美味しい飲み方からおすすめ銘柄まで
ピントルのブランデー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ブランデーの美味しい飲み方
ブランデー
飲み方
コニャックのおすすめ銘柄ランキング
コニャック
おすすめ
アルマニャックのおすすめ銘柄ランキング
アルマニャック
おすすめ
カルヴァドスのおすすめランキング
りんごブランデー
おすすめ
5千円以下のおすすめブランデーTOP5
五千円以下
おすすめ

ピスコとは?歴史や種類と定番銘柄

ピスコ(Pisco)とは?

ペルーのブランデー「ピスコ」をご存知ですか?ピスコはペルーで作られている無色透明のブドウの蒸留酒です。爽やかな風味と優しい口合当たりが魅力であり、カクテルとしても人気のブランデーです。そんなピスコの特徴や製法、定番銘柄についてご紹介します。

スポンサーリンク

ピスコ(Pisco)とは?

ピスコ(Pisco)とは?

「ピスコ」というお酒をご存知ですか?ピスコとは、ペルーのブランデーと言われるブドウの蒸留酒です。無色透明で爽やかな風味と優しい口合当たりが魅力であり、ペルーでは「神の美酒」と称される人気のブランデーです。

ペルーではピスコは国民的なお酒であり、ブドウの収穫期の2月の第1土曜日を「ピスコサワーの日」と定め、リマ市内では様々なイベントや催しが開かれています。

ピスコ(Pisco)の製法

ピスコはブドウを原料とした蒸留酒であることは前述した通りですが、具体的な製法について簡単にご紹介します。

ピスコに使われているブドウは主に「ケブランタナ品種」です。これを十分に圧縮してブドウジュースを作ります。ピスコを製造している酒造を「ボデガ」と言いますが、大きなボデガは機械で行っていますが、小さなボデガでは今なお原始的な「脚で踏みつぶす」方法が用いられています。

次に、ジュース状にしたブドウを発酵楼に入れて自然発酵させ、ワインを作ります。この後に蒸留酒とするので、アルコール度数が10%程度になった時点で発酵楼から取り出します。

そして、ポットスチルに入れて蒸留させます。そうして完成したのが「ピスコ」です。

ピスコ(Pisco)とブランデーの違い

ブドウジュースを作って、醸造酒を作って、それを蒸留してお酒にする。ピスコの製法を見てみると「一般的なグレープブランデーと何が違うの?」と思う人も多いのではないでしょうか?

大きな違いは、ピスコは無色透明なままで出荷されるホワイトブランデーであるということです。一般的なピスコは樽熟成を行っていないため液色が透明なままであり、日本の焼酎のように甕熟成をさせるため色がつかないのです。

>>ブランデーの種類についてはコチラ

ピスコ(Pisco)の種類

一口にピスコと言ってもいくつかの種類があります。ピスコの原料となる「ケブランタナ品種のブドウ」にも数種類あり、その種類によってピスコも種類が分かれます。その中でも代表的なピスコの種類と特徴をご紹介します。

  • プーロ
  • アロマティコ
  • モストベルデ
  • アチョラード

これらが代表的なピスコの種類です。「プーロ」は柔らかな香りが特徴であり、「アロマティコ」は逆に香りが強い爽やかな特徴を持っています。「モストベルデ」は独特であり、喉が熱くなるようなキツイ口当たりが特徴です。「アチョラード」は様々な品種を混ぜたピスコです。

ピスコ(Pisco)の歴史

ペルーのブランデー「ピスコ」は、文献に登場するのは17世紀の初頭からです。1613年にはブドウの蒸留酒が作られており、非常にまろやかで美味しいことからペルー全土はもちろん、チリなどの近隣諸国にも輸出されていたという記録が残っています。

この輸出時にピスコ地方の港から運び出されていたことから、港のある地方の名前である「ピスコ」が蒸留酒の名前として用いられました。それゆえ、ペルー生まれのブドウのブランデーは「ピスコ」と呼ばれるようになりました。

ピスコ(Pisco)の美味しい飲み方

ピスコはもちろんストレートやロックでそのままの味を楽しむのもおすすめですが、いくら口当たりがまろやかでもアルコール度数が42度もある蒸留酒ですので、お酒好きの方以外には、敷居が高いかもしれません。

そこでおすすめなのが「ピスコサワー」と呼ばれるカクテルです。ピスコサワーは世界的にも有名なカクテルであり、ピスコ以上に有名だと言われています。ピスコの芳醇な香りはそのままに、飲みやすさとまろやかさが魅力のカクテルであり、女性におすすめです。

作り方も簡単で、以下のレシピで簡単に作ることが出来ます。ぜひ試してもらいたいおすすめのピスコの飲み方です。

  • ピスコ:45ml
  • 卵白:1個分
  • レモン果:適量
  • 砂糖:適量

ピスコ(Pisco)の定番銘柄

現在では世界中で飲まれているペルーのブランデー「ピスコ」。その芳醇でまろやかな風味から「神の美酒」とも称される人気のブランデーです。ピスコはペルーにおいて大小さまざまなボデガと呼ばれる酒造で作られています。

ピスコの定番銘柄と言えば「アンドリエゴ」や「カルデロン」が有名ですが、日本では手に入りにくいのが難点です。日本での入手のしやすさを考慮した場合、「タベルネロ」のピスコが定番銘柄としておすすめです。

タベルネロ

現在の価格はコチラ

南米で最もポピュラーなピスコブランド「タベルネロ」のピスクが定番銘柄としておすすめです。 甘酸っぱさと口当たりの良さが魅力であり、使用しているブドウの種類によっていくつかの種類がありますので、お気に入りを見つけてみて下さい。おすすめはブドウをミックスしたバランスの良い「チョラード」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ブランデーの美味しい飲み方
ブランデー
飲み方
コニャックのおすすめ銘柄ランキング
コニャック
おすすめ
アルマニャックのおすすめ銘柄ランキング
アルマニャック
おすすめ
カルヴァドスのおすすめランキング
りんごブランデー
おすすめ
5千円以下のおすすめブランデーTOP5
五千円以下
おすすめ