好みのジャムが見つかる!
ピントルのジャム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方

おすすめのルバーブジャムと美味しい食べ方

おすすめのルバーブジャムと食べ方

果物を原料に作られることの多いジャムですが、野菜からもジャムを作ることができます。野菜はジャムにすることで味わいがまろやかになり青臭さも薄れるため、野菜嫌いの人でも食べやすくなります。

青臭さと酸味が強く、そのまま食べるのに向かないルバーブは、ジャムに使われる代表的な野菜です。ルバーブジャムのすっきりとした甘酸っぱさは、男性にも食べやすい味わいとなっています。

今回は、おすすめのルバーブジャムと美味しい食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

ルバーブジャムの特徴

ルバーブジャムの特徴

ルバーブは酸味の強い味わいのため、そのままでは食べにくい野菜です。しかし砂糖と一緒に煮込んでジャムにすることで、酸味がやわらぎ爽やかな甘酸っぱい味わいとなります。すっきりとした酸味のおかげで甘いものが苦手な方でも食べやすく、男性からの人気も高いジャムとなっています。

果物のジャムの場合は果実を使って作られますが、ルバーブは葉柄と呼ばれるフキのような見た目の部分が使われます。葉柄は煮込むことでとろりと柔らかな食感となるため、噛む力の弱い方でも食べやすいなめらかな仕上がりもルバーブジャムの特徴です。

生のルバーブは独特の香りが青臭く感じられ、苦手とする方も多くみられます。ルバーブジャムは家庭で作ると煮詰めている間は香りが強く感じられるかもしれませんが、時間が経つと香りが薄れ出来上がったジャムからは甘酸っぱい爽やかな香りが広がります。

ルバーブには赤いルバーブ緑のルバーブがあり、原料となるルバーブの色によってジャムの色も異なります。赤いルバーブを使ったジャムは鮮やかな濃い赤い色が美しく、緑のルバーブでは落ち着いた緑色のジャムに仕上がり、2種が混ざると茶色のような色合いとなります。

ルバーブジャムはすっきりとした爽やかさが特徴的な、甘酸っぱい味わいのジャムとなっています。後味がさっぱりとした甘酸っぱいジャムを好む方や、甘いものが苦手な男性の方には、ルバーブジャムはおすすめです。

日本でも長野県や北海道など各地でルバーブは栽培されています。ルバーブジャムは簡単に作ることができるので、ルバーブが手に入ったときには家庭でジャムにしてみてはいかがでしょう。砂糖の量を調節したり、いちごやりんごなど他の果物と一緒に煮てジャムにするのも相性がよいのでおすすめです。

>>ジャムの種類と特徴について詳しくはコチラ

ルバーブジャムの美容効果について

ルバーブの属するダイオウ属には、古くから生薬の大黄として下剤などに活用されてきた種が存在します。そのため、ルバーブも便秘の改善に効果的な植物として知られていますが、他にも美容への効果が期待できる成分が含まれているのでご紹介していきましょう。

  • ビタミンC
  • ミネラル:カルシウム、マグネシウム、カリウムなど
  • 食物繊維:ペクチン

ビタミンCは美容のために欠かせない成分として知られており、コラーゲンの合成皮膚や粘膜の維持といった働きと深く関わりがあるとされています。抗酸化作用も持つことから肌のシミを防ぐ働きもあると言われており、健康でハリのある美肌へと導く効果が期待できます。

ルバーブにはカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが含まれています。カルシウムとマグネシウムは歯や骨を作るのに必要な成分です。カリウムは体内でナトリウムとのバランスをとりながら存在しており、過剰に摂取されたナトリウムを尿とともに排泄されるよう促してくれます。

美容への効果としてはカリウムが注目されており、ナトリウムの過剰摂取によって引き起こされるむくみの解消にカリウムが効果的と言われています。ナトリウムは日ごろの食生活では摂りすぎが懸念されている成分なので、カリウムを摂取し体内のナトリウムとカリウムのバランスを整えることが重要です。

ジャムをやわらかなゼリー状へと固める成分のペクチンは食物繊維の1種で、ルバーブにも含まれています。ペクチンは腸内環境を整える効果があるとされており、便秘を改善へと導く働きがあると言われています。

また、ルバーブには生薬の大黄にも含まれている、下剤としての働きを持つ成分も含まれています。ペクチンとルバーブのもつ下剤としての成分の働きによって便秘を解消し、体の不調や肌トラブルの原因にもなる腸内の老廃物を排出する効果が期待できます。

このような成分が含まれていることから、ルバーブジャムは体のむくみや便秘を解消しシミのない健康的な美肌を目指したい方におすすめです。

>>おすすめの砂糖不使用ジャムランキングはコチラ

ルバーブジャムのおすすめの食べ方

ルバーブジャムのおすすめの食べ方

ルバーブジャムの甘酸っぱい味わいはヨーグルトとの相性がよいため、ヨーグルトに混ぜて食べるのが定番です。ヨーグルトには整腸作用があるため、便秘の改善を目的とする場合にはルバーブジャムとヨーグルトを一緒に食べるのは効果的とも言われています。

パンやスコーンにつけるといったジャムの定番の食べ方でも、美味しくいただけます。ルバーブジャムの爽快感のある甘酸っぱさは気分をすっきりとさせてくれるので、朝食のパンや気分転換をしたいときのおやつにもいいでしょう。

