茶葉の種類から入れ方まで
ピントルの中国茶専門ページ

よく読まれるページはコチラ
烏龍茶のおすすめランキング
ウーロン茶
ランキング
プーアル茶のおすすめランキング
プーアル茶
ランキング
ジャスミン茶のおすすめランキング
ジャスミン茶
ランキング
プレゼントにおすすめの工芸茶
工芸茶
おすすめ
美味しい中国茶の入れ方
中国茶
入れ方
スポンサーリンク

妊婦が注意すべきジャスミン茶のカフェインと摂取量

妊娠中のジャスミン茶について

実はしっかりとカフェインが含まれているジャスミン茶。香りこそジャスミンなものの、茶葉自体は一般的には緑茶を中心に烏龍茶を使用している場合などがあるので、当たり前にカフェインが含まれています。そんな時に心配してしまうのは妊婦でしょう。

飲んではいけないのか、どれくらいなら飲んでも大丈夫なのか、ここでは妊婦が注意すべきジャスミン茶のカフェインと摂取量を紹介します。

スポンサーリンク

妊婦が1日に摂取できるカフェイン量は?

妊婦が1日摂取して良いとされる量は、イギリスでは200mgまで、アメリカ・カナダでは300mgまでとされていますが、日本では200mg弱と一般的には目安として考えられています。実際に医師にもよりますがコーヒー3杯程度を案内する人も多く、カフェイン量としては180mg程度ということになります。

少量のカフェインなら覚醒作用や集中力向上、リラックス効果があるカフェインですが、過剰に摂り過ぎてしまうと早産・流産・低体重児が生まれるリスクを高めることになりますし、尿によるカルシウムの排泄を増加させる作用もあります。

しかしこれはあくまで過剰摂取した場合であって、摂取量に注意すればカフェインを摂っても特に問題はありません。カフェインが含まれている飲み物を飲む時は必ずカフェイン量をチェックするようにしてください。

ジャスミン茶のカフェイン含有量比較

妊婦が1日に摂取できるカフェイン量は?

ジャスミン茶が他の飲料を比べてどの程度カフェインが含まれているか、わかりやすく比較表を用意してみました。

ジャスミン茶は一般的に緑茶の茶葉にジャスミンの香りを吸着させているので、カフェイン含有量は緑茶と同じ量になります。しかしジャスミン茶は高級なものだと烏龍茶や白茶を使用する場合があります。

烏龍茶の場合はカフェイン含有量がそこまで多いわけではないのですが、白茶は銘柄によってはカフェイン含有量が高い場合もあります。もしジャスミン茶を飲むとなったら何の茶葉を使っているのか必ず確認してください

飲料 カフェイン含有量/100ml
ジャスミン茶(緑茶) 約20mg
ジャスミン茶(烏龍茶) 約20mg
烏龍茶 約20mg
紅茶 約20mg
麦茶 0mg
レッドブル 約32mg
インスタントコーヒー 約55mg

ジャスミン茶は1日に何杯まで飲める?

日本で一般的となっているコーヒー3杯を目安にするなら、ジャスミン茶を1日に飲んでいいのはおよそ6、7杯です。しかし個人差がありますし目安ぎりぎりではなく5杯前後を目安に飲むようにしてください

そして繰り返しますが、ジャスミン茶は一般的には緑茶ですが違う茶葉を使っている場合もあります。緑茶以外の茶葉を使用している場合はくれぐれも摂取量に注意してください。

>>中国茶の種類について

スポンサーリンク

妊娠中にジャスミン茶を飲むときのポイント

妊娠中にジャスミン茶を飲むときのポイント

カフェイン以外にも妊婦が気を付ける必要があるのはタンニンという成分です。どのお茶にも含まれているタンニンは体内の鉄と結びつくことによって「タンニン鉄」となり、女性にとって大切な鉄分の吸収を阻害する作用があります。

ジャスミン茶を飲む時は食事中に一緒に飲むのは避けるようにしてください。

タンニンはそれだけでなく妊婦にとって重要な栄養素である葉酸の働きを阻害する作用もあります。葉酸が不足してしまうと先天異常の赤ちゃんが生まれるリスクが高くなると言われています。葉酸はサプリメントで摂取している妊婦もいるくらい重要な栄養素なので、飲み過ぎないように注意が必要です。

ジャスミン茶はマタニティーブルーの解消に効果的

ベンゼルアセテートという匂い成分が右脳の自律神経の緊張を緩和し、ストレスの緩和をしてくれます。それだけでなくホルモンバランスを改善してくれるので、生理痛など女性特有の悩みを解消してくれることによって、マタニティーブルーを解消してくれます。

授乳中はジャスミン茶の摂取を控える

生んだ後も母乳を赤ちゃんにあげる場合はジャスミン茶の摂取は注意が必要です。カフェインが摂取すると母乳にカフェインが含まれてしまい、赤ちゃんにカフェインを与えることになります。

赤ちゃんはカフェインを分解する力が未熟なので蓄積してしまい、不眠やイライラなどの症状が出てしまいます。まったく摂取してはいけないわけではありませんが、授乳中もカフェインの摂取は控えるようにしたほうが無難です。

妊娠中でも安心して飲めるジャスミン茶

妊娠中や授乳中の人でも安心して飲むことができるジャスミン茶を以下で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ティーブティック やさしいデカフェ ジャスミン茶

現在の価格はコチラ

なんとカフェインが0.00gのデカフェジャスミン茶が「ティーブティック やさしいデカフェ ジャスミン茶」です。デカフェとはカフェインレスとは似て非なるもので、カフェインが少量含まれているものがカフェインレスですが、デカフェは元々カフェインが入っているものからカフェインを除去したものを指します。

やさしいデカフェ ジャスミン茶はカフェインが0.00gなのでカフェインの心配をすることなく安心してたくさん飲むことができます。ジャスミンの香りも強く、いつものジャスミン茶を変わらない味わいを楽しむことができます。

価格も非常にリーズナブルなので、妊娠中の人はもちろん、カフェインが苦手な人や寝る前にゆったり飲みたい人は必見のジャスミン茶です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
烏龍茶のおすすめランキング
ウーロン茶
ランキング
プーアル茶のおすすめランキング
プーアル茶
ランキング
ジャスミン茶のおすすめランキング
ジャスミン茶
ランキング
プレゼントにおすすめの工芸茶
工芸茶
おすすめ
美味しい中国茶の入れ方
中国茶
入れ方