あなたに合うのハーブティーをご紹介ピントルのハーブティー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
美容&健康に!ハーブティーのおすすめランキング
おすすめ
ハーブティー
花粉症対策におすすめのハーブティー
花粉症
おすすめ
便秘解消におすすめのハーブティー
便秘解消
おすすめ
ダイエットにおすすめのハーブティー
ダイエット
おすすめ
リラックスやストレス解消におすすめのハーブティー
リラックス
おすすめ

ハイビスカスティーの成分や効果効能

ハイビスカスティーについて

ハイビスカスティーには疲労回復、美容、むくみ解消などの効能があると言われ、かの有名なクレオパトラも美貌を保つために飲んでいたと言われています。ここではハイビスカスティーの成分効能注意点だけでなく、入れ方、飲み方、選び方に至るまでご案内させていただきます。

これを読めばきっとあなたもハイビスカスティーについて詳しくなれるでしょう。

スポンサーリンク

ハイビスカスティーの特徴

ハイビスカスティーの特徴

ハイビスカスティーはいわゆるハイビスカス(南国の赤や黄色の花)からとれるものではなく、同じアオイ科、ローゼルという植物の花のがく部分を乾燥させたものです。

香り味はともにすっぱい香り、酸味があり、色は鮮やかな赤色です。味、香りは植物酸(クエン酸など)によるもので、赤い色はアントシアニン(酸性で赤色)によるものです。これらの特徴を生み出す成分はハイビスカスの効能の大事な要素になっています。

ハイビスカスティーの成分と効果効能

ハイビスカスティーの成分と効果効能

ハイビスカスティーの効能は疲労回復、美容、むくみや2日酔い解消、目の疲れをとるなどがあげられます。含まれる成分と効能について詳しく見ていきましょう。

成分

  • ポリフェノール
    • アントシアニン
  • 植物酸
    • クエン酸
    • リンゴ酸
    • ハイビスカス酸
  • ペクチン
  • ビタミン
    • ビタミンC、他
  • ミネラル
    • カリウム、他

効果と効能

  • 疲労回復
  • 美容
  • むくみ、2日酔い解消
  • 目の疲れをとる
  • 脂肪分解とダイエット
  • その他

>>ハーブティーの種類と効果効能一覧

疲労回復

この効能にはハイビスカスティーに含まれる植物酸(クエン酸・リンゴ酸)が関与しているとされています。

クエン酸は運動後に摂取すると精神ストレスの指標となる物質の数値を下げるとされており、疲労時に摂取することで疲労感の回復が望めるとされています。

またハイビスカスティーに含まれるリンゴ酸はクエン酸回路と呼ばれる体内のエネルギーを作り出す反応系の材料となりエネルギーの供給に役立つとされています。

因みに疲労と聞くと乳酸の蓄積というイメージがありますが、現在その考え方は否定されており、運動をして生じた乳酸は一定時間を超えるとまたエネルギーを作り出す材料として消費されていきます。

では、疲労状態とはどういった状態かというと、活性酸素が増え、正常な生体分子(たんぱく質)が傷つけられている状態とされています。

美容

美容に関する効能としてはシミをできにくくし、消す作用があげられます。ハイビスカスティーに含まれるビタミンCはシミの元となる黒色メラニンの生成を抑制し、また、黒色メラニンを無色の成分に変える働きがあります。これによって美容効果が期待できるとされています。

 むくみ、二日酔いの解消

この効能はカリウムによるものとされています。むくみの原因の1つにナトリウムが体内に多くあることがあげられます。ナトリウムが細胞内に多く存在するとそれを薄めるために周囲から水分を取り込んで細胞がふくらみ、むくみが発生します。

カリウムは一定以上体内に存在するとナトリウムを伴い尿として体外に排出される(利尿作用)ためカリウムを取ることでナトリウムを排出し、むくみの原因をなくします。

二日酔いになるとアルコールの利尿作用で体内のカリウムをはじめとするミネラルが不足している状態になります。そこでハイビスカスティーをはじめ、カリウムを含むものを摂取することで状態の回復ができるとされています。

※通常、体内のカリウム量は一定とされているため摂取した分はほぼ同量排出されるとされています。(二日酔の状態は含みません)

目の疲れをとる

目の疲れの原因として目の網膜にあるたんぱく質、ロドプシンの分解と再合成がスムーズに行われていないことがあげられます。ハイビスカスティーの色素成分であるアントシアニン分解されたロドプシンの再合成を促進する作用があるとされています。

これによりハイビスカスティーを飲むことで目の疲れを回復させることができるとされています。

脂肪分解とダイエット

ハイビスカスティーに含まれるリンゴ酸はエネルギーをつくる反応に関わっており、その過程で脂肪を分解し、エネルギーを作り出します。このため、リンゴ酸を取り入れることで脂肪の分解、ダイエット効果が期待できるとされています。

また、ハイビスカス酸はデンプンから糖への分解(アミラーゼ活性)を阻害するため、体内への糖吸収を抑え、糖が代謝されることで作られる脂肪生成を阻害するとされています。

その他

その他の効能としては血行促進、喉の炎症を抑える、風邪の症状緩和、便秘改善などもあるとされています。血行促進はクエン酸、喉の炎症にはペクチン、風邪炎症の緩和や便秘改善はビタミンCが関わるとされています。