ジャムに加工する前の野菜のルバーブは、パイなどのお菓子作りにも使われています。ルバーブジャムもお菓子作りとの相性がよいため、パイの具にしたりケーキのトッピングにも向いています。見た目にもこだわりたい時には、赤いルバーブジャムを使うと彩りを与えてくれるのでおすすめです。

ルバーブジャムは爽やかな甘酸っぱさが特徴的な味わいなので、肉料理のソースとしても使用できます。少量のお湯やワインと、好みのスパイスとともにルバーブジャムを温めると、さっぱりとした甘酸っぱいソースが出来上がります。

野菜のジャムということで食べ方に悩まれる方もいらっしゃるでしょうが、甘酸っぱい味わいですので果物のジャムと同じように様々な使い方ができます。食べ物にしつこくない爽やかな甘酸っぱさを与えたい方には、ルバーブジャムがおすすめです。

>>ジャムの食べ方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

おすすめのルバーブジャム:TOP5

おすすめのルバーブジャム:TOP5

それでは、おすすめのルバーブジャムをご紹介していきます。

ルバーブジャムは先述した通り、赤色と緑色と2種が混ざった茶色のような色合いのジャムがあります。料理の見栄えも気になるときには、色にも注目してジャムを選んでください

第1位:桜山果房 / 赤いルバーブ

     
現在の価格はコチラ

長野県産のルバーブを使用したルバーブジャムです。製品名の赤いルバーブから分かるとおり、原料のルバーブは赤色のものを使用しているため、鮮やかな赤い色が美しい仕上がりとなっています。

添加物や保存料は使用せずに、ルバーブと国産のビートグラニュー糖のみを使用した無添加のジャムです。糖度は低糖度とされており、料理やお菓子作りにも使用しやすい、自然な甘酸っぱい味わいが楽しめます。

無添加の赤いルバーブジャムを探している方におすすめです。低糖度の優しい甘みとすっきりとしたルバーブの風味がよく、無添加のジャムという安心感もあることから高い評価を得ているため、堂々の第1位に輝きました。

第2位:沢屋 / ルバーブジャム

現在の価格はコチラ

長野県の軽井沢産のルバーブを使用して作られたルバーブジャムです。添加物は使用せずに軽井沢産のルバーブと国産のグラニュー糖のみを使い、軽井沢の自社工場で衛生管理にも気を配りながら丁寧に作られています。

沢屋のジャムの糖度は低糖度に分類される約40度となっており、甘さ控えめの酸味がきちんと引き出された味わいです。ルバーブ本来の酸味をしっかりと感じたい方におすすめのルバーブジャムとなっています。

やや酸味が強めの甘酸っぱい味わいが、爽やかで心地よいと評判です。国産にこだわり衛生面や安全面にも気を使った、安心して食べられるルバーブジャムということもあり、第2位にランクインしました。

第3位:ふらのジャム園 / ルバーブ

現在の価格はコチラ

北海道の富良野近郊の契約農家で栽培されたルバーブを使用したルバーブジャムです。原料となるルバーブは赤色の品種を使用しているため、鮮やかな濃い赤い色が美しいジャムとなっています。

あんずのような甘酸っぱい香り爽やかな酸味のある味わいが楽しめます。野菜よりも果物に近い風味となっているため、フルーティーで食べやすいルバーブジャムを求める方におすすめです。

爽やかな甘酸っぱさと便秘改善などのルバーブの効果から、特に若い女性からの支持を得ている商品です。フルーティーな味わいはルバーブジャムを初めて食べる方でも食べやすいため、幅広くおすすめできるジャムということで第3位となりました。

第4位:信州黒姫高原ファミリーファーム / ルバーブジャム

現在の価格はコチラ

長野県の黒姫高原産のルバーブを使用したルバーブジャムです。黒姫高原のある信濃町では60年以上も前からルバーブ栽培が行われており、ルバーブは特産品となるほど地域に根付いた野菜です。

ルバーブに上白糖を加えて煮込むことでやや酸味のある甘酸っぱい味わいとなっており、さっぱりとした軽い仕上がりで食べやすいジャムです。クッキーやパイ、シャーベットの原料にも向いているとされているので、お菓子作りに使いやすいルバーブジャムを探している方におすすめです。

酸味のきいた甘酸っぱさが好評で、素朴な味わいに懐かしさを感じるという方もみえました。味わいは好評な意見が多いのですが、繊維質がやや多めに残っており食感の滑らかさが足りないという意見もみられたことから、第4位にさせていただきました。

第5位:ハッピネスデーリィ / 赤いルバーブのコンフィチュール

現在の価格はコチラ

製品名のコンフィチュールとはフランス語でジャムを意味しており、こちらの製品は赤いルバーブを使ったジャムとなっています。葉柄の赤いクリムソンルバーブという品種のルバーブに、砂糖とレモン果汁を加えて作られています。

ルバーブの赤い色が綺麗に引き出された、色合いの美しいジャムです。味わいはしっかりとした酸味があり、さっぱりとした甘酸っぱさはクリームチーズやアイスクリームとも相性がよい仕上がりとなっています。

赤い色が鮮やかなルバーブジャムを探している方におすすめです。酸味の感じられるさっぱりとした味わいが甘いものが苦手な方からも好評ですが、価格がやや高いため気軽にリピートするのは難しいという意見がみられたことを考慮し、第5位に落ち着きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方