あなたにオススメのチーズをご提案!
ピントルのチーズ専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴

白カビチーズ(ホワイトチーズ)の種類と美味しい食べ方

白カビチーズの種類と食べ方

もっちりした食感とマイルドな味わいが人気の白カビチーズ。食べ頃が大事なチーズとして知られており、熟成させていくことによって溶け出すほどなめらかにすることができます。

ここでは初心者でも食べやすい白カビチーズ(ホワイトチーズ)の種類と食べ方について紹介します。

スポンサーリンク

白カビチーズ(ホワイトチーズ)とは?

白カビチーズ(ホワイトチーズ)とは?

チーズの表面に白カビを繁殖させることによって熟成させるのが白カビチーズです。英名では「white-rind cheese」や「Bloomy Rind Cheese」とも呼ばれ、代表的なチーズとしてはカマンベールなどが挙げられます。

もっちりとした食感とまろやかな味わいが特徴となっており、熟成が進むにつれて中のチーズがどんどん柔らかくなっていきます。そういった意味で食べ頃が大事なチーズとして知られています。チーズ独特のクセもないので初心者でも食べやすいのも魅力なのでぜひ試してみてください。

白カビを食べても害はないの?

白カビチーズに使用されている白カビは、実はカビではないってご存知ですか?

青カビチーズ(ブルーチーズ)の青カビはカビの一種ですが、白カビチーズの白カビは産膜酵母という酵母の一種なので、食べてしまっても体に害はありません

ちなみに白カビチーズの皮は、食べても食べなくてもどちらでもOKです。熟成の役目を終えると表面の皮に赤茶色の斑点が出てくるので、食べ頃の時期を判断する基準となります。

白カビチーズ(ホワイトチーズ)の用途

もちっとした食感とマイルドな口当たりが特徴となっているので、そのまま食べられることが非常に多いチーズです。白カビチーズはそもままおつまみとして食べるだけでも十分に楽しめるだけでなく、フルーツやクラッカーにスライスした白カビチーズをのせても美味しく食べられます。

表面の白カビ部分(皮)は独特の酸味や渋味をまとっており、苦手な人は中の柔らかい部分だけを食べるという人もいます。好みに合わせて食べるのが良いでしょう。

白カビチーズ(ホワイトチーズ)の賞味期限

メーカーの多くは開封後は一週間以内に食べきることを勧めています。しかしナチュラルチーズ、特に白カビチーズは熟成が進みますし、食べ頃が大事なチーズでもあります。保存する環境によっても熟成の進み具合も違うので、あくまで目安程度と思っておいたほうがいいでしょう。

ナチュラルチーズは賞味期限を過ぎてしまっても美味しく食べてることが非常に多いので、一口味見をして決めてもいいかもしれません。

アンモニア臭を感じたら?

白カビチーズは徐々に熟成が進んでいきます。そんな中で少しアンモニアの匂いがしたら食べ頃ということになります。いい匂いというわけではないので食べれないと思われがちですが、美味しく食べれるサインなのでさっそく食べてみてください。

アンモニアの匂いがきつくなってきたら過熟のサインです。そのままにしていると食べることができなくなってしまうので、アンモニアの匂いが強くなったらなるべく早く食べるようにしましょう。

白カビチーズ(ホワイトチーズ)の種類と食べ方

白カビチーズ(ホワイトチーズ)の種類

もちっとマイルドな白カビチーズには数々の種類があります。特に有名な白カビチーズをピックアップしたので紹介していきます。

など。

カマンベール

軟質チーズの表面に白カビを植えつけて熟成させたチーズがカマンベールです。元々は後述するブリーチーズが元になっており、フランス北部のカマンベール村で作られたことから名付けられました。

クセがなくなめらかな味わいになっているので、初心者でも食べやすいのが魅力の白カビチーズです。ブリーチーズと似ていますが大きさに違いがあり、カマンベールの方が小さいため、ブリーチーズと比べて熟成のスピード早いという特徴があります。

カマンベールの美味しい食べ方

もちっとした食感とマイルドなクセのない味わいを持っているので、そのまま食べるのがおすすめです。他にもチーズフォンデュなどに使われることもあります。

>>カマンベールチーズについて詳しくはコチラ

ブリーチーズ

カマンベールの元である「チーズの王様」と言われているのがブリーチーズです。クセが少なく濃厚な味になっており、ブリーチーズの中でもブリー・ド・モーが特に有名です。

カマンベールに比べてサイズが大きいので熟成がゆっくりと進みます。脂肪分が60%なので高めではありますが、濃厚な味とクリーミーな口当たりを楽しむことができる世界中で人気のチーズです。

ブリーチーズの美味しい食べ方

カマンベール同様、濃厚な味わいとまろやかな口当たりを楽しめるので、そのまま食べるのがおすすめです。味わいが濃いので、コクが強めのワインと合わせるとより一層美味しく食べることができるでしょう。

>>ブリーチーズについて詳しくはコチラ

ブリア・サヴァラン

フランスの美食の権威であるブリア=サヴァランにちなんで名付けられた白カビチーズです。生クリームを加えて製造されるトリプルクリームタイプなので、脂肪分が75%と高く、非常にまろやかな味わいとなっています。

濃厚なミルクの風味とコクがありながらも少し酸味があるので、さっぱりと食べられるのが魅力となっている白カビチーズです。

ブリア・サヴァランの美味しい食べ方

脂肪分が高いので、熟成を待たなくても美味しく食べることができます。濃厚でクリーミーな味が特徴となっているので、そのまま食べることをおすすめします。ミルクの味わいもあるので、コーヒーとも相性が良いチーズです。

バラカ

馬蹄型という意味のフランスの白カビチーズがバラカです。脂肪分が60%以上あるので、クセがなくクリーミーな味わいが特徴となっており、初心者でも美味しく食べることができるチーズです。

フランスでは馬蹄は縁起が良いとされているので、バラカはプレゼントにも最適なチーズとされています。

バラカの美味しい食べ方

クリーミーで濃厚な味わいが特徴となっているので、そのまま食べるのが良いでしょう。フルーツなど酸味があるものと合わせると、より一層バラカの味を引き立てることができます。

シャウルス

シャンパンで有名なフランスのシャンパーニュ地方であり、濃厚の味わいの中にフルーティーな香りを持つ白カビチーズです。外皮が若干厚めになっており、味わいがあるのも特徴となっています。

シャウルスの美味しい食べ方

同じ産地であるシャンパンと合わせてそのまま食べるのがおすすめです。フルーティーな香りもあるので、ドライフルーツなどと併せても美味しくたべることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