好みのジャムが見つかる!
ピントルのジャム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方

おすすめのブルーベリージャムと美味しい食べ方

おすすめのブルーベリージャムと食べ方

様々な種類のジャムがある中でも、いちごジャムと並んで定番となっているのがブルーベリージャムです。生のブルーベリーは食べたことが無いけれど、ブルーベリージャムなら食べたことがあるという方もいるでしょう。

ブルーベリージャムは甘みの中にほのかな酸味が感じられる濃厚な味わいでありながら、くせがないため世代を問わず食べやすいジャムです。鮮やかな紫色も美しいため、見栄えを気にしたお菓子などにも使われています。

今回は、おすすめのブルーベリージャムと美味しい食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

ブルーベリージャムの特徴

ブルーベリージャムの特徴

ブルーベリージャムはブルーベリーの甘みとほのかな酸味が感じられる、濃厚な味わいが特徴です。甘みが豊かですがほのかな酸味のおかげで後味もすっきりとしており、しつこい甘みが苦手な方でも食べやすいジャムとなっています。

ブルーベリーの果実は小さな球形をしており、ジャム作りの際はそのまま使用されることが多いとされています。そのためジャムは粒の形を残した状態のものが多く、やや弾力のあるブルーベリーの粒々とした食感を楽しむことができます。

甘酸っぱい爽やかな香りも魅力で、強すぎない優しい香りは様々な食品と合わせやすくなっています。一方で色は特徴的な濃い紫色をしており、ヨーグルトのような白い色の食品に混ぜると、全体を淡い紫色へと染め上げてくれます。食卓に色味が足りないときなどには、色づけとして使用してもいいでしょう。

ブルーベリージャムは味わいは豊かな甘みとほのかな酸味があり濃厚ですが、くせのない香りや後味で食べやすいジャムです。酸味が少なくすっきりとした後味のジャムを好む方や、色の綺麗なジャムを探している方におすすめです。

家庭でも、ブルーベリージャムは簡単に作ることができます。生のブルーベリーが手に入りにくい時期でも、冷凍のブルーベリーを使ってジャムが作れるので、自分好みの甘さや煮詰め方にこだわったブルーベリージャムを作ってみてはいかがでしょう。

>>ジャムの種類と特徴について詳しくはコチラ

ブルーベリージャムの美容効果について

ブルーベリーと言えば、目によいと言われている成分の「アントシアニン」を含むことで有名な果物です。アントシアニンの他にも様々な成分が含まれているので、ここではブルーベリーに含まれる美容への効果が期待できる成分の代表的なものをご紹介します。

  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • アントシアニン
  • 食物繊維

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つとされており、生活習慣病や老化と関係のある活性酸素の働きを抑える効果があると言われています。抗酸化作用はシミやそばかすといった肌の悩みの解消にも効果が期待できるので、シミのない若々しい肌を目指すためにはバランスよく摂取しておきたい成分です。

亜鉛はミネラルの1種で、味覚を正常に保つ働きや、皮膚や粘膜の健康維持と関わりのある成分です。体の中でも細胞の生まれ変わりが活発な場所で必要とされる成分で、肌の生まれ変わりにも亜鉛が必要とされています。

古い肌が新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーが正常に行われないと、くすみや肌荒れといった肌トラブルの原因にもなる可能性があります。亜鉛は現代人には不足しがちなミネラルですので、透明感のある美肌を保つためにブルーベリーを食事に取り入れるのは効果的と考えられています。

目によいことで広く知られているアントシアニンはポリフェノールの1種です。ポリフェノールには抗酸化作用があることから、シミやシワの原因とも言われている活性酸素の働きを抑え、若々しい肌へと導くアンチエイジング効果が期待できます。

ブルーベリーには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は日ごろの食生活では不足しがちな成分の1つで、腸内環境を整える効果があると言われています。腸内環境を整えることは便秘の改善に効果的とされているので、便秘によるストレスや肌荒れの解消にも繋がるとされています。

こういった成分が含まれていることから、ブルーベリーは目によいだけでなく美容への効果も期待できます。シミやシワといった肌のトラブルを防ぎ、若々しく透明感のある美肌を目指したい方にはブルーベリージャムがおすすめです。

>>おすすめの砂糖不使用ジャムランキングはコチラ

ブルーベリージャムのおすすめの食べ方

ブルーベリージャムのおすすめの食べ方

ブルーベリージャムはパンやヨーグルトにかけるだけでも美味しくいただけますが、他の食べ物との相性もよいですし料理の隠し味としても使用できます。いつもの食べ方に飽きてしまった方は、他の食べ方も試してみてはいかがでしょう。

スイーツにかけるのもジャムの食べ方の定番ですが、アイスクリームの場合はそのままかける以外にも、温めたジャムをかけるという食べ方もできます。温かいジャムと冷たいアイスクリームの温度差が楽しいですし、温めたリキュールとブルーベリージャムを合わせてかけると大人の味わいのアイスクリームが楽しめます。

クリームチーズはブルーベリージャムと相性がよいので、サンドイッチの具として使うとスイーツ感覚で食べられるサンドイッチが出来上がります。食事としてしっかり食べられるサンドイッチにしたい場合には、ブルーベリージャムをマスタードと和え、クリームチーズとチキンやレタスを挟むのもおすすめです。

少し残ってしまったブルーベリージャムは、カレーの隠し味としても使用できます。ブルーベリージャムの甘酸っぱい味わいが、カレーにコクを与えてくれるでしょう。赤ワインなどで肉を煮込む際に少量のブルーベリージャムを入れても、フルーティーな風味が加わり豊かな味わいへと仕上げてくれます。

