売れ筋シリアルを一挙大公開!
ピントルのシリアル専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ひと工夫!牛乳をかける以外のシリアルの食べ方
ちょっと工夫!
シリアルの食べ方
効果的にシリアルダイエットを行う正しい方法
シリアルダイエット
正しい方法
シリアルのレシピ
美味しい
シリアルのレシピ
味で選ぶ!美味しいシリアルまとめ
味で選ぶ
美味しいシリアル
自分に合ったシリアルの上手な選び方
自分に合った
シリアルの選び方

自分に合ったシリアルの上手な選び方

自分に合ったシリアルの上手な選び方

シリアルには様々な種類があり、それぞれのシリアルに特徴があります。シリアルの種類によっては味の種類が多いものもあり選ぶのに迷ってしまいますよね

そんな時にはシリアルを選ぶポイントがあります。そのポイントさえ理解しておけば自分にぴったりのシリアルを見つけることができるので、ここでは『シリアル選びのポイント』などを紹介していきます。

スポンサーリンク

シリアル選びの基本

シリアル選びの基本

シリアル選びの基本となるのは、まず自分がどのようなシリアルが好みなのかを把握することです。シリアルを選ぼうという人ですから食べる頻度も高いでしょう。だからこそ気に入ったシリアルを選びたいですよね。といっても好みにもいろいろポイントがあるので、シリアル選びに大事なポイントを紹介します。

  • 食感
  • カロリー
  • 栄養バランス
  • アレンジのしやすさ

大きく分けると以上の5つがシリアル選びに大事なポイントです。

シリアルの味

まず誰でも気になるのは『』です。やはりせっかくなら美味しいシリアルを食べたいって誰でも思いますよね。シリアルには食べやすい味のシリアルとそうでないものがあります。中にはアレンジがしやすいシリアルもありますが、手軽に簡単に食べられるのがシリアルのメリットでもあるのでまずはシリアル自体の味をポイントとして抑えましょう。

シリアルの食感

次にポイントとなるのが『食感』です。「シリアル=サクサク感」といったイメージを持っている人も多いかと思います。どんなに味が美味しいシリアルでも食感が良くないと美味しく感じませんよね。そういう意味では味と同じくらい食感は重要なポイントになります。このポイントもシリアルによって差があるのでしっかり抑えておきましょう。

シリアルのカロリー

そして特に女性が気にする『カロリー』。健康やダイエットの為にシリアルを取り入れている人も多く、毎日食べるからこそシリアルのカロリーって大事ですよね。このポイントもシリアルによってカロリーに差があるので、健康やダイエットでシリアルと取り入れている人はチェックしてください。

シリアルの栄養バランス

4つ目が『栄養バランス』です。栄養バランスはシリアルの種類によって差があります。原料やどのような製法にしているかで変わってくるポイントとなっており、「栄養バランスが優れている」と謳っているシリアルは非常に多いですが、その中でも特に栄養バランスに優れているシリアルがあります。

単に栄養を摂りたい人もいるかと思いますが、便秘対策で食物繊維を気にしている人は多いです。栄養バランスはもちろんですが食物繊維の含有量もシリアル選びのポイントとなります。

シリアルのアレンジしやすさ

最後が『アレンジのしやすさ』です。基本的にどのシリアルもアレンジできるものとなっていますが、その中でもシリアルによってアレンジのしやすさに幅があります。

ちょっと何かをかけるだけのアレンジからシリアルその物を使った料理などシリアルによって向き不向きがあるわけです。美味しいシリアルを更に美味しく、栄養があるけど食べにくいシリアルを美味しく食べる為にアレンジは意外と大事な要素であり、食べる楽しさにも繋がります

自分に合ったシリアルの選び方

自分に合ったシリアルの選び方

では基本を踏まえた上で自分に合ったシリアルを選んでいきましょう。上述したようにシリアルの種類によってメリット・デメリットなどの特徴があります。各シリアルの特徴を説明しつつどのシリアルが適しているか選んでみましょう。表はあくまで目安なので選ぶ商品によってはこの表の限りではありません、参考程度にチェックしてみてください。

コーンフレーク

トウモロコシを原料としたシリアルの中で1番メジャーとなっているシリアルが『コーンフレーク』です。基本的に味付けがされており食べやすいように加工されているのが特徴です。牛乳をかけるだけで美味しく食べることができる手軽さも魅力となっているシリアルです。中にはプレーンタイプの味付けがされていないシリアルもあるので選ぶ商品には注意してください。

