好みのジャムが見つかる!
ピントルのジャム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方

おすすめのにんじんジャムと美味しい食べ方

おすすめのにんじんジャムと食べ方

ジャムは果物から作られるものが多いですが、最近では野菜を原料とするジャムも種類が増えてきています。そんな野菜のジャムの中でも昔からの定番となっているのが、にんじんジャムです。

にんじんジャムは優しい甘みのある味わいと、鮮やかなオレンジ色が綺麗なジャムです。にんじん特有の青臭さが無いため野菜嫌いの方や小さなお子さんも食べやすく、料理やお菓子の材料としても使用できます。

今回は、おすすめのにんじんジャムと美味しい食べ方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

にんじんジャムの特徴

にんじんジャムの特徴

野菜として食べても甘みのあるにんじんは、砂糖と一緒に煮詰めてジャムにすることでまろやかな甘みのある味わいとなります。酸味はほとんど感じられないジャムが多いですが、レモン汁を加えてやわらかな酸味を与えることで、味にアクセントを与えているにんじんジャムも作られています。

にんじんの特徴とも言える鮮やかなオレンジ色はジャムにもいかされており、健康的なビタミンカラーは食卓に元気な印象を与えてくれます。食感は滑らかなペースト状や、荒く潰したものなどがあり、料理に入ったにんじんは噛むのが大変という方でも食べやすいことも特徴です。

独特の青臭さから、にんじんは苦手という方も多い野菜です。にんじんジャムは、レモン汁やりんごを加えることで青臭さを消しているので、にんじんが嫌いな方でも食べやすい、優しい甘みのあるジャムとなっています。

野菜嫌いの小さなお子さんのいるご家庭など、食事のバランスを考えにんじんを工夫して食事に取り入れたい方には、にんじんジャムがおすすめです。

にんじんジャムは家庭でも簡単に作ることができます。にんじん特有の青臭さはりんごやレモン汁を加えることで、あまり感じられなくなるとされています。りんごを加えると果物の甘みも加わりより食べやすくなるので、初めて作るときにはにんじんと一緒にりんごも加えるといいでしょう。

>>ジャムの種類と特徴について詳しくはコチラ

にんじんジャムの美容効果について

代表的な緑黄色野菜であるにんじんには、βカロテンが多く含まれています。βカロテンの他にも食物繊維ミネラルも含まれており、にんじんは健康や美容への様々な効果が期待できると言われています。主な効果を以下にまとめてご紹介します。

  • 肌のかさつき、肌荒れの改善
  • シミ、そばかすの予防
  • 便秘の改善

にんじんに含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは皮膚と粘膜の健康維持や、暗い場所でも目が慣れて見えるようになる視覚の暗順応といった働きと関わりがあり、肌のかさつきや肌荒れを改善し肌を健康な状態へ導く効果が期待できます。

βカロテンには有害な活性酸素から体を守る、抗酸化作用があると言われています。活性酸素はシミやそばかすの原因の1つとなっており、にんじんのもつ抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑制することは、シミやそばかすの予防へと繋がるとされています。

ジャムを柔らかく固めてくれる成分のペクチンは食物繊維の1種で、にんじんにも含まれています。ペクチンには腸内環境を整える効果があると言われており、便秘を改善し腸内にたまった老廃物をきちんと排出する効果が期待できます。

このようににんじんには美肌に導き、便秘を改善する効果の期待できる成分含まれています。シミやそばかすを防ぎ、健やかな美肌を目指したい方にはにんじんジャムがおすすめです。

>>おすすめの砂糖不使用ジャムランキングはコチラ

にんじんジャムのおすすめの食べ方

にんじんジャムのおすすめの食べ方

優しい甘みと鮮やかなオレンジ色が特徴的なにんじんジャムは、野菜のジャムということで食べ方に悩まれる方もいるかと思います。トーストやヨーグルトとの相性もよいですが、他にも様々な食べ方ができるのでおすすめの食べ方をご紹介していきます。

にんじんジャムはお菓子作りにも向いており、パウンドケーキなどのケーキ作りによく使用されます。生地におからを使用したおからケーキににんじんジャムを混ぜれば、子どものおやつにぴったりのヘルシーで体に優しいケーキに仕上げることもできます。

料理の隠し味としてもにんじんジャムは使用でき、カレーやシチューに隠し味として少量加えるとまろやかな味わいへと導いてくれます。トマトベースの煮込み料理との相性もよく、にんじんジャムがやわらかな甘みとコクを与え長時間煮込んだような深みのある煮込み料理が楽しめます。