ブルーベリージャムはくせが少なく甘みの中にほのかな酸味のある濃厚な味わいのため、様々な食品との相性もよく料理にも使いやすいジャムとなっています。フルーティーな味わいの料理を好み、家庭でもジャムを料理に使うことの多い方にはブルーベリージャムがおすすめです。

>>ジャムの食べ方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

人気のブルーベリージャムおすすめランキング:TOP5

人気のブルーベリージャムおすすめランキング:TOP5

それでは人気のブルーベリージャムおすすめランキングをご紹介します。

ブルーベリージャムは定番のジャムということもあり、様々なメーカーから発売されています。製品によって甘さも異なりますので、糖度をチェックして自分好みの甘さのジャムを選ぶようにしてください。

第1位:明治屋 / マイジャムクラシックブルーベリージャム

現在の価格はコチラ

明治44年創業という長い歴史をもつ明治屋が、伝統的なジャムとしてシリーズ展開している、マイジャムクラシックのブルーベリージャムです。果実の美味しさが感じられる、深みのある濃厚な味わいへと仕上げられています。

糖度は約60度の中糖度に分類されるジャムです。深みのある甘さの中にブルーベリーのもつほのかな酸味が加わった、濃厚で甘酸っぱい味わいとなっています。大小様々な大きさのブルーベリーが含まれ、粒々とした果肉の食感を楽しむことができます。

日本で現在主流の低糖度のジャムよりも糖度が高めですので、昔ながらの濃厚なジャムを好む方におすすめです。しっかりとした甘みと濃厚なブルーベリーの味わいが、昔ながらのジャムを好む方々から高い評価を得ている人気商品ということで、堂々の第1位に輝きました。

>>明治屋の口コミや評判について詳しくはコチラ

第2位:サン・ダルフォー / フルーツスプレッド ブルーベリー

現在の価格はコチラ

フランスのサン・ダルフォー社が手がける、砂糖不使用のブルーベリージャムです。定義上のジャムは砂糖類を使った製品となるため、砂糖を使っていないこちらは分類上フルーツスプレッドとなっています。

砂糖を使わずに果物由来の原料のみを使い、味と香りを取り除いた特殊な濃縮ぶどう果汁で甘みをプラスしています。糖度は52度と砂糖不使用のジャムとしては高めで、低糖度のジャムと同程度となっているので、砂糖不使用でも甘みがあり食べやすいジャムを探している方におすすめです。

ブルーベリーの上品な香りと甘酸っぱさを引き出し、果物のもつ自然な甘みのため後味もすっきりとした仕上がりとなっています。ブルーベリーの粒もそのまま入った果肉感も楽しめると好評なことから、第2位にランクインしました。

第3位:サンクゼール / オールフルーツジャム ブルーベリー

現在の価格はコチラ

長野県に本社を構える、サンクゼールの砂糖不使用のブルーベリージャムです。ぶどう果汁を加えて甘みをプラスしており、糖度は約39度と低めになっておりさっぱりとした味わいが楽しめます。

ワイルド種とカルチベイト種のブルーベリーをブレンドし、ブルーベリーの風味が濃く色も美しいジャムへと仕上げられています。ブルーベリー本来のほどよい酸味のある甘酸っぱさが、アイスクリームやヨーグルトによく合うジャムです。

適度な酸味のあるブルーベリージャムを好む方におすすめです。酸味と甘みのバランスがよいさっぱりとした味わいだけでなく、粒々としたブルーベリーの食感もよいと評価されているため、第3位となりました。

第4位:沢屋 / ブルーベリージャム

現在の価格はコチラ

旬の国産果実を使ったジャム作りを行う沢屋のブルーベリージャムです。添加物は使わずに、長野県産のブルーベリーと国産のグラニュー糖のみを使用した無添加のジャムとなっています。

摘みたてのブルーベリーの美味しさをそのまま閉じ込めたような、果汁分がたっぷりと含まれたジューシーな仕上がりです。糖度は40度を目安に作られており、甘さ控えめの爽やかなブルーベリー風味が楽しめます。

沢屋のジャムは軽井沢の自社工場で作られており、ブルーベリーと砂糖も国産のものを使っているため、国産の安心感を求める方におすすめです。果汁感あふれるさっぱりとした味わいが好評なのですが、果肉の食感があまり感じられず物足りないという意見もみられたことから、第4位となりました。

第5位:信州ワタナベ / 信州産旬ジャム ブルーベリー

現在の価格はコチラ

長野県産にこだわった商品展開を行っている、信州ワタナベのブルーベリージャムです。長野県産のブルーベリーを砂糖と少量のレモン果汁と煮込んだ、さらりとした滑らかなジャムとなっています。

完熟したブルーベリーの果実は形を残したものが多く、粒々とした食感を楽しむことができます。信州ワタナベの旬ジャムは糖度が平均40度となっており、こちらのブルーベリージャムも甘さは控えめでブルーベリーの爽やかな甘酸っぱさを楽しめる仕上がりです。

ジャムそのものがさらりとしているため、パンに塗るというよりも果肉をのせて食べるという食べ方に近くなります。果肉感の強いブルーベリージャムを求める方におすすめです。甘さ控えめの自然なブルーベリーの味わいと強い果肉感が好評ですが、価格がやや高いという意見もみられたため、第5位に落ち着きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方