スポンサーリンク

ハイビスカスティーを飲む際の注意点

ハイビスカスティーを飲む際の注意点

ハイビスカスティーを飲む上での注意点としては飲みすぎないこと、そして妊娠中、授乳中の女性は控えることです。飲み過ぎると下痢や吐き気、頭痛などの症状を引き起こす可能性があり、妊娠中や授乳中の飲用は月経刺激作用を示し、場合によっては流産する可能性も否定できません。

>>カフェインレスでも注意なハーブティーの効果

ハーブは薬ではありませんので医師から処方された薬の代わりに使用することはできません。効能のメカニズムについても解明されていない部分が多いというのが現状です。ですが、古くからその効能が認められ、飲まれ続けているという事実は変わりません。効能についての理解した上でハーブティーの良さを楽しみましょう。

>>ハーブティーに潜む副作用とアレルギー

ハイビスカスティーの上手な入れ方

ハイビスカスは抽出時間が5分程度と他のハーブに比べ少しかかります。鮮やかなティーが出る時間も楽しみながらティータイムをお楽しみください。ただし、商品によっては細かくなっているタイプもあるため表示の確認をお願いします。

用意するもの

  • ティーポットや急須(蓋ができるもの)
  • 茶こし(ティーポットについている場合、ティーバッグを使う場合は不要)
  • ティーカップ
  • お湯 150 (1杯分)※
  • ハーブ 3g (1杯分)※

※お湯とリーフの量は目安です。

入れ方

  • お湯を沸かす
  • ティーポット(急須)とティーカップにお湯を注ぎ、温まったらお湯を捨てる(ティーカップのお湯はそのまま)
  • ティーポットにハーブを入れる
  • お湯(95℃以上)※をティーポットに入れ、蓋をして5分蒸らす
  • ティーポットを水平にしたまま軽く回し、濃さを均一にする
  • ティーカップのお湯を捨ててティーを注ぐ

ハーブの成分をしっかり抽出するために必ず沸騰したお湯を使用してください。

ティーバッグを使用する際はメーカーによってハーブの量が異なる為、表示を確認してからいれてください。

もし、おいしいと感じられない場合は、ハーブの量を加減したり蒸らし時間を調整し、自分好みの味や濃さにしても良いでしょう。

また、アイスティーとして飲む場合は通常よりお湯の量を1/2~1/3として濃く作り、それを氷を入れたグラスに注ぐと丁度良くなります。

>>ハーブティーの入れ方を徹底解説

ハイビスカスティーの上手な飲み方

ハイビスカスティーの上手な飲み方

ハイビスカスの酸味が特徴のハーブティーです。酸味が苦手と感じる方ははちみつなど甘味のあるものを加える、もしくは他のハーブとブレンドすることもおすすめです。また、飲みやすくする例としてはカルピスの原液をアイスのハイビスカスティーで割る方法です。比率はカルピス10mlにハイビスカスティー150mlが目安です。

飲む量は1日1杯からはじめ、1日2~3杯を目安にしましょう。飲みすぎによって副作用もありますので摂り過ぎにはご注意ください

ハイビスカスティーとのブレンドに相性の良いハーブ

ハイビスカスティーと相性の良いハーブはローズヒップです。効能、成分も近いため、このブレンドの商品も多数あります。そのほかにも、ルイボス、ローズ、ペパーミントなどがあげられます。ブレンド例としてはハイビスカス:ローズヒップ:ルイボス=1:1:2です。好みに合わせてお気に入りのブレンドを見つけてください。

>>自作ハーブティーのブレンド方法

おすすめのハイビスカスティー

どのハーブティーにも言えることですが、ハイビスカスティーを選ぶ際もオーガニック(有機)のものを選んでください。原産国はエジプト、スーダン、中国があり、地域ごとに味も異なります。エジプトのものは酸味が上品であると言われております。

また、ハイビスカスティーはブレンドのものも多く販売されています。下記にいくつか紹介させていただきますので参考までにご覧下さい。

ハイビスカスティー(100%)

有機のハイビスカスティー100%のものです。

nichiei / 有機ハイビスカスティー
現在の価格はコチラ

こちらはエジプト産のハイビスカス100%です。細かいタイプなので2g/1杯とし、カップに直接ハーブとお湯を注いで飲むことができます。容量は100gと350g、500gがあります。

ヴィーナース / オーガニック・ハイビスカスティー
現在の価格はコチラ

使いやすいティーバッグタイプです。15個入、60個入があります。容量が多いほどお得になります(15個入40円/個、60個入30円/個)。また、同社ではホールタイプの販売もしています。

ブレンド

ハイビスカスに相性のよいハーブをあわせたブレンドティーです。

Tea Boutique / ハーブティーミニパックローズヒップ&ハイビスカス
現在の価格はコチラ

ハイビスカスと相性の良いローズヒップをブレンドしたブレンドティーです。こちらはホールタイプとなります。同社にはティーバッグタイプもあります。

CLIPPER / red fruits&aronia berry(レッドフルーツ&アロニアベリーティー)
現在の価格はコチラ

ティーバッグタイプ20個入。有機のハーブ8種類をブレンドしたハーブティーです。

GREEN PARK Ave.  / ルビードロップ
現在の価格はコチラ

少し珍しい食べるブレンドティーです。ドライフルーツが沢山入っていて甘味があります。容量は50g、100g、300gの3種類があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
美容&健康に!ハーブティーのおすすめランキング
おすすめ
ハーブティー
花粉症対策におすすめのハーブティー
花粉症
おすすめ
便秘解消におすすめのハーブティー
便秘解消
おすすめ
ダイエットにおすすめのハーブティー
ダイエット
おすすめ
リラックスやストレス解消におすすめのハーブティー
リラックス
おすすめ