリームチーズとは?

クリームチーズとは、生クリームないしは牛乳と生クリームの混合物から製造する軟性チーズであり、熟成を行わないチーズです。柔らかくキメが細かい組織と適度な酸味と滑らかさ特徴です。

クリームチーズはチーズケーキの材料として使われることが多いですが、そのままパンに塗って食べたり、サラダのトッピングや様々な料理に使われることも多い人気のチーズです。

クリームチーズの原産地は不明とされており、世界でも最古のチーズの1つと言われています。しかし、アメリカのクリームチーズで有名な「クラフトチーズ」は、クリームチーズの起源は1872年のアメリカであると主張しています。諸説ありますが、有力な説はなくクリームチーズの起源は不明とされています。

>>チーズの種類・世界のチーズを一挙公開!

クリームチーズのカロリーや栄養成分

滑らかな口当たりと程よい酸味から、老若男女を問わず高い人気を誇るクリームチーズ。そのまま食べても美味しいですし、色々な料理やケーキに使われることも多く、食べる頻度の高いチーズだと思います。そこで、クリームチーズの気になるカロリーや栄養素をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

クリームチーズ100gあたりの栄養素
カロリー 346kcal
たんぱく質 8.2g
炭水化物(糖質) 2.3g
脂質 33g
コレステロール 99mg
食塩相当量 0.7g
カルシウム 70mg
ビタミンB2 0.22mg

>>チーズのカロリーとダイエットについて

クリームチーズの美味しい食べ方

クリームチーズの美味しい食べ方

クリームチーズは滑らかな口どけと程よい酸味から、日本でも高い人気を誇るチーズです。チーズケーキやサラダには定番のチーズです。そんなクリームチーズの美味しい食べ方をご紹介します。

まずおすすめしたいのは「和風」のクリームチーズです。食べたことが無い方には意外に感じられるかもしれませんが、クリームチーズは和風の食材や調味料との相性が抜群です。

例えば、クリームチーズに醤油をかけても美味しいですし、鰹節やワサビ醤油でクリームチーズを食べるのは、居酒屋では定番のメニューです。他にも海苔やゴマなどとも相性が良いので、おすすめのクリームチーズの食べ方です。

クリームチーズディップもおすすめ

クリームチーズをディップにして食べるのもおすすめです。オレンジマーマレードやブルーベリージャムなど各種ジャム類とクリームチーズを混ぜ、パンや野菜スティックを付けて食べると非常に美味しいです。

また、ガーリックチップや味噌、豆腐、明太子などもクリームチーズディップにはおすすめです。どれも豊かな香りと滑らかさにコクがある非常に美味しいディップとなります。クリームチーズのおすすめの食べ方です。

スポンサーリンク

クリームチーズの賞味期限

クリームチーズの賞味期限

大手チーズメーカーの多くは、「賞味期限の順守」「開封後は1週間以内に食べきる」ことを推奨していますが、クリームチーズなどのナチュラルチーズの場合は必ずともそうとは限りません。

ナチュラルチーズは食品ですので、賞味期限の記載が義務付けられていますが、ナチュラルチーズには乳酸機や発酵菌などの多くの菌が生きた状態で存在しており、日を追うごとに熟成しています。それゆえ、賞味期限はナチュラルチーズにとっては目安にすぎません。

ナチュラルチーズはフルーツの様に、温度や湿度などの保存環境によって状態が大きく異なります。ですので、クリームチーズ等のナチュラルチーズは、記載されている賞味期限を過ぎても美味しく食べられることが多いです。

しかし、前述した通りナチュラルチーズは日々熟成が進んでいますので、賞味期限に関わらず、一口味見をしてから食べられるか判断することをおすすめします。見た目からは分からないことが多く、もったいないですよ。

クリームチーズの保存方法

クリームチーズの保存に関しては、クリームチーズメーカーの多くは「密閉容器での保存」を推奨しており、「開封後は1週間以内に食べきる」よう案内しています。また、クリームチーズの冷凍による保存は推奨していません。

多くの方は、クリームチーズは冷蔵庫で保存していると思いますが、クリームチーズはチルド室に入れておいても、カビが生えることもあります。それゆえ、余ったクリームチーズは、すぐに小分けにして冷凍保存することをおすすめします。

もちろん冷凍することによって、クリームチーズの風味は少し落ちます。しかし、クリームチーズは他のチーズよりも風味の少ないチーズですのでそこまで気にする必要はないと思います。

注意すべきポイントは「解凍」です。解凍に失敗すると、ホエーオフ(離水現象)やオイルオフ(油分の分離)が発生し、クリームチーズがボロボロになってしまいます。ですので、クリームチーズの解凍は冷蔵庫でゆっくりと行ってください。クリームチーズは解凍に時間をかけるほど、安全に解凍が出来ます

おすすめのクリームチーズTOP3

程良い酸味と滑らかな口どけで高い人気を誇るクリームチーズ。そのまま食べることはもちろん、チーズケーキの材料やおつまみ、ディップとしても人気です。そんなクリームチーズの中でも、特に人気の高いおすすめのクリームチーズをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 第1位:kiri

現在の価格はコチラ

言わずと知れたクリームチーズのトップブランド「キリ」のクリームチーズがおすすめ第1位です。 他のクリームチーズよりもマイルドな口どけが特徴であり、酸味を抑えた濃厚なコクが魅力です。そのまま食べるのはもちろん、ケーキや料理など何にでも使えるおすすめのクリームチーズです。

第2位:ピーチメルバ

現在の価格はコチラ

ピーチメルバとは、デンマーク産のクリームチーズであり、桃やラズベリーなどのフルーツが練り込まれたものです。TVでも取り上げられ、マツコさんも絶賛した美味しいクリームチーズです。フルーティーで非常に美味しく、特に女性におすすめのクリームチーズです。

第3位:フィラデルフィア

現在の価格はコチラ

クリームチーズの超有名ブランド「フィラデルフィア」のクリームチーズがおすすめ第3位です。他のクリームチーズに比べて濃厚な香りやコクが特徴であり、バランスの良さが魅力です。チーズケーキの材料として定番のクリームチーズであり、ファンの多いおすすめのクリームチーズです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