あなたにオススメのチーズをご提案!
ピントルのチーズ専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴

ゴーダチーズの魅力や食べ方を徹底解説

ゴーダチーズについて

オランダ発祥のチーズであり、世界で最もポピュラーなチーズのひとつ「ゴーダチーズ」。ゴーダチーズは日本人の味覚に最も合うチーズと称されており、クセの無い味わいと豊かなコクが魅力です。

そんなゴーダチーズの特徴や食べ方、保存方法、おすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

ゴーダチーズとは?

ゴーダチーズとは?

ゴーダチーズとは、オランダの代表的なチーズであり、オランダのチーズ生産量の60%を占めるチーズです。ナチュラルチーズの中でもセミハードチーズに分類されており、正式なサイズや重さが定められている円盤型のチーズです。

ゴーダチーズは表面をロウでコーティングされているのも特徴で、ナイフを入れない限りは急激に熟成が進むことはありません。それゆえ、オランダでは裸の状態で売られていることが多いです。

ゴーダチーズは「日本人の味覚に最も合うチーズ」と称されており、日本でも非常に高い人気を誇っています。チェダーチーズと共に、プロセスチーズの主な原料としても使われています。ゴーダチーズはクリーミーでさっぱりとした味わいが特徴ですが、熟成が進むと旨みや香りが増してコクが深くなります。

>>チーズの種類・世界のチーズを一挙公開!

ゴーダチーズのカロリーや栄養成分

クセの無い風味と豊かなコクと旨みから日本人の味覚に最も合うチーズと言われているゴーダチーズ。そんなゴーダチーズの気になるカロリーや栄養素をまとめましたので参考にしてみて下さい。

ゴーダチーズ100gあたりの栄養素
カロリー 380kcal
たんぱく質 25.8g
炭水化物(糖質) 1.4g
脂質 g
コレステロール 83mg
食塩相当量 2g
カルシウム 680mg
ビタミンB2 0.33mg

>>チーズのカロリーとダイエットについて

ゴーダチーズの美味しい食べ方

ゴーダチーズの美味しい食べ方

ゴーダチーズはクセの無さと豊かな旨みから非常に人気の高いチーズです。そのまま食べるのはもちろん、パンやクラッカー、オムレツ、ピザ、グラタン、ディップにフォンデュ、お菓子作りまで使える万能なチーズです。

ゴーダチーズをそのまま食べるのであれば、食べる30分前に乾燥しないように注意して常温に戻しておけば、チーズ本来の香りや味をより楽しめます。ゴーダチーズはクセの無さが特徴ですので、ナチュラルチーズの初心者の方には特におすすめです。

ゴーダチーズは前述したように何にでも合う万能なチーズですが、加熱するといい塩梅で溶けることから、ピザやオムレツ、オーブン料理にもおすすめです。豊かな香りとコクが料理にプラスされますので、おすすめです。

スポンサーリンク

ゴーダチーズの賞味期限

ゴーダチーズの賞味期限

ナチュラルチーズの中では保存性が高いことで知られているゴーダチーズの賞味期限についてご紹介します。

大手チーズメーカーの多くは、「賞味期限の順守」「開封後は早めに食べきる」ことを推奨していますが、ゴーダチーズ等のナチュラルチーズの場合は必ずしもそうとは限りません

ナチュラルチーズは食品ですので、賞味期限の記載が義務付けられています。しかし、ナチュラルチーズには乳酸機や発酵菌などの多くの菌が生きた状態で存在しており、日を追うごとに熟成しています。それゆえ、賞味期限はナチュラルチーズにとっては目安にすぎません。

ナチュラルチーズはフルーツの様に、温度や湿度などの保存環境によって状態が大きく異なります。ですので、ゴーダチーズ等のナチュラルチーズは、記載されている賞味期限後でも美味しく食べられることが多いです。

しかし、前述した通りナチュラルチーズは日々熟成が進んでいますので、賞味期限に関わらず、一口味見をしてから食べられるか判断することをおすすめします。見た目からは分からないことが多く、もったいないですよ。

ゴーダチーズの保存方法

ゴーダチーズの保存の基本は「密閉」して「冷蔵庫」で保存です。乾燥させてはいけませんので、切り口をラップで包んでジップロック等の密閉できるビニール袋に入れ、冷蔵庫の出来れば野菜室で保存するのが基本です。

ゴーダチーズはナチュラルチーズの中では保存性が高いチーズですので、フレッシュチーズ程神経質になる必要はありません。また、長期の保存をする場合は小分けにして冷凍保存することも可能です。しかし、どうしても風味や食感が落ちますのでおすすめはしません。解凍の際は出来るだけ時間をかけた方が風味が落ちにくいです。

おすすめのゴーダチーズ

日本人の味覚に最も合うチーズと称される「ゴーダチーズ」。クセの無い味わいと豊かなコクから、老若男女を問わず高い人気を誇ります。そんなゴーダチーズの中でも、特に人気の高いおすすめのゴーダチーズをご紹介しますので、ゴーダチーズ選びの参考にしてみて下さい。

オランダ産ゴーダチーズ

現在の価格はコチラ

本場オランダのゴーダチーズが最もおすすめです。オランダでは生産されるチーズの約60%がゴーダチーズと言われており、ゴーダチーズの生産が世界一盛んな国です。そんなオランダのゴーダチーズは風味や味、コクなどすべてが高水準で、非常に美味しいです。癖がないのでナチュラルチーズの初心者にもおすすめのゴーダチーズです。

日本産ゴーダチーズ

現在の価格はコチラ

日本で作られたゴーダチーズもおすすめです。さらに癖が少ないのが特徴であり、輸送の必要もないので比較的熟成の若いゴーダチーズを楽しむこともできます。クリーミーでさっぱりとした味わいのゴーダチーズをお求めの方におすすめのゴーダチーズです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
フレッシュチーズ
フレッシュチーズ
種類や食べ方
白カビチーズ
白カビチーズ
種類や食べ方
ウォッシュチーズ
ウォッシュチーズ
種類や食べ方
シェーブルチーズ
シェーブルチーズ
種類や食べ方
ブルーチーズ
ブルーチーズ
種類や食べ方
セミハードチーズ
セミハードチーズ
種類や食べ方
ハードチーズ
ハードチーズ
種類や食べ方
プロセスチーズ
プロセスチーズ
種類や特徴