肉料理のソースに混ぜるのもよいですが、鮮やかな色をいかしてトッピングとして使用すると見た目に華やかさを与えてくれます。色をいかした他の食べ方では、オリーブオイルににんじんジャムとお酢やレモン汁を加えると、爽やかな甘みのある色鮮やかな自家製ドレッシングを簡単に作ることができます。

にんじんジャムは野菜特有の青臭さがなく優しい甘みのある味わいのため、お菓子作りや料理にも使用しやすいジャムです。

>>ジャムの食べ方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

人気のにんじんジャムおすすめランキング:TOP5

人気のにんじんジャムおすすめランキング:TOP5

それでは、人気のにんじんジャムおすすめランキングをご紹介していきます。

にんじんジャムを選ぶ際はにんじん以外の材料にも注目し、できるだけ食べやすいにんじんジャムを選びたい方は、りんご入りのジャムを選ぶといいでしょう。

>>おすすめの変わり種ジャムまとめはコチラ

第1位:ふらのジャム園 / キャロットハニー

現在の価格はコチラ

秋に収穫されたばかりの新鮮なにんじんを使用して作られた、にんじんジャムです。砂糖を使わずにはちみつを加えることで甘みを与えており、にんじんの自然な甘みとはちみつのまろやかな風味を楽しむことができます。

りんごとレモンの果汁を使いにんじん独特の青臭さを消し、フルーティーな味わいへと仕上げられています。自然な甘さで臭みのない食べやすいジャムですので、にんじんジャムを初めて食べる方におすすめです。

添加物は使用されていないので小さなお子さんにも安心して食べさせることができ、砂糖不使用の優しい味わいが高く評価されている人気商品ということで、堂々の第1位に輝きました。

第2位:メルカートピッコロ / オレンジ色の野菜ジャム

現在の価格はコチラ

製品名の通り、オレンジ色が鮮やかなにんじんジャムです。国産の材料にこだわり、兵庫県の五島農園産のにんじんを、北海道産のグラニュー糖と愛媛県産のレモン果汁と一緒に煮詰めて作られています。

にんじんの甘みの中にレモンのほのかな酸味が感じられる、爽やかな味わいとなっています。レモン果汁を入れることでにんじんの臭みも消されているので、食べやすいジャムへと仕上げられています。

甘みだけでなく酸味も感じられるジャムを好む方におすすめです。レモンのやわらかな酸味が全体の味をひきしめてくれているため、しっかりとした味わいが楽しめると好評のにんじんジャムということで、第2位にランクインいたしました。

第3位:フジミヤ / 雪下にんじんジャム

現在の価格はコチラ

豪雪地帯の新潟県魚沼津南で生産されている、「雪下にんじん」を使用したにんじんジャムです。雪下にんじんは本来なら秋に収穫され出荷されるにんじんを、冬の間雪の下で寝かせ熟成させたにんじんとなっています。

青臭さやえぐみの少ない雪下にんじんを使うことで、にんじん本来の甘みを凝縮した味わいのジャムへと仕上げられています。にんじんの豊かな甘みを楽しめる、食べやすいジャムを探している方におすすめです。

雪下にんじんは生のままでも臭みがなく食べやすいにんじんのため、こちらのにんじんジャムも食べやすいと評判です。自然な味わいでありながら豊かな甘みがあり、世代を問わず食べやすいにんじんジャムということで、第3位となりました。

第4位:つむぎ野 / にんじんりんごジャム

現在の価格はコチラ

茨城県産のにんじんと、岩手県産のりんごを使用したジャムです。銅釜で時間をかけて丁寧に煮詰め、添加物は使わずににんじんとりんごの本来の旨みを引き出した、優しい味わいを楽しむことができます。

にんじんの存在感が強めの仕上がりですが、りんごの爽やかな風味が加わることで食べやすく、トーストやヨーグルトと相性がよいと好評です。つぶつぶとした食感が残っているので、食感の楽しいにんじんジャムを好む方におすすめですが、舌触りが好みではないという意見もみられたため、第4位となりました。

第5位:ジンジベル / にんじんジャム

現在の価格はコチラ

熊本県の農家の方が自家生産のにんじんを使用して作った、にんじんジャムです。保存料と着色料は使わずに、収穫直後のにんじんのフレッシュな美味しさと、自然な色をいかしたジャムとなっています。

原料には体を冷やさないてんさい糖や、安全性を考慮した国産のレモンを使うなど、健康や食の安全にも配慮して作られています。安心して食べることができ、パッケージも可愛らしいので、贈り物にも使えるにんじんジャムを探している方におすすめです。

水を一切使用していないため、にんじんの旨みが濃く感じられると評価されています。体のことを考えた安心して食べられるにんじんジャムですが、価格がやや高めとなっているので、第5位に落ち着きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方