味の種類も豊富なので美味しく手軽に食べたい人にはおすすめのシリアルではありますが、トウモロコシを原料としている点と味付けがされている点でカロリーや糖質が比較的高めとなっています。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>コーンフレークについて詳しくはコチラ

ミューズリー

栄養価の高いオートミールをベースにドライフルーツやナッツ類を混ぜ合わせた近年人気となっているシリアルです。オートミールの食べにくさをドライフルーツなどでカバーしているので食べやすくなっているのが特徴です。

カロリーがシリアルの中でも比較的低めになっており糖質も低いのでダイエットに向いているシリアルといえます。味付けがしっかりとされていない分アレンジも比較的しやすくなっているので、シリアルの中でもバランスがいい種類といってもいいでしょう。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>ミューズリーについて詳しくはコチラ

グラノーラ

シリアルの中でも美味しいと特に人気となっているのが『グラノーラ』です。オートミールや麦、玄米などの穀物加工品を植物油や砂糖、ハチミツなどの甘味料を加えてオーブンで焼き上げたシリアルです。味付けがしっかりとされているので美味しいシリアルとして愛用者が多いです。

美味しく食べられるのがメリットではありますが、味付けがしっかりされている分カロリーや糖質が高く、焼き上げている分原料の栄養素が壊されているので食物繊維が低めとなっています。なのでダイエットには不向きなシリアルです。しっかりした味付けによってアレンジの幅はある程度限られますが、グラノーラ自体を活かしたお菓子などは美味しく人気となってるアレンジ方法です。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>グラノーラについて詳しくはコチラ

クランチ

ザクザクした食感を最も楽しめるシリアルとして人気なのが『クランチ』です。シリアルやナッツ類などをある程度の大きさに固めたり、フルーツなど水分を含んだものを入れないことによってザクザクした食感を作り出しています。

基本的に味付けもされており食感については申し分ないですが、やはり糖質が高いシリアルとなっているのでダイエットにはあまり向いていないシリアルでもあります。しかしシリアルによっては食物繊維を豊富に含んでいるものもあるので、便秘対策には向いています。

食感に重点を置いたシリアルで原料や味付けなどは様々な為、カロリーや食物繊維などはこの限りではありません。クランチタイプのシリアルを選ぶ際は、原材料や成分表を必ずチェックするようにしてください。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>クランチについて詳しくはコチラ

シリアルパフ

軽いサクサクした食感を楽しめるシリアルが『シリアルパフ』です。お菓子として食べられる場合も多く、味付けがされているので非常に美味しいシリアルとして人気があります。しかし味付けがされている分糖質が高めになっています。そういう意味でダイエットには向いていないシリアルということになります。

カロリーとしては原料にもよりますが低いわけではなく食物繊維の含有量も低めになっているので健康の為に食べるシリアルではありません。あくまで味やサクサクした食感を楽しむ為のシリアルとなっているので、ダイエット目的などで食べるのはやめたほうがいいかもしれません。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>シリアルパフについて詳しくはコチラ

オートミール

健康やダイエットで用いられるシリアルとして非常に有名なのが『オートミール』です。栄養価が非常に高く食物繊維が豊富なシリアルとして健康志向の人から絶大な人気を得ています。

オートミールは加工方法によって様々な種類があり特徴も違ったものになりますが、基本的には味付けがされてないので比較的食べにくいシリアルです。苦手という人も多いですが、味付けがされていない分アレンジの幅が広いシリアルでもあります。味付けや調理を楽しめるというメリットも人気の理由となっています。

中には「クイックオーツ」や「インスタントオーツ」という味付けがされているオートミールもありますが味付けがされている分糖質が高いので、ダイエット目的の人は味がついていない「オートブラン」「ロールドオーツ」「スティールカットオーツ」を選ぶようにしましょう。

食感 カロリー 栄養 アレンジ

>>オートミールについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ひと工夫!牛乳をかける以外のシリアルの食べ方
ちょっと工夫!
シリアルの食べ方
効果的にシリアルダイエットを行う正しい方法
シリアルダイエット
正しい方法
シリアルのレシピ
美味しい
シリアルのレシピ
味で選ぶ!美味しいシリアルまとめ
味で選ぶ
美味しいシリアル
自分に合ったシリアルの上手な選び方
自分に合った
シリアルの選び方